歯周病(歯槽膿漏症)-病気・症状と治療


歯周病-病気・症状と治療

歯周病(歯槽膿漏症) Periodontitis

歯周病

▪ 歯周病(歯槽膿漏症)とは
▪ 歯肉炎とは
▪ 家庭で出来る歯周病のお灸のツボ
▪ 歯周病の精神的および感情的要因
▪ 歯周病のホメオパシーレメディー
▪ 歯周病のヨガ・セラピー
▪ 歯周病のレイキ療法

歯周病とは

歯周組織に起こる病変の総称。

大別;歯肉炎…病変が歯肉に留まるもの。
   歯周炎…歯槽骨の吸収を伴うもの。

中高年が歯を失う大きな原因。

歯周病の病態

歯周病菌の感染により歯肉が炎症を来したり、歯周組織の歯槽骨が融解されていく。

歯周病の原因

プラーク (歯垢)、細菌および細菌毒素が主。
歯列不正、咬合性外傷

増悪因子…加齢、血液疾患、糖尿病、妊娠、喫煙  【栄養不良や胎児による骨吸収】

歯周病の症状

  • 〔初期〕辺縁歯肉の発赤、腫脹、プランシング時の出血 【歯肉炎の症状の悪化】
  • 〔進行〕歯周ポケットの形成
     【炎症が歯同組織の深部に及ぶ→歯肉と歯の間に深いポケットを形成】
       歯周ポケットからの排膿 → 口臭
  • 歯肉退縮 → 歯根露出 → 歯の弛緩動揺【歯槽骨が溶け出す】→ 咀嚼時疼痛・咀嚼困難 → 歯が脱落

*プラーク:食後しばらくすると歯の表面に現われる黄白色の粘着物で、口腔の常在細菌が沈着増殖したもの。むし歯は、プラーク中の細菌が食物中の糖を発酵して作り出した酸によって、歯が溶かされて崩壊していく疾患である。一方、歯槽膿漏症は、プラーク中の細菌毒素で引き起こされる歯肉(歯ぐき)の炎症が、歯を支えている歯周組織に波及し、歯根膜が破壊され歯槽骨が溶けていく疾患である。

歯肉炎とは Gingivitis

歯周病菌の侵入による歯肉の炎症。(歯肉のみの炎症で、歯根骨や歯槽骨は健全)
年齢と共に増加。成人の大部分は、常に軽度の慢性歯肉炎の状態にある。

原因:歯垢、歯石の沈着、不適合な補綴物、充填物、食物圧入、口呼吸。

症状:歯肉辺縁部の発赤、腫脹。
   歯みがきやリンゴをかじると出血しやすい状態、疼痛はない。

予防:ブラッシングによるプラークコントロールが有効。
予後:再発しやすい。

 

家庭で出来る歯周病のお灸のツボ(経穴・つぼ)

○お灸について »  

女膝=足のかかと陰陽の境

肩髃(けんぐう)、 翳風(えいふう)

歯肉炎ツボ1  歯肉炎ツボ2   歯肉炎ツボ3

 

歯周病の精神的および感情的要因

~一度決めた事を押し通すことができない。
~はっきりせず、ぐずぐずしている。

○歯肉出血
~人生のなかで選択したことに喜びをみいだせない。

歯周病におすすめのフラワーエッセンス

*感情・精神面のケアには… ⇒ 脳デトックス【アクセス・バーズ】がおすすめ!

 

歯周病のホメオパシーレメディー

Kali phos:出血を伴う。歯肉退縮。
Nat sulph:口が苦く、歯肉が焼け付くような痛み。口臭。
Silicea:膿。歯槽膿漏症。歯肉退縮。冷たいものでしみる。
Carbo veg:食事時疼痛。出血しやすい。歯肉が赤黒い。ガスなど胃腸障害伴う。
Kali phos:出血しやすい。神経質。
Merc solubis:歯肉退縮。出血しやすい。痛みが顔面、耳にも。口内炎。夜は軽減。

 

歯周病のヨガ・セラピー

歯周病ヨガ

アサナ
 スリヤナマスカ
プラナヤマ シータリ、 シータカリ

 

歯周病のレイキ・ヒーリング(霊気療法)

レイキ・ヒーリングについて »

チャクラについて »

Chakras:ヴィシュッダ・チャクラ Vishuddha(Throat Chakra)

      マニプラ・チャクラ Manipura(Solar plexus Chakra)

Positions:基本ポジション+反応のあるところ、顎関節、肝臓。

歯周病レイキヒーリング1歯周病レイキヒーリング3

お口の中のエナジーに働きかける ハッピーマウス がおすすめ!