フラワーエッセンス

インパチエンス【フラワーエッセンス】必要な人の16パターンとその効果は

バッチフラワーレメディ【インパチエンスについて】

  インパチエンスの効果

 

インパチエンス Impatiens ~ The Time Flower インパチエンス Impatiens ~ The Time Flower

インパチエンスはどんな人にいいの?どんな効果が?

インパチエンスは、その名の通り、せっかちで、イライラしがちな人のためのレメディーです。

誰もがこのような状態に陥る可能性がありますが、もとからのインパチェンスタイプもいて、人生を急いで進み、人に邪魔されるのを嫌います。

煩わしさを避けるために、一人で仕事をすることを好みます。人と協力するより自分一人でやった方が早く仕上がると思っています。

このレメディは、人と接するときに焦らず、よりリラックスして接することを助けてくれるでしょう。

また、興奮した思考や感情を落ち着かせるのにも役立ちます。

 

*以下のパターンが2つ以上あればインパチエンスを必要としています。

  • 精神的に緊張していて、あせりで内心かき立てられる。
  • よく時間にせめたてられていると感じる。
  • すべてが速くスムースにいってくれればいいと思う。
  • すべて速く終わらせたい。じっくり待つのが苦手。
  • 仕事も話すのも食べるのも他の人より早い。
  • 自分より仕事が遅い人にイライラし耐えられない。
  • 人が言おうとしていることを途中で止めることがある。
  • 話を最後までしないことがある。
  • 決断を急いでしまう傾向がある。
  • 家で一人で自分のペースでできる仕事が好きだ。
  • 自立心が強い。
  • 短気で、カッとなるとすぐ爆発させてしまう。
  • やりかけの仕事をもうやりたくないと途中で止めてしまう。
  • レストランなどでいい接客を受けないと不満を訴える。
  • 病気の時、すぐ良くなると思いこむ。
  • 子供の場合、じっとしてられない。かんのむし。多動症。

 

インパチエンス対応のツボ

光明(こうめい) GB 37

インパチエンスのツボ

 

バッチフラワーエッセンス【インパチエンス】の購入はこちら⇒


 

  インパチエンスの花イラスト

 

アグリモニー フラワーエッセンス

アグリモニー【フラワーエッセンス】必要な人の15パターンとその効果は

アグリモニー Agrimony フラワーエッセンス 以下のパターンが2つ以上あればアグリモニーを必要としています。平和で調和のとれた雰囲気の中で暮すことを好む。自分の周りの少しの不調和や もめ事…

アスペン フラワーエッセンス

アスペン【フラワーエッセンス】必要な人の14パターンとその効果は

アスペン Aspen フラワーエッセンス 以下のパターンが2つ以上あればアスペンを必要としています。理由もない、原因もわからない恐怖感や危機感を感じたことがある。一人のとき、または人と一緒のとき、急に…

オリーブ-フラワーエッセンス

オリーブ【フラワーエッセンス】必要な人の9パターンとその効果は

オリーブ Olive フラワーエッセンス 以下のパターンが2つ以上あればオリーブを必要としています。もぬけのから。長期間のストレス、または病気などで疲れきっている。疲れはて…

クレマチス-フラワーエッセンス

クレマチス【フラワーエッセンス】必要な人の24パターンとその効果は

クレマチス Clematis フラワーエッセンス 以下のパターンが2つ以上あればクレマチスを必要としています。心ここにあらず、今に集中出来ることが少ない。夢想が多く注意力散漫、怠惰。現状にあまり関心を示さず、自分の世界の中にこもっていることが多…

ビーチ-フラワーエッセンス

ビーチ【フラワーエッセンス】必要な人の13パターンとその効果は

ビーチ Beech フラワーエッセンス 以下のパターンが2つ以上あればビーチを必要としています。他人の誤りをすぐに見抜く。どんな状況でも悪い方に目がいってしまう。誰もが完璧でないことが許せない。他の人を評価・非難する立場にいる。自分に対して厳しい、厳しすぎ…

 

  

アグリモニーアスペンビーチセントーリーセラトーチェリープラムチェストナットバッドチコリークレマチスクラブアップルエルムゲンチアナゴースヘザーホリーハニーサックルホーンビームインパチエンスラーチミムラスマスタードオークオリーブパインレッドチェストナットロックローズロックウォータースクレランサススターオブベツレヘムスイートチェストナットバーベインバインウォルナットウォーターバイオレットホワイトチェストナットワイルドオートワイルドローズウィローレスキューレメディ

 

参考サイト:The Bach Centre