眼精疲労-病気・症状と治療

眼精疲労-病気・症状と治療

眼精疲労  Asthenopia

眼精疲労

▪ 眼精疲労とは
▪ 東洋医学的な見方
▪ 家庭で出来る眼精疲労のお灸のツボ
▪ 眼精疲労の精神的および感情的要因
▪ 眼精疲労のホメオパシーレメディー
▪ 眼精疲労のヨガ・セラピー
▪ 眼精疲労のレイキ療法

WHO(世界保健機構)では、鍼灸治療が 眼精疲労 に適応であることを認めています。

眼精疲労の概念

普通の人なら疲れない程度の眼の使用なのに、眼の疲労が著しく出現する状態。
疾患でなく、症侯群。
連続的な視作業により起こる眼症状のほか、不定愁訴を主とする。
休息により速やに回復する生理的な眼疲労とは区別される。
OA機器端末作業により起こる。
VDT症候群はテクノストレス眼症とも呼ばれる。(VDT:visual display terminal)

眼精疲労の分類

  • 調節性眼精疲労
    調節機能に負担がかかることに起因。
    ・屈折異常…遠視や乱視があるのに眼鏡をかけていない、使用している眼鏡が合っていない。
    ・調節異常…老視、調節麻痺、調節痙攣。
  • 筋性限精疲労
    ・斜視、斜位、眼筋麻痺などの眼位異常…両眼鏡をするために外眼筋に負担がかかる。
    ・輻輳異常…近方を見ようとしたさいに、よけいな努力が必要となるため。
  • 不等像性眼精疲労
  • 症候性眼精疲労
    角膜の器質的疾患に起因 ex.ドライアイ、結膜炎、角膜炎、緑内障の初期
  • 神経性眼精疲労
    精神的緊張の持続に起因 ex.うつ病ヒステリー

眼精疲労の症状

  • 眼症状…眼の痛み、充血、流涙、かすみ、差明、視力低下、複視、重圧感etc
  • 不定愁訴…前額部の圧迫感、頭痛肩こりめまい
  • 重症…悪心・嘔吐

眼精疲労の東洋医学的な見方

関係の深い臓は《肝》(肝は目に開竅)
  “目は血を得て視ることを能う” (肝は血を蔵す)

分類

  • 《肝血虚》:肝血不足で頭部や目、経脈、筋脈を滋養できない

 *五労では久視に相当ー《心》の働きが悪くなる

 

家庭で出来る眼精疲労のお灸のツボ(経穴・つぼ)

○お灸について »  

○眼精疲労
養老(ようろう)
○眼疾患全般
臂臑(ひじゅ)、風門(ふうもん)

目ツボ2目ツボ1目ツボ4

○疲れ目、老眼
肝兪(かんゆ)、腎兪(じんゆ)、足三里(あしさんり)
○眼痛(急性)
大骨空少骨空
     目ツボ3    目ツボ5

 
 

眼精疲労の精神的および感情的要因

~目は過去、現在、未来をはっきりと見極める能力を表している。

*感情・精神面のケアには… ⇒ 脳デトックス【アクセス・バーズ】がおすすめ!

 

眼精疲労のホメオパシーレメディー

  • Ruta:目の使いすぎによる、眼筋の疲労、頭痛を伴う。
  • Argentum nit:仕事のしすぎ、暑さによる、甘いものを欲する、おしゃべり、心配事。
  • Kali carb:さすような目の痛み、読みすぎ、目の奥が痛い、目のふちの腫れ、頭痛。
  • Lycopodium:肝臓が弱っている、4-8pm に悪化、胃腸の調子悪い、目が落ち窪んでクマ、目が熱いまたは冷たい、光に弱い。
  • Kali phos 6X:目が熱い、涙、刺すような痛み、ストレス。
  • Nat mur 6X:ドライアイ、光に弱い、拍動性頭痛。
  • Silicea 6X:頭痛を伴う、涙腺の腫れ、視力弱い。
  • Pilocarpus

 

眼精疲労のヨガ・セラピー

疲れ目ヨガ

アサナ
 シルシャサナ、 サルバンガアサナ、 ウッタナサナ、 パスチモタナサナ
 シャバサナ
ムードラ
 シャンムキムードラ
: トラタカ

○目のヨガ

 

眼精疲労のレイキ・ヒーリング(霊気療法)

レイキ・ヒーリングについて »

チャクラについて »

Chakra
  アジナ・チャクラ Ajna(3rd Eye Chakra)

Positions
  基本ポジション+反応のあるところ、頭部、肝臓。

疲れ目2疲れ目3