エカ・パダ・パドモッタナサナ
ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

片脚伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ12】

前曲のアサナをご紹介します《片脚伸展ポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

片脚伸展ポーズ-エカ・パダ・パドモッタナサナ EKA PADA PADMOTTANASANA
एक पाद पद्मोत्तानासन

 
エカ・パダ・パドモッタナサナ
 

足を前に出して床に座る。
左足を曲げ、足先を右腿の下に入れる。
右膝を曲げ、足裏を床につけ、膝を立てて体に引き寄せておく。
両手指を組み合わせ、右足裏の下におく。
これがスタートポジション。
右足を上げて膝を伸ばす。右膝を鼻先につける。背筋を伸ばすこと。
ここで苦痛を感じない程度の時間をおく。最高5分まで。
足を左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

Breathing:スタートポジションで吸気。足を上げる時と下ろす時に呼吸を止める。最終ポジションでは呼吸を止めるか、時間が長ければ自然呼吸で。

Awareness:Physical- 足の筋肉を伸ばすことに、特にハムストリング。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

 

メル・プリシュタサナ

メル・プリシュタサナ【立位のアサナのヨガ7】

メル・プリシュタサナ

弓矢のポーズ

弓矢のポーズ【立位のアサナのヨガ2】

弓矢のポーズ-アーカルナ・ダヌラサナ-AKARNA DHANURASANA-आकर्ण धनुरासन このアサナは肩関節の、また頚部、肩甲骨に働きかけるエクササイズとなる。これらの深い内部の筋肉は普段の姿勢に大きくかかわっている。意識的に緊張させたりリラックスさせたりすることで気の流れをよくする。

背部伸展ポーズ

背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ2】

背部伸展ポーズやり方説明。このアサナはハムストリングをストレッチさせ、また股関節の柔軟性を養う。腹部のマッサージ効果があり、肝臓、脾臓、腎臓、副腎など内蔵を正常な状態に保つ。

トカゲのポーズ

トカゲのポーズ【反曲のヨガ・アサナ14】

トカゲのポーズやり方説明。横隔膜の強化に。肩こり、腰痛、背部痛などにいいエクササイズである。体幹を持ち上げながら吸気。体幹を下げながら呼気。動作と呼吸がシンクロナイズされていることに。

容易ポーズ

容易ポーズ【メディテーションのヨガ1】

瞑想のヨガ-容易ポーズやり方説明。もっとも簡単でらくに座っていられるポーズである。左右の体重の掛かり方など身体のバランスをとることに集中する。軽い浮遊感を感じるかもしれない。

立位頭部膝間ポーズ
ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

立位頭部膝間ポーズ【前曲のヨガ・アサナ11】

前曲のアサナをご紹介します《立位頭部膝間ポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

ウッティタ・ジャヌ・シルシャサナ UTTHITA JANU SIRSHASANA
उत्थित जानु शीर्षसन

《立位頭部膝間ポーズ》

 
立位頭部膝間ポーズ
 

両足を肩幅に開いて立つ。両腕は横におき、目線は正面。
これがスタートポジション。
両腕を前に伸ばし、肩の高さで止める。上半身を腰から前に倒していく。
両手をふくらはぎに回し、片方の手で反対側の手首をつかむ。
肘を曲げるようにして両腕で上半身を引き、頭を両膝の間にもってくる。
両膝が曲がらないようにし、無理をしないこと。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
手をほどき、ゆっくり上半身を起こしながら、両腕を肩の高さまで前に伸ばす。
両手を脇におろし、スタートポジションに戻る。
5ラウンドまで。

Breathing:腕を前に伸ばしながら吸気。身体を前に倒す前に呼気。身体を前に倒しながらと、最終ポジションで呼吸を止める。身体を起こしながら吸気。腕をおろしながら呼気。

Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに、背部を弛めることと膝を曲げないようにすることに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Sequence: このアサナの後に サルパサナセトゥアサナダヌラサナ などの 反曲のアサナ を続けて行うとよい。

Benefits:このアサナは膵臓を強化させる。腰部、ハムストリングを弛め、脊髄神経にマッサージ効果をもたらす。頭部への血行を良くし、脳を活性化させることができる。

 
ウッティタ・ジャヌ・シルシャサナ
 

両足を肩幅に開いて立つ。
上半身を腰から倒していき、両腕を膝に回す、膝を少し曲げる。
両肘を横に出し、腕が床と平行になるようにする。
上半身を引き寄せ、両手を首の後ろに持っていき、指を組み合わせる。
背部をリラックスさせる。無理せず、やや膝を伸ばす。目線は真後ろ。
これが最終ポジション、数秒で十分である。
戻る時は、まず膝を曲げ、手をほどき、ゆっくり上体を起こす。

Breathing:上半身を前に倒す前に呼気。首の後ろで指を組む前に吸気。膝を伸ばしながら呼気。最終ポジションで呼吸を止めるか、自然呼吸。上体を起こしながら吸気。

 

立位のヨガアサナ

【立位のアサナのヨガ】ヨガ・セラピー

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 座っている時間が長い人、背部のこりや痛みがある人などにはとてもいいエクササイズである。背部、肩部そして下腿のストレッチと筋力強化作用がある。瞑想中の姿勢で背筋が伸びた状態を保つのを助け、呼吸の容量を増やすことができる。

inverted

ニラーランバ・シルシャサナ【逆転のヨガ・アサナ13】

ニラーランバ・シルシャサナ

勇士のポーズ

勇士のポーズ ヴィーラサナ【ヴァジラサナのヨガ6】

勇士のポーズやり方説明。このアサナで心のバランスをとる。集中力を養い、思考がはっきり明確になってくる。いつも考え事が止まらずコントロールできないような人に。腎臓、肝臓、生殖器系、消化器系の臓器に働きかけることができる。

ハムササナ

白鳥のポーズ(ハムササナ)【均衡のアサナのヨガ18】

白鳥のポーズーハムササナやり方説明。腹筋と内臓のマッサージ効果がある。便秘やガスに効果的である。さらに肝臓・腎臓の働きが鈍いのを助け、胃腸の寄生虫を排出しやすくする。赤痢にもよい。食欲がないときも効果的である。

両手コブラのポーズ

両手コブラのポーズ【均衡のアサナのヨガ16】

両手コブラのポーズやり方説明。両足を45㎝開いて立つ。膝を曲げスクワットのポジションをとる。両足の間に両手をもってきて、手掌を床につける。目の高さで視線を定め、凝視する。

頭部足先ポーズ
ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

頭部足先ポーズ【前曲のヨガ・アサナ10】

前曲のアサナをご紹介します《ヨガ・セラピー》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas
 

シルシャ・アングシュタ・ヨガサナ SIRSHA ANGUSTHA YOGASANA
शीर्ष अङ्गुष्ठ योगासन

《頭部足先ポーズ》

 
頭部足先ポーズ
 

両足を1mくらい開いて立つ。
両腕を体の後ろに持っていき、左右の指を組み合わせる。
肘は曲げずにまっすぐにしておくこと。
これがスタートポジション。
体幹を右に捻り、右足先を右外に向け開く。
腰から上を前に倒し、両腕を高く上にそらせストレッチさせる。
頭を床上の右足親指に近づける。右の膝を少し曲げてもよい。
肩をリラックスさせ、腕をできるだけ反らすこと。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をおく。
体幹を起こし、正面に向き直し、両腕を下げる。
反対側で同じ動作を繰り返す。
これで1ラウンド。5ラウンドまで。

Breathing:スタートポジションと体幹を捻りながら吸気。前に倒しながら呼気。最終ポジションで呼吸を止める。体を起こしながらと正面を向きながら吸気。

Awareness:Physaical- 呼吸と動作のシンクロナイズに。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Contra-indications:このアサナは心臓の弱い人、高血圧症坐骨神経痛 や脊髄に問題がある人は行ってはいけない。

 

動的前曲アサナ

手足のポーズ(立位前屈アサナ)【前曲のヨガ・アサナ9】

手足のポーズやり方説明。頭部への血流を増やし、下垂体と甲状腺への血行を促進させる。新陳代謝を活発にさせ生命力を高める。集中力を向上させ、鼻、咽の疾患にもよい。動的に行うことで肥満解消(ダイエット)につながる。

ブランコのポーズ

ブランコのポーズ【パドマサナのヨガ5】

ブランコのポーズやり方説明。このアサナは腕、手首、肩、腹筋が鍛えられる。器用さを育むことができる。アナハタ・チャクラに。呼吸に。動きとバランスに。

サイド目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ2】ヨガ・セラピー

サイドウェイズビューイング-目のヨガ・エクササイズやり方説明。眼精疲労や目の使いすぎに緊張をときほぐしリラックスさせる。斜視の予防と改善に。

エカ・パダ・パドモッタナサナ

片脚伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ12】

エカ・パダ・パドモッタナサナやり方説明。足を前に出して床に座る。左足を曲げ、足先を右腿の下に入れる。右膝を曲げ、足裏を床につけ、膝を立てて体に引き寄せておく。両手指を組み合わせ、右足裏の下におく。

アップ・ダウン目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ5】ヨガ・セラピー

目のヨガ・エクササイズ-アップ・ダウン・ビューイングやり方説明。眼筋のバランスを整え、眼球の動きをスムーズにする。親指と視線が上方に向かう時に吸気。下方に向かう時に呼気。

動的前曲アサナ
ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

手足のポーズ(立位前屈アサナ)【前曲のヨガ・アサナ9】

前曲のアサナをご紹介します《手足のポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

パダ・ハスタサナ PADA HASTASANA पादहस्तासन

《手足のポーズ》

 
手足のポーズ

 

背筋を伸ばし直立する。両足は閉じて、手は体の横にそえておく。
全身リラックスさせる。これがスタートポジション。
両足裏全体に体重が偏らず平等にかかっていること。
ゆっくり上半身を前に倒す。頭から倒していき、胸部、腹部と順に倒していく。
顎は胸につけ、両肩はリラックスさせ、腕は自然に垂らしておく。
倒しながら、体に骨や筋肉などないと想像してみる。
けして力まないこと。
足裏の下に手を入れるか、足の横で床に手掌を伏せておく。
手が床まで届かない場合はできる範囲で。
首を弛め、前額が膝に触れるようにする。
両膝が曲がらないよう真っ直ぐにしておく。
このポジションで背中全体をリラックスさせる。
ゆっくりと体を起こしてスタートポジションに戻る。
倒した時とは逆の順で、腹部、胸部、頭部と上げていく。これで1ラウンド。
次のラウンドに入る前に、呼吸を整え、リラックスさせる。

Breathing:スタートポジションで吸気。前に上体を倒しながら呼気。最終ポジションでゆっくり深い呼吸。上体を起こしながら吸気。

Duration:5ラウンドまで。徐々に最終ポジションでの時間を伸ばしていき、ラウンド数は減らしていく。1ラウンド3~5分。

Awareness:Physical- 動作と背筋を弛めることに。または呼吸に。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Sequence:このアサナは 反曲のアサナ の前か後に行うとよい。柔軟性を伸ばすためには、他の 前曲のアサナ の前に行うとよい。

Contra-indication:背部に問題がある人、坐骨神経痛、心臓の弱い人、高血圧、腸ヘルニアなどの人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナは消化器官にとてもよく、ガス、便秘、消化不良など軽減できる。脊髄神経を正常に働くよう調整する。頭部への血流を増やし、下垂体と甲状腺への血行を促進させる。上体を逆にすることで、新陳代謝を活発にさせ生命力を高める。集中力を向上させ、鼻、咽の疾患にもよい。動的に行うことで肥満解消(ダイエット)につながる。

 

 

Variation(動的前曲アサナ)
足を閉じて直立する。手は横に、手掌を後ろに向けておく。
両腕を頭上に伸ばし、肩幅に開く。
腕を頭より少し後ろに引き、体をそらす。
腰から上を前に倒していき、手掌を床につける。
手掌を足の左右両横におき、手指と足指が一直線になるようにする。
膝が曲がらないよう注意し、前額が膝につくようにする。
無理やり押してハムストリングを痛めないようにすること。
この最終ポジションで1~2秒おく。
上体を起こし腕を上に伸ばす。腕をさげる。

Duration:5~10ラウンドから始め、徐々に回数を増やし30ラウンドまで。

Practice note:初心者は手指を床につけるだけでもよい。足指と並ぶようにする。指も床につかない場合は足首かふくらはぎをつかんで行う。

 

弓のポーズ

弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ10】

弓のポーズやり方説明。生殖器官の機能を高め、膵臓、副腎の調子を整え、それらの分泌物の量を調節できる。また全身の血行を良くする。腹部の余計な脂肪を取り除くことができる。

動的捻転ポーズ

動的捻転ポーズ【捻曲のヨガ・アサナ1】

動的捻転ポーズやり方説明。ビギナーにいい捻曲のアサナである。脊椎をストレッチさせ、脊椎神経を整える。数秒休んで落ち着いたら、同じ動作を繰り返す。マニプラ・チャクラに。

パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナ

パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナ【捻曲のヨガ・アサナ4】

パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナやり方説明。胸部、腹部の側面のストレッチとマッサージ効果が得られる。長時間のメディテーションポーズの準備練習として用いることができる。

半蓮背部伸展ポーズ

半蓮背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ6】

ホーム » ヨガ・セラピー » 前曲のアサナ » 半蓮背部伸展ポーズ 前曲のアサナをご紹介します《半蓮背部伸展ポーズ》   アーダ・パドマ・パスチモッタナサナ ARDHA PADMA PASCHIMOTTANASANA 《半蓮背部伸展ポーズ》   両足を前に出して座る。左膝を曲げ、左足を右腿の上にのせる。左足裏が上を向くようにし、踵はお腹につくようにする。上半身を少し前かがみにし、左手を体の後ろに回して左足をつかむ。真っ直ぐに座り、全身リラックス(特に背中)させる。上体を前に倒していき、右手で右足親指をつかむ。背部の筋肉には力を入れず、腕で引っ張るようにして体幹を倒すこと。おでこは膝につくようにするとよい。これが最終ポジション。このポーズで苦痛を感じない程度の時間をとる。手をほどき、ゆっくりと起きあがる。左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。各3回まで行ってもよい。少しづつ最終ポジションの時間を延ばしていくようにすること。 Breathing:スタートポジションで吸気。前かがみになりながら呼気。最終ポジションでゆっくり深い呼吸、時間が短ければ呼吸を止める。上体を起こしながら吸気。 Other details:パスチモッタナサナ に準ずる。 Benefits:ほぼパスチモッタナサナ と同様の効果が得られる。このアサナでは、さらに腹部へのマッサージ効果が得られるため便秘解消の効果が高い。  

胴体捻りのポーズ

胴体捻りのポーズ【立位のアサナのヨガ5】

胴体捻りのポーズやり方説明。このアサナでウエスト、背部、腰部の状態を整える。特に悪姿勢による背部の緊張をほぐし弛めることができる。スウングによる動作で心と体を軽くし日々の緊張をやわらげることができる。

ハスタ・パダングシタサナ
ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

ハスタ・パダングシタサナ【前曲のヨガ・アサナ8】

前曲のアサナをご紹介します《ハスタ・パダングシタサナ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

ハスタ・パダングシタサナ HASTA PADANGUSHTHASANA
हस्त पादांगुष्टासन

 
ハスタ・パダングシタサナ
 

右側を下にして床に横になる。
両腕は頭の上に真っ直ぐ伸ばして合掌。左足は右足の上にそえておく。
これがスタートポジション。
左手と左足を床から45度の角度に上げる。
ここで少し時間をおき、バランスをとる。
手足を下ろしスタートポジションに戻る。
今度は左手と左足をできるだけ広げ、手で足指をつかむ。
両膝と両肘が曲がらないようにすること。
足指まで手が届かない場合は届くところで支えておく。
この最終ポジションで少し時間をおく。
手足を下ろしスタートポジションに戻る。
5回まで行ってもよい。反対側で同じ動作を繰り返す。

Breathing:手足を上げながら吸気。手足を下げながら呼気。

Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに。足腰のストレッチとポーズをとりながらのバランス保持に。
Spiritual- ムーラダラ・チャクラスヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indications坐骨神経痛 の人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナは股関節の柔軟性を養う。足腰のバランス力をつけ、姿勢を安定させ、しなやかさを身につける。肥満 には足腰の引き締めになる。

Practice note:このアサナは練習中、肘膝同様に、腰が曲がらないようにし、体が一直線になっていること。

 

ヴァジラサナ

【ヴァジラサナのヨガ】ヨガ・セラピー

ヴァジラは、神インドラのもつ武器で、金剛杵のこと。雷を操ることを意味する。またヴァジラとは重要なナディの一つの名前である。ヴァジラ・ナディは生殖器泌尿器系と密接なつながりをもっており、性的エネルギーを司っている。

ハーフヘッドスタンド

半頭立ポーズ【逆転のヨガ・アサナ1】

半頭立ポーズやり方説明。低血圧の人にはいいエクササイズである。神経系統のバランスを整え、首や頭部の筋肉を鍛える。脳への血流をよくする。ヘッドスタンドなど頭部で体重を支えるポーズの初歩的な練習となる。

両手コブラのポーズ

両手コブラのポーズ【均衡のアサナのヨガ16】

両手コブラのポーズやり方説明。両足を45㎝開いて立つ。膝を曲げスクワットのポジションをとる。両足の間に両手をもってきて、手掌を床につける。目の高さで視線を定め、凝視する。

スフィンクスのポーズ

スフィンクスのポーズ【反曲のヨガ・アサナ1】

スフィンクスのポーズやり方説明。うつ伏せで腹ばいになる。おでこは床につけ、両足は閉じてまっすぐに。両腕を曲げ掌を下向きにし、頭の横にもってくる。肘は体にそえておく。全身リラックスさせる。頭を上げ、両腕の肘から下は床につけたまま体を支える。

仰臥金剛杵のポーズ

仰臥金剛杵のポーズ(スプタ・ヴァジラサナ)【ヴァジラサナのヨガ14】

仰臥金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで内蔵のマッサージ効果が得られ、消化器系の不調や便秘など軽減できる。また、創造力と思考力が高められ、性的エネルギーが促進される。

メヌ・アカルシャナサナ
ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

メヌ・アカルシャナサナ【前曲のヨガ・アサナ7】

前曲のアサナをご紹介します《メヌ・アカルシャナサナ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

メヌ・アカルシャナサナ MERU AKARSHANASANA मेरु आकर्णासन

 
メヌ・アカルシャナサナ
 

右側を下に床に横になる。左足は右足の上に重ねておく。
右肘を曲げて床につけ、頭部と体幹は床から離れる。手掌で頭を支える。
前腕と上腕は垂直に近くなる。左手は左腿の上においておく。
これがスタートポジション。
左足を出来るだけ高く上げる。
同時に左手を足先までスライドさせ足指をつかむ。
足指まで手が届かない場合は、届くところで左足をおさえる。
両足とも膝が曲がらないように真っ直ぐにしておく。
これが最終ポジション。
左足を下げて手を離し、スタートポジションに戻る。
10回まで行ってもよい。反対側で同じ動作を繰り返す。

Breathing:足を上げながら吸気。最終ポジションで呼吸を止める。足を下ろしながら呼気。

Awareness:Physical- 呼吸と動作のシンクロナイズに。足腰のストレッチに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Sequence:このアサナは 前曲のアサナ の前に行うとよい。

Contra-indications坐骨神経痛椎間板ヘルニア、脊髄炎などある人はこのアサナは行なわないこと。

Benefits:このアサナはハムストリング、腿のインナーマッスルを鍛える。体のサイドを鍛え、柔軟性をつくる。足腰の肥満性には引き締め効果がある。

 

動的前曲アサナ

【前曲のヨガ・アサナ】ヨガ・セラピー

前曲のアサナは受動的なエクササイズと言える。緊張や痛みを解き放すのを自然の引力が手助けをしてくれる。また肺の圧縮、そして呼気と関連しており、その結果深いリラクゼーションを招いてくれる。

動的捻転ポーズ

動的捻転ポーズ【捻曲のヨガ・アサナ1】

動的捻転ポーズやり方説明。ビギナーにいい捻曲のアサナである。脊椎をストレッチさせ、脊椎神経を整える。数秒休んで落ち着いたら、同じ動作を繰り返す。マニプラ・チャクラに。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。

魚のポーズ

魚のポーズ【パドマサナのヨガ2】

マツヤサナ(魚のポーズ)やり方。このアサナは内蔵のストレッチとなる。背部の血行をよくするため脊椎炎や背部の凝りにもとてもよい。甲状腺と胸腺にも働きかけることができ、免疫力アップにつながる。

胎児のポーズ

【パドマサナのヨガ】ヨガ・セラピー

パドマサナ・グループのアサナは心と体のブロックを取り除きすべての チャクラに落ち着きと安らぎをあたえてくれる。これらの練習を重ねていくことでより長くパドマサナで瞑想を行うことができるようになってくる。

半蓮背部伸展ポーズ
ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

半蓮背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ6】

前曲のアサナをご紹介します《半蓮背部伸展ポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

アーダ・パドマ・パスチモッタナサナ ARDHA PADMA PASCHIMOTTANASANA

《半蓮背部伸展ポーズ》

 
半蓮背部伸展ポーズ

両足を前に出して座る。左膝を曲げ、左足を右腿の上にのせる。
左足裏が上を向くようにし、踵はお腹につくようにする。
上半身を少し前かがみにし、左手を体の後ろに回して左足をつかむ。
真っ直ぐに座り、全身リラックス(特に背中)させる。
上体を前に倒していき、右手で右足親指をつかむ。
背部の筋肉には力を入れず、腕で引っ張るようにして体幹を倒すこと。
おでこは膝につくようにするとよい。
これが最終ポジション。
このポーズで苦痛を感じない程度の時間をとる。
手をほどき、ゆっくりと起きあがる。
左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。
各3回まで行ってもよい。
少しづつ最終ポジションの時間を延ばしていくようにすること。

Breathing:スタートポジションで吸気。前かがみになりながら呼気。最終ポジションでゆっくり深い呼吸、時間が短ければ呼吸を止める。上体を起こしながら吸気。

Other detailsパスチモッタナサナ に準ずる。

Benefits:ほぼパスチモッタナサナ と同様の効果が得られる。このアサナでは、さらに腹部へのマッサージ効果が得られるため便秘解消の効果が高い。

 

ヴァシシュタナサナ【均衡のアサナのヨガ20】

ホーム » ヨガ・セラピー » 均衡のアサナ » ヴァシシュタナサナ 均衡のヨガ・アサナをご紹介します《ヴァシシュタナサナ》   ヴァシシュタナサナ VASHISHTHASANA    

雄鶏のポーズ

雄鶏のポーズ【パドマサナのヨガ6】

雄鶏のポーズのやり方。このアサナはバランスと安定性を保ち、ムーラダラ・チャクラのクンダリニを目覚めさせるのに用いられる。

捻コブラのポーズ

捻コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ3】

捻コブラのポーズやり方説明。このアサナでは特に腸に働きかけることができる。顔と体幹を左にひねる。目線は左肩越しに右踵を見つめる。顔と体幹を正面に向け直し、反対側に同様にひねっていく。

蓮のポーズ

蓮(ルータス)のポーズ【メディテーションのヨガ3】

瞑想のヨガ-蓮のポーズやり方説明。このポーズで脊柱にやさしい刺激をあたえ、自律神経系統へのリラクゼーション効果をもたらすことができる。副交換神経優位になり、呼吸はゆっくりと、筋緊張は減少し、血圧は下がり、消化器系は活発になる。

ニラーランバ・パスチモッタナサナ

ニラーランバ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ9】

ニラーランバ・パスチモッタナサナー両足を前に伸ばして座る。両膝を曲げ、胸につけるようにする。足裏は床につける。両腕を廻し、横から足裏をつかむようにする。全身リラックスさせ、前面の一点を決め凝視する。

半背部伸展ポーズ
ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

半背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ5】

前曲のアサナをご紹介します《半背部伸展ポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

ジャヌ・シルシャサナ JANU SIRSHASANA

《半背部伸展ポーズ》

 
半背部伸展ポーズ
 

両足を前に出して座る。左膝を曲げ、左足裏を右股内側につける。
左膝は浮かないよう床につけること。
両手を右膝の上におき、背すじを伸ばしリラックスさせる。
これがスタートポジション。
ゆっくり上半身を前に倒しながら、両手は右足の上をスライドさせていく。
可能であれば左手の人差し指、中指、親指の3本で左足親指をつかみ、右手で他の指をつかむ。
おでこが膝につくようにする。
これが最終ポジション、力を抜いてリラックスさせる。
ここで、苦痛を感じない程度の時間をとる。
ゆっくりと上体を起こし、スタートポジションに戻る。
今度は右足を曲げ、左足を前に伸ばす。
同じ動作を繰り返す。左右5回づつまで。

Breathing:スタートポジションで吸気。上体を前に倒しながら呼気。最終ポジションで時間が短ければ呼吸を止めて、長ければ自然呼吸を。スタートポジションに戻りながら吸気。

Other detailsパスチモッタナサナ と同様。

Benefits:基本的にはパスチモッタナサナと同じ。

Practice note:このアサナはアーダ・パスチモッタナサナとも呼ばれる。

 

アーダ・パドマ・ハラサナ

動的半蓮鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ9】

動的半蓮鋤のポーズやり方説明。両手を身体の横で床に掌を伏せる。両手で支えながら、上体を後ろに転がしていく。前に伸ばしていた足を頭上に持っていき、つま先を床につける。動きを止めないように、すぐに床に

死体のポーズ

死体のポーズ【リラクゼーションのヨガ1】

死体のポーズーシャヴァサナーShavasanaー शवासन このアサナは体だけでなく精神的にもリラックスを与えてくれる。睡眠前に行うのもとてもよく、肉体的にも精神的にも疲れを感じたらいつでも行うことができる

メルダンダサナ

メルダンダサナ【均衡のアサナのヨガ8】

メルダンダサナーこのアサナは内臓、特に肝臓の調子を整え腹筋を鍛える。腸内寄生虫を除去し腸内細菌を活性化させる。便秘にはとてもよい。自律神経を調節し、背筋を強化させるため脊椎調節にもなる。

拝伏のポーズ

拝伏のポーズ プラナマサナ【ヴァジラサナのヨガ11】

拝伏のポーズやり方説明。このポーズで頭部への血流をよくする。胸を広げ、肺への空気の入りをよくし、喘息の管理にはとてもよいエクササイズとなる。

ライオンのポーズ

ライオンのポーズ【メディテーションのヨガ8】

瞑想のヨガ-ライオンのポーズのやり方説明。シムハサナ。前かがみになり、両手を両膝の間で床につける。指先は自分の方にむける。両手をのばし体重をのせる。背をそらせ、首を後ろへ傾けストレッチ。

パダ・プラサール
ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

開脚背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ4】

前曲のアサナをご紹介します《開脚背部伸展ポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas
 

パダ・プラサール・パスチモッタナサナ
PADA PRASAR PASCHIMOTTANASANA

《開脚背部伸展ポーズ》

 
開脚背部伸展ポーズ
 

両足を大きく開いて座る。
両手を身体の後ろに持っていき両指を組み合わせる。
これがスタートポジション。
体幹を右に向け、右足に倒していく。
鼻先を膝に着けるようにする。
同時に組み合わせた両手を上に伸ばす。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
上体を起こし、両手を下ろす。
体幹を左に向け、左側も同じ動作を繰り返す。

 
パダ・プラサール
 

体幹を中央に持ってくる。
同じように上体を前に倒し、両手を上に反らす。前額が床に着くようにする。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をおく。
上体を起こし、両腕を下げる。
これで1ラウンド。

Breathing:スタートポジションで吸気。体幹を前に倒しながら呼気。前屈している間は深くゆっくりと呼吸、もしくは静止の時間が短ければ呼吸を止めて。体幹を起こしながら吸気。

Duration:3~5ラウンド。

Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに。
Spirutual- ムーラダラ・チャクラ、または スヴァディスタナ・チャクラ
に。

Sequence:このアサナは、ティルヤカブジャンガサナチャクラサナマツヤサナ などの 反曲のアサナ の前に行うとよい。

Contra-indicationsパスチモタナアサナ に準ずる。このアサナはパスチモタナサナをマスターしてから取りかかること。

Benefits:基本的に パスチモタナアサナ と同様の効果がある。さらにパスチモタナサナよりも足の内側と、肩甲骨まわりの十分なストレッチとなり、胸もよく開き、上半身、下半身ともに効果を与えていくことができる。

Variation:基本と同じスタートポジションをとるが、両手は後ろに回さず、前で床に伏せておく。体幹を前に倒していき、両手指で足の親指をつかむ。少しづつ胸、腹を床につけていく。顔は前を向け、顎、咽が床につくようにする。これが最終ポジション。ここで苦痛を感じない程度の時間をとる。手から足指をはなし、元のスタートポジションに戻る。

 

目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ1-2】ヨガ・セラピー

目のヨガ・エクササイズ-パーミングのやり方説明。眼筋に活力を与える。眼房水の循環を促し活性化させ、角膜とレンズの間に潤いを与え、視力を向上させる。このエクササイズで眼筋の反射性をよくし、リラックスさせることができる。

弓引のポーズ

弓引のポーズ【反曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 反曲のアサナ » 弓引のポーズ 反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓引のポーズ》   プールナ・ダヌラサナ POORNA DHANURASANA पूर्ण धनुरासन 《弓引のポーズ》     うつ伏せになり、両膝を曲げる。人差し指と中指で足の親指をつかむ。これがスタートポジション。頭、胸、腿を上げ、足先がなるべく頭の近くにくるようにする。両肘は上を向いていること。この最終ポジションでは全身が弓矢を引いているときの弓のようにストレッチされていること。このポーズで苦痛を感じない程度でできるだけ時間をとる。ゆっくりと指を足から放し、スタートポジションに戻る。うつ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。 Breathing:スタートポジションで深く吸気。体を上げながら呼吸を止める。最終ポジションでは呼吸を止めるか、もしくは深い呼吸を。体を下げながら呼気。 Awareness:Physical-腹部もしくは背部に。 Spiritual- マニプラ・チャクラ に。 Contra-indications:このアサナは上級者、柔軟性の高い人のみ行うこと。 Benefits:ダヌラサナ とほぼ同じだが、より高い効果が得られる。  

シルシャサナ

頭立のポーズ・ヘッドスタンド【逆転のヨガ・アサナ11】

頭立のポーズ-シルシャサナ-SIRSHASANA-शीर्षासन このアサナはとても強力なもので、サハスララ・チャクラに働きかけることが出来るため、すべてのアサナの中でも最強とされている。また、内分泌を調節する作用があり、生殖器系統の問題に対しても使うことができる

動的前曲アサナ

手足のポーズ(立位前屈アサナ)【前曲のヨガ・アサナ9】

手足のポーズやり方説明。頭部への血流を増やし、下垂体と甲状腺への血行を促進させる。新陳代謝を活発にさせ生命力を高める。集中力を向上させ、鼻、咽の疾患にもよい。動的に行うことで肥満解消(ダイエット)につながる。

半蓮のポーズ

半蓮のポーズ【メディテーションのヨガ2】

瞑想のヨガ-半蓮のポーズやり方説明。両足を前に伸ばして座る。片方の足の膝を曲げ足先を反対の足の腿の下に入れる。
もう一方の足も膝を曲げる。足先は反対の腿の上にのせる。かかとは苦しくない程度で体幹近くに持ってくる。

動的背部伸展ポーズ
ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

動的背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ3】

前曲のアサナをご紹介します《動的背部伸展ポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

ガトヤトマク・パスチモッタナサナ 
GATYATMAK PASCHIMOTTANASANA गत्यात्मक पश्चिमोत्तानासन

《動的背部伸展ポーズ》

 
動的背部伸展ポーズ
 

床で仰臥位をとる。両足は閉じておく。
両手は頭上に伸ばし、手掌は上を向けておく。
これがスタートポジション。全身リラックスさせる。
両手を伸ばし、背中をまっすぐにしたままで、上半身を起こし座るポジションにもってくる。
そのままスムーズに前に倒し、パスチモタナサナ をとる。ここで少し時間をおく。
頭を上げ、座るポジションからスタートポジションに戻る。
これで1ラウンド。
10ラウンドまで行ってもよい。

Breathing:スタートポジションで自然呼吸。上体を起こして座るポジションまで吸気。パスチモタナアサナまで呼気。頭を上げ上体を起こしながら吸気。仰臥位まで呼気。

Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indications:パスチモタナサナに準ずる。

Benefits:パスチモタナサナとほぼ同様の効果が得られるが、ややマイルド効果となる。この動的アサナにより血行を促進、代謝を高める。さらに身体の柔軟性を高め、生命力を強化させることができる。

 

ガルダサナ

ガルダサナ・鷲のポーズ【均衡のアサナのヨガ3】

鷲のポーズ-ガルダサナ-GARUDASANA-गारुदासन このアサナは手足の筋力強化と関節を弛める。坐骨神経痛やリウマチ、陰嚢水腫などに効果的である。常に自然呼吸をとる。

ブランコのポーズ

ブランコのポーズ【パドマサナのヨガ5】

ブランコのポーズやり方説明。このアサナは腕、手首、肩、腹筋が鍛えられる。器用さを育むことができる。アナハタ・チャクラに。呼吸に。動きとバランスに。

メヌ・アカルシャナサナ

メヌ・アカルシャナサナ【前曲のヨガ・アサナ7】

メヌ・アカルシャナサナやり方説明。このアサナはハムストリング、腿のインナーマッスルを鍛える。体のサイドを鍛え、柔軟性をつくる。足腰の肥満性には引き締め効果がある。

満バッタのポーズ

満バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ8】

満バッタのポーズやり方説明。うつ伏せで吸気。足を上げながら呼吸を止める。最終ポジションで自然呼吸。元のポジションに戻りながら呼吸を止める。このアサナは上級者、柔軟性のある人のみ行うこと。

呼吸均衡ポーズ

呼吸均衡ポーズ パダディラサナ【ヴァジラサナのヨガ3】

呼吸均衡ポーズやり方説明。このアサナはプラナヤマの前に行われることがある。瞑想のように行うこともできる。鼻孔からの呼吸の流れのバランスを整える。