湯治日記

乳ガンにおすすめの食べ物とおすすめしない食べ物


一般的な癌に良いとされる食べ物を調べて多くとるようにしていたところ、実は乳ガンにはあんまりよくないかも…えー!ということもあったので、乳ガンにいいといわれている食べ物、控えた方がいいといわれる食べ物のまとめ。

乳ガンといってもタイプがあり、体質や個人差もあるので、それぞれで自己判断が必要。

参照サイト https://foodforbreastcancer.com/ (あまりに日本で使われていない食材は省く)

乳ガンにいいらしい食べ物

野菜
ルッコラ
ピーマン
白菜
ブロッコリ
芽キャベツ
キャベツ
人参
カリフラワー
セロリ
きゅうり
ニンニク
とうがらし
ケール
コールラビ
レタス
マッシュルーム
からし菜
オリーブ
玉ねぎ
かぼちゃ
ネギ
海藻
トマト
カブ カブ菜
クレソン
ズッキーニ

フルーツ
リンゴ
ブラックベリー
ブルーベリー
チェリー
クランベリー
ぶどう
コケモモ
ザクロ
ラズベリー
いちご
スイカ

豆類
黒インゲン
キドニー豆
シロインゲンマメ
ピンクビーンズ
ピントビーンズ
レッドビーンズ
大豆
ホワイトビーンズ
豆腐

肉類 デイリー
オーガニックチキン
ケフィア
低脂肪ヨーグルト
オーガニックターキー

ナッツ類
フラックスシード
ごま
クルミ

調味料 ソース
はちみつ
わさび
マスタード
トマトソース

飲料
コーヒー
緑茶

オイル
フラックスシードオイル
オリーブオイル
ゴマ油
クルミ油

魚類
イワナ
ニシン
サバ
天然サーモン
いわし

香辛料
バジル
クミン
こしょう
コリアンダー
ヒハツ
パセリ
サフラン
ターメリック

穀物
玄米
そば粉
韃靼そば

乳ガンによくないらしい食べ物

肉類 デイリー
ベーコン
焼き肉(バーベキュー)
牛肉
バター
チーズ
クリーム
食肉製品
ラム
レバー
牛乳
マトン

仔牛
全熟肉(ウェルダン)

魚類
乾燥ニシン
乾燥サバ
ニシン加工品
甲殻類
サバ燻製

飲料
アルコール
ビール
コーヒー
セージ茶
ワイン

ナッツ類
ビターアーモンド
パパイヤシード
ピーナツ
セサミシード

甘味料
玄米シロップ
ペルシパン
砂糖

スパイス ハーブ
ラベンダー
セージ
ワイルドジンジャー

調味料 ソース
肉汁を使ったソース(グレイビー)
ワカモレ
ペスト(バジルジェノヴェーゼ)
パパイヤのピクルス
大豆を使ったペースト(味噌)
シュリンプペースト

野菜
アボガド
フライドポテト
グリーンパパイヤ

フルーツ
グレープフルーツ

豆類
分離大豆蛋白

他に気になったもの

グレープフルーツ

乳がんとグレープフルーツ

グレープフルーツは(グレープフルーツジュースではなく)柑橘系に含まれるソラレンを摂取することで悪性黒色腫を増やす可能性があるかもしれないらしい。

ピンクグレープフルーツはナリンゲニンを含み、乳癌、胃癌、肝癌、子宮頸管癌、大腸癌、膵癌、白血病などの癌細胞でナリンゲニンによって細胞毒性が誘発されると報告されているとのこと。

グレープフルーツは発がん抑制作用があるとの報告も多々あり、ナリンゲニンがグルコース摂取を害することによりホルモン受容体陽性MCF-7乳癌細胞の増殖を阻害することが示されている。2009年の疫学調査ではグレープフルーツが乳ガンリスクにつながるエビデンスは得られないと公表。

ところがグレープフルーツがエストロゲンの代謝には関わっているらしく、そのため乳ガンリスクが高まるというエビデンスが得られている。2007年のある調査により、グレープフルーツの摂取が閉経後の女性の乳がんリスクの増加と関連していることを発見。

化学療法や内分泌療法を受けている間はグレープフルーツの摂取はさける。薬の作用を妨げる可能性が高い。もちろん個人差はあるが。

ジュースならいいのかという疑問も残るが、ホルモン受容体陽性乳ガンでは控えた方がよさそう。

アボガド

アボガドは一般的にヘルシーな食べ物として知られているが、脂肪分が高い。ある研究では、アボガドオイルを多く含む餌で、マウスの乳腺腫瘍の形成を促進することを発見。さらにアメリカで閉経後のラテンアメリカ人女性を対象とした調査で、アボカドの摂取がエストロゲン循環のレベル上昇と関連していることが明らかに。健康的な食品の代表的なものとしてあげられることが多いため、リスクとしての情報は得にくいらしい。

セージ

セージはホルモンに作用することで民間療法でよく取り入れられている。更年期症状のほてりや寝汗などにすすめられ、離乳期の母乳過多および乳腺の腫脹などにも効果がみられるといわれている。かたや母乳の分泌をうながすという目的にも使用されている。2015年に発表されたある研究では、セージのエキスを与えたマウスは与えなかったマウスと比べて、乳腺管の数と幅が増していた。母乳分泌とセージの関連性は詳しい研究がなされていないため、明らかになるまではセージの大量摂取や、ハーブティなどでの継続摂取は考えるべき。

ラベンダー

ラベンダーと乳がん

ラベンダーのエッセンシャルオイルはあらゆるものに使用されている。バストアップのためのクリームやサプリにも入っており、乳ガン患者でもラベンダーのエッセンシャルオイルを使ったアロママッサージを受けている人もいるとか。ラベンダーエッセンシャルオイルのペリリルアルコールという成分ががん予防に研究されてはいるが、2007年イギリスでは、普通の男の子の胸が大きくなった原因だと公表。さらに2018年、ラベンダーが入っているスキンケア製品がエストロゲンに影響を与えていることが明らかに。

牛乳

乳がんと牛乳

牛乳の摂取と大腸癌の研究は多く、前立腺癌や卵巣癌との関連も研究されており、牛乳の飽和脂肪が心疾患および癌へ影響を与えていると考えられている。乳がんではどうかというと、牛乳には有益な成分と有害な成分があるとのこと。
牛乳に含まれる成分であるカルシウム、ビタミンD、ステアリン酸、ラクタプチン、共役リノール酸(CLA)、ウシラクトフェリシンなどは乳がん細胞のアポトーシス(細胞死)誘導、もしくは乳腺腫瘍のサイズと発生率を低下させることが実験で明らかになっている。乳児期や小児期での牛乳の摂取は乳がんから守ってくれる役割をはたす。

いくつかの研究では牛乳の摂取は乳がんのリスクにはならないといっているものの、大人の牛乳摂取ではやはり考慮すべき。発がん性物質誘発による乳腺腫瘍をもつマウスでのある研究では、マウスの卵巣を摘出すると腫瘍の数と大きさが減少し、ミルクを与えると、卵巣摘出マウスの乳腺腫瘍の発生率と乳腺腫瘍の数と大きさが増加。無脂肪乳でも同様。主だったいくつかの調査でも牛乳摂取が乳がんリスクの要素になっており、動物性脂肪摂取の過多により乳房密度の増加、乳がんの危険因子および再発と関連していることを示している。

別のいくつかの研究では、牛白血病ウイルスが乳がんの一因となる可能性があると報告している。牛白血病ウイルスの感染は生乳と生牛肉の摂取による。まずそれらは避けるべき。2015年の調査では、乳腺組織に牛白血病ウイルスがある女性は、乳がん患者が3倍の数だった。パスチャライズ(低温殺菌)でそのウイルスは死滅する。

牛乳を全く取り入れないとなると他からカルシウムとビタミンD摂取を考えなくてはいけない。ケフィアは乳がんリスクを低下させるといわれている。

バジル

乳がんとバジル

バジルはベータカロチン、ルテイン、ウルソール酸、ビタミンKの摂取にとてもいい。バジルは酸化防止、抗炎症、抗菌、抗真菌などに強力である。

カルノソールという成分も含み、前立腺癌細胞の発がん抑制が証明されている。マウス実験では、バジルが肝癌の転移を抑制することが実証されており、肺癌の抑制にはバジルの葉のエキスが最も効果がみられた。白血病と腎臓の細胞の増殖抑制作用にはバジルオイルが際立っていた。胃の扁平上皮癌でもバジルオイルで著しく抑制されることがわかっている。

バジルを食材として使うのであれば問題はない。バジルのエッセンシャルオイルにはエストラゴールが含まれているため大量に用いると発癌のおそれがある。パスタソースであるペストはバジルを使って作られるが、やはりエストラゴールが含まれる。さらにペストには銅も多く含まれいるため、特に炎症性乳ガンとトリプルネガティブ乳ガンには血管新生と転移を招く可能性がある。エッセンシャルオイルとペストは全く利用しないか、月に一度くらいに控えた方がいいとのこと。