じんま疹-病気・症状と治療


じんま疹-病気・症状と治療

じんま疹

▪ じんま疹とは
▪ 家庭で出来るじんま疹のお灸のツボ
▪ 精神的および感情的要因
▪ じんま疹のホメオパシーレメディー
▪ じんま疹のハーブ療法
▪ じんま疹のレイキ療法

じんま疹の概念

皮膚に一過性のかゆみを伴う炎症性の限局性浮腫(膨疹)を繰り返して生ずる状態。

 *蕁麻(じんま)=いらくさ
 *膨疹:皮膚の紅斑と浮腫を伴った隆起、じんま疹に典型的な症状(皮疹)

じんま疹の病態

  • 膨疹
     何らかの原因で皮膚の肥満細胞が活性化されとスタミンが遊離
      →血管透過性が亢進し、血漿が漏出
      →真皮上層に浮腫
  • 痒み
     ヒスタミンが知覚神経終末のレセプターに結合して生じる。

じんま疹の原因

  • 抗原特異的IgE抗体を介するアレルギー
  • 補体を介するアレルギー
  • 肥満細胞へ直接作用する物質
  • アラキドン酸代謝を活性化させる薬剤

○アレルギー性(I型アレルギーが多い)

  • 牛乳、鶏卵、青魚、そば、カニ、エビ 【食品性抗原】
  • 花紛、ハウスダスト 【吸入性抗原】
  • 薬物(ペニシリン)、虫刺され 【薬剤性抗原】

○非アレルギー性(大部分)

  • アヘン、抗生物質、造影剤、化学接触物質
  • アスピリン、非ステロイド性消炎鎮痛薬

じんま疹の症状

  • 一過性
     症状は数分~数時間で消退。
  • 皮膚の発赤、掻痒感で発症
     丘疹状の膨疹ができる 【境界明瞭な限局性の浮腫(膨疹)】

・水泡形成はない

じんま疹の合併症

血管性浮腫; 【皮下組織を含む皮膚、粘膜に生じるじんま疹をいう】
 眼瞼、口唇、舌や咽頭、鼻粘膜~気管支にも出現することがある
 → 呼吸困難に注意

 

家庭で出来るじんま疹のお灸のツボ(経穴・つぼ)

肩髃(けんぐう)、 裏内庭(うらないてい)

    じんま疹ツボ1     じんま疹ツボ2

 

じんま疹の精神的および感情的要因

~小さな、隠れた不安・恐れ。

~ささいなことをおおげさに言う・見せる。

じんま疹におすすめのフラワーエッセンス

*感情のクリアリングには…
   ⇒ ヘッド・セラピー【アクセス・バーズ】がおすすめです!

 

じんま疹のホメオパシーレメディー

  • Urtica
  • Arsen alb.
  • Magnesium phosphate

 

じんま疹のハーブ療法

  • ケープアロエ(Aloe ferox)
  • ウィッチヘーゼル(Hamamelis virginianum)
  • キンセンカ(Calendula officinalis)
  • ラベンダー(Lavendula officinalis)

 

じんま疹のレイキ・ヒーリング(霊気療法)

レイキ・ヒーリングについて »

チャクラについて »

Chakra:マニプラ・チャクラ Manipura(Solar plexus Chakra)

Positions:基本ポジション+反応のあるところ、肝臓、大腸、胸腺。

じんま疹レイキヒーリング2じんま疹レイキヒーリング3

 

HOME