スフィンクスのポーズ【反曲のヨガ・アサナ1】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《スフィンクスのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas
 

 

スフィンクス・アサナ SPHINX ASANA

《スフィンクスのポーズ》

 
スフィンクスのポーズ
 

うつ伏せで腹ばいになる。おでこは床につけ、両足は閉じてまっすぐに。
両腕を曲げ掌を下向きにし、頭の横にもってくる。肘は体にそえておく。
全身リラックスさせる。頭を上げ、両腕の肘から下は床につけたまま体を支える。
肘は床と直角に開いているようにする。
このポジションでしばらく苦痛を感じない程度の時間をとる。
ゆっくりと元のうつ伏せに戻る。
これで1ラウンド。

Breathing:頭を上げながら吸気。元のうつ伏せに戻りながら呼気。
最終ポジションでは自然呼吸。

Duration:静的なポーズとして3~4分。動的ポーズとして続けて5ラウンド。

Awareness:Physical- 呼吸と背部のリラックスさせることに。
Spiritual-
スヴァディスタナ・チャクラ に。

Sequenceブジャンガサナ の前に行うとよい。次に前曲のアサナを持ってくるとよい。

Benefits:このアサナはブジャンガサナとほぼ同じだが、少しマイルドな効果となる。
特に背中の凝り、硬い人にはいい。
腰痛がある人は、できるだけゆっくりと長い時間を使ってエクササイズするとよい。

 


 
橋のポーズ

橋のポーズ【反曲のヨガ・アサナ15】

橋のポーズやり方説明。両足を前に出して座る。骨盤の横、後ろに30cmくらいのところで手掌を床につける。指先は後方を向いていること。肘を伸ばしやや上体をろらせておく。

蛇のポーズ

蛇のポーズ【反曲のヨガ・アサナ5】

蛇のポーズ-サルパサナ-SARPASANA-सर्पासन このアサナは感情を吐き出すのにとてもいい作用を及ぼすことができる。特に喘息の人にはいいエクササイズである。上体を上げる時と最終ポジションで呼吸を止める。

牛顔のポーズ

牛顔のポーズ【反曲のヨガ・アサナ19】

牛顔のポーズやり方説明。このアサナはリラクゼーションにとてもいい。疲れをほぐし、緊張、不安を和らげるのに10分以上行ってもよい。背部痛、腰痛、座骨神経痛、リウマチや肩、首の凝りにもよい。

頭と爪先立ちポーズ

頭と爪先立ちポーズ【反曲のヨガ・アサナ17】

頭と爪先立ちポーズやり方説明。このアサナは上級者のみ。背部を強化し柔軟性を養う。腹筋、腿、首の筋肉も同様に鍛える。指導者がいる場合は甲状腺のヨガセラピーとして用いることができる。

反曲のアサナ

反曲のアサナ【ヨガ・セラピー】

反曲のアサナは身体を反対向きにさせるポーズである。胸を開き呼吸しやすくさせ、それは生命力を吹き込み、全身に活力を与えてくれる。身体を反曲させることが特に難しいという人は、人生に向き合うことを恐れているとか、自らを愛することを躊躇していることが多い