耳鳴り-病気・症状と治療


耳鳴り-病気・症状と治療

耳鳴り Tinnitus

耳鳴り

▪ 耳鳴りとは
▪ 家庭で出来る耳なりのお灸のツボ
▪ 耳なりの精神的および感情的要因
▪ 耳なりのホメオパシーレメディー
▪ 耳なりのレイキ療法

WHO(世界保健機構)では、鍼灸治療が 耳鳴り に適応であることを認めています。

耳鳴りとは

外界からの音刺激がないのに生ずる音感覚。

耳鳴りの種類

  • 非振動性耳鳴り〔自覚的耳鳴り〕
    • 音響刺激なしに生ずる耳鳴りで、患者のみに聞こえる。
    • 腫瘍、動脈瘤、血管壁の硬化などによって神経が圧迫されたり、あるいは細菌、薬物、乏血などが刺激を与えると考えられる。
  • 振動性耳鳴り〔他覚的耳鳴り〕
    • 耳鳴りの音源を捉えうるもの。(体内に雑音源があり、第二者にも聞こえる)
    • 呼吸性、筋肉性、血管性、あるいは顎関節性に生ずる。(耳管開放症による呼吸音、耳小骨筋などの攣縮による間欠音、脳底動静脈嬉などの拍動性耳鳴り、など)

*耳鳴り患者の大部分(約95%)は、他の耳症状を合併する。
 (難聴[約95%]、めまい[約35%]、耳痛[約20%]、耳閉塞感[約10%]など)

耳鳴りの原因疾患

  • 内耳障害性(約75%)
    • 老人性難聴(約25%)
    • メニエール病(約20%)
    • 騒音性難聴(約10%)
    • 突発性難聴(約10%)
  • 外耳・中耳障害性(約20%)
    • 中耳炎(約50%)
    • 耳垢塞栓(約20%)
    • 外耳道異物
  • その他(後迷路性障害、全身性疾患など)

*一般に、低調性耳鳴りは中耳疾患によることが多く、高調性耳鳴りは内耳性、中枢性のことが多い。

鍼灸治療では

耳鳴りがあるが聴力障害はない無難聴性耳鳴りが適応となる。

家庭で出来る耳鳴りのお灸のツボ(経穴・つぼ)

○お灸について »  

竅陰(きょういん)=耳を縦に二つ折にした先端があたるところ、
完骨(かんこつ) 中渚(ちゅうしょ)

 耳なりツボ1耳なりツボ6
 耳なりツボ2

○管狭窄によるもの→照海(しょうかい)
○狭心症によるもの→足裏第二指付け根中央
   耳なりツボ3耳なりツボ4

 

耳なりの精神的および感情的要因

~聞くことを拒んでいる。

~内なる声に耳を傾けていない。

~頑固さ。

耳なりにおすすめのフラワーエッセンス

*感情・精神面のケアには… ⇒ 脳デトックス【アクセス・バーズ】がおすすめ!

 

耳なりのホメオパシーレメディー

Salicylic Ac.:
Ferrum phosphoricum:
Magnesium phosphate:

 

耳なりのレイキ・ヒーリング(霊気療法)

レイキ・ヒーリングについて »

チャクラについて »

Chakras
  アジナ・チャクラ Ajna(3rd Eye Chakra)
  スヴァディスタナ・チャクラ Svadhistana(Sacral Chakra)

Positions
  基本ポジション+反応のあるところ、耳、腎臓。

耳なりレイキヒーリング1耳なりレイキヒーリング2