コブラの襲撃ポーズ
ヨガ, ヴァジラサナ・グループ

コブラの襲撃ポーズ (シャシャンカ・ブジャンガサナ)【ヴァジラサナのヨガ10】

ヴァジラサナをご紹介します《コブラの襲撃ポーズ》

ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas

シャシャンカ・ブジャンガサナ
SHASHANK BHUJANGASANA शशांक भुजंगासन

《コブラの襲撃ポーズ》

 
コブラの襲撃ポーズ
 

マルジャリアサナ のポーズをとる。
そこから シャシャンカサナ のポーズにもっていき、腕は肩幅で床についていること。
手の位置はそのままで、ゆっくりと鼻から胸が床をはうようにしてスライドさせる。
腕をまっすぐのばし胸を前にだし上につき出す。
恥骨は床についているか、できるだけ近づける。
ここで ブジャンガアサナ をとり、数秒間呼吸を止める。
ゆっくりと腰をあげ、元のシャシャンカサナの位置にもどる。
これで1ラウンドとする。
次のラウンドを行う前にしばらく体を休めリラックスさせる。
5~7ラウンド行う。

Breathing:前にスライドしながら吸気。
ブジャンガアサナで呼吸を止め、シャシャンカサナに戻りながら呼気。

Awareness:Physical- 呼吸と動作をシンクロナイズさせることに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ
に。

Sequence:このアサナはシャシャンカアサナの後に行い、続けて タダサナ を行うとよい。

Benefits:ブジャンガサナとシャシャンカサナと同じような効果が得られる。
さらに背部の柔軟性をやしなうのにとてもいい。
このアサナで骨盤部、腹部に働きかけ 月経異常 など女性生殖器系の不調にとてもいい。
内臓器管、とくに肝臓、腎臓などの調節に役立つ。
さらに、腰痛、背部痛、脊髄の問題も緩和させることができる。

Practice note:手のポジションは初めから終わりまで同じ位置をキープすること。

 

エカ・パダサナ

片足のポーズ – エカ・パダサナ【均衡のアサナのヨガ5】

片足のポーズやり方説明。両足を閉じて直立し、全身リラックスさせる。両手を頭上に伸ばし、掌を下向きにし、両手指を組み合わせる。ゆっくりと上半身を前に倒す。同時に左足を後ろに伸ばす。

達人のポーズ シッダサナ【メディテーションのヨガ4】

瞑想のヨガ-シッダサナ-達人のポーズやり方説明。足を前に真っ直ぐのばして座る。手は膝の上でニャナムドラかチンムドラまたはチンマヤムドラをつくる。目を閉じ全身リラックスさせる。

容易ポーズ

容易ポーズ【メディテーションのヨガ1】

瞑想のヨガ-容易ポーズやり方説明。もっとも簡単でらくに座っていられるポーズである。左右の体重の掛かり方など身体のバランスをとることに集中する。軽い浮遊感を感じるかもしれない。

バランシングヨガ

【均衡のアサナのヨガ】ヨガ・セラピー

均衡のヨガ・アサナ一覧。

天秤のポーズ

天秤のポーズ【パドマサナのヨガ8】

トラングラサナ(天秤のポーズ)のやり方。ヨガ・セラピーのご案内をしています。ヨガ・アサナをご紹介。

エカ・ハスタ・ブジャンガサナ
ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

片手コブラのポーズ【均衡のアサナのヨガ17】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《片手コブラのポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

エカ・ハスタ・ブジャンガサナ EKA HASTA BHUJANGASANA

《片手コブラのポーズ》

 
片手コブラのポーズ
 

両足を前に出して床に座る。
左膝を曲げ左腕の外側でできるだけ高く上げる。両手掌を床につける。
右手掌は右足の外側で床につけること。
目の高さで前面の一点を決め凝視する。全身を床から上げていく。
このとき、右足は膝が曲がらないようにし、両腕とは垂直になるようにする。
このポジションで苦痛を感じない程度にできるだけ長い時間をとる。
ゆっくり身体を床に下げていきスタートポジションに戻りリラックスさせる。
左右の足を入れ替えて同じ動作を繰り返す。

Other detailsドヴィ・ハスタ・ブジャンガサナ に準ずる。

 

エカ・パダ・プラナマサナ

片足立位合掌ポーズ【均衡のアサナのヨガ1】

片足立位合掌ポーズーエカ・パダ・プラナマサナやり方説明。このアサナは神経バランスを向上させる。足、足首を鍛える。最初から最後まで常に自然呼吸。アジナ・チャクラまたはアナハタ・チャクラに。

スクワットポーズ

スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ8】

スクワットポーズ-ウッタナサナ-UTTHANASANA-उत्तानासन このアサナで背中の筋肉、骨盤、子宮が強化できる。腿、膝、足首にもいい。体内のプラナの流れを活性化させることができる。腰をおろしながら呼気。腰をあげながら吸気。

背部伸展ポーズ

背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ2】

背部伸展ポーズやり方説明。このアサナはハムストリングをストレッチさせ、また股関節の柔軟性を養う。腹部のマッサージ効果があり、肝臓、脾臓、腎臓、副腎など内蔵を正常な状態に保つ。

三角のポーズ

三角のポーズ【立位のアサナのヨガ12】

三角のポーズやり方説明。両足を1mくらい開いて直立する。右足の足先を右に向ける。両腕を真横に広げ、肩の高さにもってくる。両腕が一直線になっていること。腰から上を右にたおす。前にひねらないこと、真横に。右の膝は少し曲げてもよい。

満コブラのポーズ

満コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ4】

満コブラのポーズやり方説明。このアサナは大人、もしくは12歳以上の年齢に達していることが望ましい。両膝を曲げ、足先を上げる。頭、首、肩をさらに後ろにストレッチさせ、頭部が足指か足裏につくようにする

両手コブラのポーズ
ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

両手コブラのポーズ【均衡のアサナのヨガ16】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《両手コブラのポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

 

ドヴィ・ハスタ・ブジャンガサナ DWI HASTA BHUJANGASANA

《両手コブラのポーズ》

 
両手コブラのポーズ
 

両足を45㎝開いて立つ。膝を曲げスクワットのポジションをとる。
両足の間に両手をもってきて、手掌を床につける。
目の高さで視線を定め、凝視する。両足を床から離していき、左足を<右腕の外側から包むようにして上腕にもたれかける。
ここでバランスを整える。
体重を両腕にゆっくり移しつつ、右足を上げていく。右足を右腕、肘より上にゆっくり休ませる。
ここまでをバランスが崩れないように注意しながら行う。最終ポジションでは全体重が腕と手で支えれていること。
無理を感じない程度にできるだけ長くこのポジショを保つ。
ゆっくりとスタートポジションに逆順で戻していく。

 

アドバサナ

伏臥死体のポーズ【リラクゼーションのヨガ2】

アドヴァサナ ADVASANA अद्वासन 伏臥死体のポーズやり方説明。椎間板ヘルニア、頚のこりの強い人、不眠症などにはとてもいいポーズで、睡眠時にも使用できる。マントラを唱えてもよい。

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

inverted

ニラーランバ・シルシャサナ【逆転のヨガ・アサナ13】

ニラーランバ・シルシャサナ

ハスタ・パダングシタサナ

ハスタ・パダングシタサナ【前曲のヨガ・アサナ8】

ハスタ・パダングシタサナやり方説明。このアサナは股関節の柔軟性を養う。足腰のバランス力をつけ、姿勢を安定させ、しなやかさを身につける。肥満には足腰の引き締めになる。

ヴァジラサナ

金剛杵のポーズ ヴァジラサナ【ヴァジラサナのヨガ1】

ヴァジラサナ-金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで腰部の血行をよくし、筋肉を鍛え、神経を刺激することができる。消化機能を整え、とくに胃酸過多や胃潰瘍には効果的である。このポーズは努力しなくても背筋がまっすぐになるため瞑想にとてもいいアサナのひとつである。

満コブラのポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

満コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ4】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《満コブラのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

プールナ・ブジャンガサナ POORNA BHUJANGASANA
पूर्ण भुजङ्गासन

《満コブラのポーズ》

 
満コブラのポーズ
 

ブジャンガサナ をとる。このポーズを保ちながら数回深く呼吸する。
両膝を曲げ、足先を上げる。
頭、首、肩をさらに後ろにストレッチさせ、頭部が足指か足裏につくようにする。
このポジションで苦痛を感じない程度にできるだけ時間をおく。
足を下ろし、元のブジャンガサナに戻り数秒間リラックスする。
ブジャンガサナをほどき、うつ伏せになる。
顔はどちらか横にし、腕は体の横に置き全身リラックスさせる。

Breathing:ブジャンガサナをとりながら吸気。
足を上げ頭に触れながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。
ブジャンガサナに戻りながら呼気。
ブジャンガサナからうつ伏せになりながら呼気。

Duration:3ラウンドまで。徐々にポーズの時間を長くしていく。

Awareness:Physical-呼吸と動作がシンクロナイズされていることに。
脊椎がリラックスされ腹部・胸部がストレッチされていることに。
1ラウンドごとに鼓動が自然になるまで呼吸することに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Sequence:前曲のアサナを順次行うことで、より高い効果が得られる。

Practice note:このアサナは大人、もしくは12歳以上の年齢に達していることが望ましい。

Benefits:ブジャンガアサナと同様だが、もっと効果が高い。

 

アーダ・チャンドラサナ

半月のポーズ【反曲のヨガ・アサナ13】

半月のポーズやり方説明。このアサナは身体全体を弛め、活気づける。特に女性の卵巣、子宮、尿路の問題に対してとてもいいアサナである。首、胸にストレッチを与えるため呼吸器官の問題(風邪、咽頭炎などを含む)にとてもいいエクササイズとなる。

車輪のポーズ

車輪のポーズ【反曲のヨガ・アサナ18】

車輪のポーズ-チャクラサナ-CHAKRASANA-चक्रासन このアサナは神経系統、消化器系統、心臓血管系統など調節し、腺からの分泌物の調節を行うことができる。百会で上半身の体重を支え、ゆっくり全身を持ち上げる。

トカゲのポーズ

トカゲのポーズ【反曲のヨガ・アサナ14】

トカゲのポーズやり方説明。横隔膜の強化に。肩こり、腰痛、背部痛などにいいエクササイズである。体幹を持ち上げながら吸気。体幹を下げながら呼気。動作と呼吸がシンクロナイズされていることに。

牛顔のポーズ

牛顔のポーズ【反曲のヨガ・アサナ19】

牛顔のポーズやり方説明。このアサナはリラクゼーションにとてもいい。疲れをほぐし、緊張、不安を和らげるのに10分以上行ってもよい。背部痛、腰痛、座骨神経痛、リウマチや肩、首の凝りにもよい。

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

捻コブラのポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

捻コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ3】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《捻コブラのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

ティルヤカ・ブジャンガサナ
TIRYAKA BHUJANGASANA तिर्यक भुजङ्गासन

《捻コブラのポーズ》

 
捻コブラのポーズ
 

両足を50cmくらい開いて ブジャンガアサナ をとる。足の指を立て踵を上げる。
ブジャンガサナでは頭を後ろに傾けるが、ここでは正面を向いたままにしておく。
顔と体幹を左にひねる。目線は左肩越しに右踵を見つめる。
この最終ポジションでは腕はまっすぐに伸ばしておくか、体幹のひねりにそって曲げてもよい。
腹部が斜めにストレッチされるのを感じる。
臍は床になるべく近づけておき、背部はリラックスさせる。
ここで数秒間おく。
顔と体幹を正面に向け直し、反対側に同様にひねっていく。
正面に戻り、上体を床におろしていく。
これで1ラウンド。

Breathing:体を上げながら吸気。ひねっている間は呼吸を止める。体を下げながら呼気。

Duration:3~5回。

Awarness:Physical-背筋と腸のストレッチに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Benefitsブジャンガサナ と同様の効果が得られるが、このアサナでは特に腸に働きかけることができる。

 

満バッタのポーズ

満バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ8】

満バッタのポーズやり方説明。うつ伏せで吸気。足を上げながら呼吸を止める。最終ポジションで自然呼吸。元のポジションに戻りながら呼吸を止める。このアサナは上級者、柔軟性のある人のみ行うこと。

満コブラのポーズ

満コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ4】

満コブラのポーズやり方説明。このアサナは大人、もしくは12歳以上の年齢に達していることが望ましい。両膝を曲げ、足先を上げる。頭、首、肩をさらに後ろにストレッチさせ、頭部が足指か足裏につくようにする

牛顔のポーズ

牛顔のポーズ【反曲のヨガ・アサナ19】

牛顔のポーズやり方説明。このアサナはリラクゼーションにとてもいい。疲れをほぐし、緊張、不安を和らげるのに10分以上行ってもよい。背部痛、腰痛、座骨神経痛、リウマチや肩、首の凝りにもよい。

弓引のポーズ

弓引のポーズ【反曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 反曲のアサナ » 弓引のポーズ 反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓引のポーズ》   プールナ・ダヌラサナ POORNA DHANURASANA पूर्ण धनुरासन 《弓引のポーズ》     うつ伏せになり、両膝を曲げる。人差し指と中指で足の親指をつかむ。これがスタートポジション。頭、胸、腿を上げ、足先がなるべく頭の近くにくるようにする。両肘は上を向いていること。この最終ポジションでは全身が弓矢を引いているときの弓のようにストレッチされていること。このポーズで苦痛を感じない程度でできるだけ時間をとる。ゆっくりと指を足から放し、スタートポジションに戻る。うつ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。 Breathing:スタートポジションで深く吸気。体を上げながら呼吸を止める。最終ポジションでは呼吸を止めるか、もしくは深い呼吸を。体を下げながら呼気。 Awareness:Physical-腹部もしくは背部に。 Spiritual- マニプラ・チャクラ に。 Contra-indications:このアサナは上級者、柔軟性の高い人のみ行うこと。 Benefits:ダヌラサナ とほぼ同じだが、より高い効果が得られる。  

橋のポーズ

橋のポーズ【反曲のヨガ・アサナ15】

橋のポーズやり方説明。両足を前に出して座る。骨盤の横、後ろに30cmくらいのところで手掌を床につける。指先は後方を向いていること。肘を伸ばしやや上体をろらせておく。

コブラのポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ2】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《コブラのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

ブジャンガサナ  BHUJANGASANA भुजङ्गासन

《コブラのポーズ》

 
コブラのポーズ
 

うつ伏せで腹ばいになる。おでこは床につけ、両足は閉じてまっすぐに。
両掌を両肩と並ぶように伏せて置く。
指は全て閉じ、指先が正面を向くようにしておく。
両肘は開かないように体にそえる。全身、特に腰部をリラックスさせる。
ゆっくりと頭から肩、胸を上げる。このときは背筋を使って起きあがるようにする。
今度は腕に力を入れ、体を持ち上げ、背を反らす。
できるなら肘をまっすぐに伸ばす。
頭を静かに少し後ろに傾け、顎が正面を差し、後頚部には圧がかかるように。
この最終ポジションでは骨盤は床から浮いてしまわないようにし、臍は床から3cm以上離さないこと。
それ以上だと腰部の屈曲より、膝の屈曲が大きくなってしまう。
腕は伸ばしてもよいが、背部が硬いようなら曲げておいてもかまわない。
元のスタートポジションに戻るには、
まず頭を下げ、腕を曲げ上半身をゆるめ、臍、胸、肩、前額の順にゆっくりと床につけていく。
腰部をリラックスさせる。これで1ラウンド。

Breathing:体幹を上げながら吸気。
最終ポジションでは自然呼吸、または時間が短ければ呼吸を止める。
体幹を下ろしながら呼気。

Duration:5ラウンドまで行ってもよい。除々に最終ポジションでの時間を長くとれるよう練習していく。

Awareness:Physical- 呼吸と動作がスムーズにシンクロナイズされていることに。背部のアーチに。
Spiritual-
スヴァディスタナ・チャクラ に。

Sequence:このアサナの後に前屈のアサナを行うと非常に効果が高い。
さらに背部・腰部のためには シャラバサナダヌラサナ の後に行うとよい。

Contra-indications胃潰瘍・ヘルニア・結核甲状腺機能亢進症の人は指導者のもとで行うこと。

Benefits:このアサナにより脊椎のずれを矯正することができる。
背部痛・腰痛をやわらげ、調整する。脊髄神経にも働きかけることができ、それらの働きをたすける。
生殖器の調節にもなり、産婦人科系の問題や 月経異常 などによいエクササイズである。
便秘を解消し、食欲を整える。
すべての内臓にもよく、特に腎臓・肝臓によい。
副腎のマッサージ効果もあり、ホルモンの働きを正常にさせる。
このアサナではプラナ(気)のレベルに大きく影響を与えることができ、
スヴァディスタナ、マニプラアナハタヴィシュッダ・チャクラ に働きかけることができる。

 

牛顔のポーズ

牛顔のポーズ【反曲のヨガ・アサナ19】

牛顔のポーズやり方説明。このアサナはリラクゼーションにとてもいい。疲れをほぐし、緊張、不安を和らげるのに10分以上行ってもよい。背部痛、腰痛、座骨神経痛、リウマチや肩、首の凝りにもよい。

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

満バッタのポーズ

満バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ8】

満バッタのポーズやり方説明。うつ伏せで吸気。足を上げながら呼吸を止める。最終ポジションで自然呼吸。元のポジションに戻りながら呼吸を止める。このアサナは上級者、柔軟性のある人のみ行うこと。

コブラのポーズ

コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ2】

コブラのポーズやり方説明。産婦人科系の問題や月経異常などによいエクササイズである。便秘を解消し、食欲を整える。特に腎臓・肝臓によい。副腎のマッサージ効果もあり、ホルモンの働きを正常にさせる。

半バッタのポーズ

半バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ6】

半バッタのポーズやり方説明。このアサナは、背部・腰部の弱い人、ビギナー向けにとてもいいエクササイズとなる。うつ伏せになり、額を床につけておく。呼吸と動作がシンクロナイズしていることに。足の先から手先まで全身が対角ストレッチされて