消化性潰瘍-病気・症状と治療


消化性潰瘍-病気・症状と治療

消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍) Peptic ulcer

胃潰瘍

▪ 消化性潰瘍とは
▪ 東洋医学的な見方
▪ 家庭で出来る胃潰瘍のお灸のツボ
▪ 胃潰瘍の精神的および感情的要因
▪ 胃潰瘍のホメオパシーレメディー
▪ 胃潰瘍のヨガ・セラピー
▪ 胃潰瘍のレイキ療法

WHO(世界保健機構)では、鍼灸治療が 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 に適応であることを認めています。

消化性潰瘍とは

消化性潰瘍 ≒ 胃潰瘍 (Gastric ulcer)、十二指腸潰瘍(duodenal ulcer)の総称
病変部位により胃潰瘍、十二指腸潰瘍に分類(病態生理上、若干に違いあり)

消化性潰瘍の概念

主に胃酸などを含む胃液により胃・十二指腸粘膜に潰瘍を生じたもの
 【粘膜の自己消化による組織欠損】
消化性潰瘍:潰瘍はやがて修復されるものの、しばしば再発し、その後も治癒と再発を反復しながら慢性に経過することがあるが、
このようになると、消化性潰瘍という病名がつけられる。

組織欠損の深さが
 粘膜筋層を越えたえぐれ → 潰瘍
 粘膜固有層のみ → びらん;瘢痕を残さず治癒する

消化性潰瘍の病態

防御因子と攻撃因子のバランスが、攻撃因子優位に傾くことにより潰瘍が生じる
 防御因子(粘液、血流、重炭酸イオン、プロスタグランジンetc)減少
 攻撃因子(胃酸、ペプシン、ガストリン)上昇
胃・十二指腸潰瘍の多くにHelicobacter pyliri菌感染が認められる。

*防御因子を減弱させるもの
 慢性肺気腫、喫煙、肝硬変、関節リウマチ、低栄養
 ステロイド、NSADs(胃壁プロスタグランジン合成阻害薬)、腎不全、糖尿病
*攻撃因子を増強させるもの
 ストレス(熱傷、大手術) 【自律神経系を介した胃粘膜血流減少など】
 薬剤(ステロイド、非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSADs)、インスリン、ヒスタミン、アスピリン)

消化性潰瘍の症状

  • 腹痛 … 多くは上腹部に限局し、典型的には心窩部痛
      【胃酸分泌過多 → 粘膜障害】
     特徴~食事と密接な関係がある腹痛
  • 胸やけ、げっぷ、呑酸、悪心・嘔吐、膨満感
      【高酸例で多いが、低酸でも出現する】
  • 上腹部に圧痛
     胃潰瘍 → 正中より左側に多い
     十二指腸潰場 → 正中より右側に多い
    〔圧痛点〕ボアス点:左第10~12胸椎側点
        小野寺臀部点:腸骨稜3cm下方点

消化性潰瘍の合併症

  • 出血 … 吐血 → 原則としてコーヒー残渣様
     【潰瘍のえぐれが血管に及ぶと出血】
       下血 → タール便
    (少量)便の色不変、〔便潜血反応陽性〕
  • 穿孔 … 腹部全体に及ぶ激しい激痛 → 腹膜刺激症状 【汎発性腹膜炎を来した】
    (放置)出血性ショック
  • 穿通 【腹膜炎は限局性】
  • 狭窄 → 通過障害 【幽門部や十二指腸球部の潰瘍が瘢痕化して狭窄】

消化性潰瘍の検査

〔X腺造影〕

  • ニッシェ : 粘膜ひだの集中像
  • 線状潰瘍 : 胃は嚢状に変形(嚢状胃)
  • クローバー状変形 : 球部にタッシェ(衣嚢)を形成し、十二指腸はクローバー状に

〔生検〕Helicobacter pylori菌の感染

 

消化性潰瘍の東洋医学的な見方

分類

  • 《虚寒》:心窩部の持続的疼痛、空腹時に著しい。ものを食べるとやや軽くなる。温めたり押さえると楽になる。
  • 《肝鬱》:心窩部の陣発性疼痛で、灼熱感がある。ものを食べるとさらに悪化。酸水があふれでる。胃部がさわがしい。
  • 《血瘀》:痛む場所が固定し、押えることを拒み、食後に著しい、吐血、黒便。

 

家庭で出来る消化性潰瘍のお灸のツボ(経穴・つぼ)

○お灸について »  

胃の六つ灸膈兪(かくゆ)、肝兪(かんゆ)、脾兪(ひゆ)
または、膈兪(かくゆ)、 肝兪(かんゆ)、 胃兪(いゆ)、 三陰交(さんいんこう)、 梁丘(りょうきゅう)
強い刺激を与えないこと。腹部は取穴しない。

胃潰瘍ツボ1胃潰瘍ツボ2胃潰瘍ツボ3

○胃酸過多
肺兪(はいゆ)、 蕨陰兪(けついんゆ)、 心兪(しんゆ)、 附分(ふぶん)、 魄戸(はくこ)、 膏肓(こうこう)、 肩井(けんせい)

 胃酸過多ツボ1  胃酸過多ツボ2

 

消化性潰瘍の精神的および感情的要因

~心配事。
~自分に何か魅力が欠けているように思う。
~素直に喜べない。

○胃
~恐怖。
~新しいことへの不安感。
~新しいことをこなせない、消化吸収できない。

○胃酸過多
~不安
~恐れ
~懸念

消化性潰瘍におすすめのフラワーエッセンス

*感情・精神面のケアには… ⇒ 脳デトックス【アクセス・バーズ】がおすすめ!

消化性潰瘍のホメオパシーレメディー

Nit ac
Cal phos
Nat phos

 

消化性潰瘍のヨガ・セラピー

胃潰瘍ヨガ

アサナ
 リラクゼーションポーズ、 パワンムクタサナ1、ヴァジラサナシリーズ

プラナヤマ: ナディショッダナ、 ウッジャイ、シータリ、セートゥカリ、ブラマリ

ムードラ
 ヨニムードラ

食事
 消化のよいもの、水分を多く含んだもの。フルーツ。
 お茶、コーヒー、アルコール、生野菜、油っこいもの、辛いものは摂らない。

 

消化性潰瘍のレイキ・ヒーリング(霊気療法)

レイキ・ヒーリングについて »

チャクラについて »

Chakra
  マニプラ・チャクラ Manipura(Solar plexus Chakra)

Positions
  基本ポジション+反応のあるところ、胃、胃の裏。

胃潰瘍レイキヒーリング1   胃潰瘍レイキヒーリング2

その他の療法

ハーブ
 ジャーマンカモマイル、フェンネル、セイヨウナツユキソウ

食事
 全体量を少なめに。玄米スープ、ヨーグルト、バナナ、梅肉エキス。辛いもの、カフェインは避ける。砂糖、塩は摂り過ぎない。

喫煙厳禁
ストレスを避ける。