脱毛症


脱毛症-病気・症状と治療

脱毛症 Alopecia(Hair Loss)

脱毛症

▪ 脱毛症とは
▪ 東洋医学的な見方
▪ 家庭で出来る脱毛症のお灸のツボ
▪ 脱毛症の精神的および感情的要因
▪ 脱毛症のヨガ・セラピー
▪ 脱毛症のハーブ療法
▪ 脱毛症のレイキ療法

脱毛症の分類と原因

○先天的脱毛症:全身性あるいは局所性の無毛症や乏毛症

○後天的脱毛症

▪円形脱毛症

 ◦原因不明 (自律神経失調、精神的ストレス、自己免疫力低下など)
 ◦自覚症状はなく、突然発症する
 ◦脱毛斑は円形または精円形、単発又は多発(左右非対称)
 ◦脱毛部の皮膚は常色
 ◦好発部位:頭髪、眉毛、まつげ
 ◦病態:毛母細胞の突然死
 ◦爪甲の点状凹窩、混濁、剥離、横溝の出現
  *多くは数ヶ月で発毛をみるが、再発例も多い
  *〔難治性〕汎発性 (全身の体毛に及ぶ症例): 全頭型、後頭部から側頭部生え際にかけて境界明瞭な脱毛、幼児期に発症するもの

▪壮年脱毛症(男性型)

 ◦遺伝的要因
 ◦男性ホルモンの影響→毛母細胞の代謝障害
 ◦額の生え際から起こり、毛が細くなってから抜ける(毛母細胞の栄養不足)

▪粃糠性脱毛症:乾燥・皮脂過多などにより頭皮の角化異常(フケの過剰)
 →炎症や雑菌繁殖などにより毛孔や毛根に影響

▪脂漏性脱毛症:皮脂分泌過剰→毛孔を通じ毛根に影響

▪瘢痕性脱毛症:火傷や外傷が原因となった脱毛(毛乳頭の消失)

▪症候性脱毛症
 ◦熱性疾患後
 ◦内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)
 ◦膠原病(全身性エリテマトーデスなど)
 ◦梅毒(第二期)
 ◦薬剤(抗がん剤など)

○女性の脱毛症

▪分娩後脱毛症
▪びまん性脱毛症(老化、ストレス、極度のダイエットなど)

*トリコチロマニア: 抜毛癖、抜毛狂―精神的原因(子供に多い)

脱毛症の東洋医学的な見方

関係の深い臓は《腎》《肝》

「髪は血余」 肝は蔵血を主る  肝血は腎精と同源
「腎の華は髪にある」→腎の状態は髪に反映する

*気の力によって髪を拘束している→気がなくなると(=気虚になると)抜けやすくなる

  • 瘀血:血の停滞→毛髪を栄養できない(瘀血の原因は気虚、気滞、血熱、血寒、外傷など)
  • 気血両虚:久病、産後などに気血の虚→毛髪を栄養できない
  • 肝腎陰虚:老化、労倦などにより肝血と腎精の不足→毛髪を栄養できない

 

家庭で出来る脱毛症のお灸のツボ(経穴・つぼ)

身柱(しんちゅう)、 神道(しんどう)、 霊台(れいだい)、 瘂門(あもん)、
風池(ふうち)、 肩井(けんせい)、 膏肓(こうこう)、 至室(ししつ)、
大腸兪(だいちょうゆ)、 小腸兪(しょうちょうゆ) 督脈上の圧痛をみて施灸。

 脱毛症ツボ1   脱毛症ツボ2

 脱毛症ツボ4脱毛症ツボ3

○円形脱毛には円形の縁に糸状灸
   円形脱毛症ツボ

 

脱毛症の精神的および感情的要因

~恐怖感。

~緊張感・不安感。
~すべてを支配しようとする。
~人生の進展を信じない。

*感情のクリアリングには…
   ⇒ ヘッド・セラピー【アクセス・バーズ】がおすすめです!

 

脱毛症のヨガ・セラピー

脱毛症ヨガ

アサナ
 シャシャンカサナ、 すべての逆転のアサナ、とくにシルシャサナ

脱毛症のハーブ療法

  • イチョウ(Ginkgo biloba)
  • ローズマリー(Rosmarinus officinale)
  • アメリカザンショウ(Xanthoxylum clavaherculis)
  • スギナ(Equisetum arvense)
  • エンバク(Avena sativa)
  • エキナセア(Echinacea)

エッセンシャル・オイル
 カモマイル+ローズマリー+セージ

 

脱毛症のレイキ・ヒーリング(霊気療法)

レイキ・ヒーリングについて »

チャクラについて »

Chakras
  サハスララ Crown(Sahasrara Chakra)
  マニプラ・チャクラ Manipura(Solar plexus Chakra)

Positions
  基本ポジション+反応のあるところ、頭部、肝臓、膵臓・脾臓。

脱毛症レイキヒーリング1脱毛症レイキヒーリング3