食道炎・食道潰瘍-病気・症状と治療


食道炎・食道潰瘍-病気・症状と治療

食道炎・食道潰瘍 Esophagitis・Esophagael ulcer

食道炎

▪ 食道炎・食道潰瘍(胃食道逆流症)とは
▪ 家庭で出来る食道炎のお灸のツボ
▪ 食道炎の精神的および感情的要因
▪ 食道炎のホメオパシーレメディー
▪ 食道炎のヨガ・セラピー
▪ 食道炎のレイキ療法

食道炎・食道潰瘍とは

食道炎 … 食道粘膜に発赤、びらん、小潰瘍を形成する炎症性疾患。

食道潰瘍 … 粘膜下層や筋層にまで潰瘍が深くなるもの。

胃食道逆流症(GERD)に伴うものが多い。

食道炎・食道潰瘍の原因

  • 物理・化学的刺激…酸・アルカリ、熱、放射線、薬物 → 炎症 → 潰瘍
  • 感染 … 細菌、ウイルス、真菌 → 炎症 → 潰瘍

胃食道逆流症
 胃内容物の逆流防止機能の破錠+胃酸分泌に起因。
 呼吸器疾患、耳鼻科疾患の原因になる。

  • 胃酸の逆流
     食道裂孔ヘルニア
     下部食道括約筋(LES圧)の低下。
  • 腸液の逆流
     胃全摘術、近位胃切除術 【噴門、幽門機能の廃絶による】
  • その他
     高齢者、妊婦、肥満者、骨粗鬆症における円背。
     全身性強皮症 【下部食道でも平滑筋硬化が起こるためLES圧が低下】

*食道裂孔ヘルニア
大部分が滑脱型 → 胃液が食道に逆流する。
多くの場合、下部食道括約筋の機能が低下しており、胃食道逆流が容易に起こり、
その程度によって胸やけ、呑酸などの症状を呈し、高度になると逆流性食道炎を合併する。

*下部食道括約筋(Lower Esophageal Sphincter(LES))
下部食道括約筋は普段はきっちり閉じており、嚥下運動が始ると弛緩する。
LESの締りが悪くなれば(LES圧が低下すれば)、胃から食道への逆流が起こりやすくなる。
LESを中心としたこれらの筋群により、食道胃接合部における逆流防止機構が働いている。

食道炎・食道潰瘍の症状

食道炎…胸やけ、呑酸、狭心症様の胸痛、不整脈、嗄声、耳痛、慢性咳
〔重症例〕狭窄、嚥下障害、夜間咳嗽、出血、潰瘍、穿孔による縦隔炎

食道潰瘍…胸痛、つかえ感、嚥下痛

*合併症…食道狭窄

 

家庭で出来る食道炎・食道潰瘍のお灸のツボ(経穴・つぼ)

○お灸について »  

○胃酸過多: 肺兪(はいゆ)、 蕨陰兪(けついんゆ)、 心兪(しんゆ)、 附分(ふぶん)、 魄戸(はくこ)、 膏肓(こうこう)、肩井(けんせい)

 胃酸過多ツボ1  胃酸過多ツボ2

○胸やけ・呑酸: 泉生足(せんせいそく)

○食道狭窄による嚥下困難: 期門(きもん)、 失眠(しつみん)

   胸やけツボ嚥下困難ツボ

 

食道炎・食道潰瘍の精神的および感情的要因

○胸やけ
 ~恐怖感。
 ~不安・懸念。
 ~心配事・気がかりな事。

○胃酸過多
~不安。

~恐れ。
~懸念。

 食道炎・食道潰瘍におすすめのフラワーエッセンス

*感情・精神面のケアには… ⇒ 脳デトックス【アクセス・バーズ】がおすすめ!

 

食道炎・食道潰瘍のホメオパシーレメディー

Calcerea carb :胃酸があがってくる、嘔吐。働きすぎる人。
Nat phos:胃酸過多、胃のph値を整える。
Nux vomica:消化不良。吐き気。胸やけ。
Pulsatilla:胃が重い。ガス、げっぷ、不安。
Mag phos:胃痙攣を伴う。

 

食道炎・食道潰瘍のヨガ・セラピー

食道炎ヨガ

○胃酸過多:
 アサナ 毎食後 ヴァジラサナ を少なくとも10分。
 プラナヤマ ナディ・ショダナ、 ブラマリ
 シャットカルマ アグニサルクリヤ、 クンジャル
 食事 動物性、酸性の食べ物は避ける。

その他

就寝前の食事は避ける、禁煙、肥満をさける。
食後の横臥を避け、就寝時は頭を高くする。

 

食道炎・食道潰瘍のレイキ・ヒーリング(霊気療法)

レイキ・ヒーリングについて »

チャクラについて »

Chakras
  アナハタ・チャクラ Anahata(Heart Chakra)
  マニプラ・チャクラ Manipura(Solar plexus Chakra)

Positions
  基本ポジション+反応のあるところ、咽喉、胸部、背部。

  食道炎・食道潰瘍レイキヒーリング2 食道炎・食道潰瘍レイキヒーリング3