ゲルソン療法

ヒポクラティススープ【ゲルソン療法】つくり方とアレンジ

ヒポクラティススープつくり方とアレンジ

ゲルソン療法では毎日2杯は飲むようにすすめているヒポクラティススープ。

スーザンさん Susan Resig が作り方をとても詳しく説明してくれているのを見つけたので、これを参考に作ってみた。

彼女の3日分くらいの材料

  • トマト 2~3個
  • じゃがいも 2~3個
  • 玉ねぎ 1個
  • にんにく 4~5かけ
  • リーク(長ネギ) 1-2本
  • セロリの茎 2本
  • パセリの葉 3本
  • セロリの根 1/2個
  • 水 2.5~3ℓくらい

セロリの根というのが馴染みがなく、まず普段は見かけることもない。
セロリアックというらしいが、ネットで検索すると1個1000円以上!
とても普段使いには無理なので、何か自分で特別なときに楽しみにしておくことに。
なんとなくカブで代用、今度は大根にしてみようかな。

リークもネギとはちょっと違うらしいけど、あまりこだわらず長ネギで。

スーザンさんは、毎日3回飲んでいるそうで、他の料理のブースとしてダシのように使ったりしていて、まさに基本の基本みたい。

作り方は、材料すべてを1センチ角くらいに切って鍋に入れ、ぐつぐつしてきたら弱火で2時間以上煮込む。
シャトルシェフ を使うと簡単。夜入れて朝にはいい感じに。
火を止め、粗熱がとれたら フードミル でこして液体スープだけにする。

フードミルは、便利そうだけど、みそこし 味噌こし 名人 で代用。

お味は… うすーい野菜ダシというところかな。

 

長生きみそ玉 を減塩みそを使って、さらに1杯分の量を半分の15gほど入れたらちょっと美味しい。薬味も入れちゃえ。