ヨガ, 反曲のアサナ

弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ10】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

ダヌラサナ DHANURASANA धनुरासन

《弓のポーズ》

 
弓のポーズ
 

うつ伏せになり、両足は閉じて伸ばし、両手は体に添えておく。
両膝を曲げ、踵を体幹に近づける。
両手で足首をつかむ。顎を床に立てる。
これがスタートポジション。
足全体に力を込め、体幹から足を離すようにする。
腿は床から浮かせて、上体は後屈させる。
腕は曲げずに伸ばしたままにする。
頭は後ろに傾け、腹部で体全体を支えていること。
足の筋肉だけを使い、背中や腕は力を抜いておくこと。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
ゆっくりと足の力をゆるめ、スタートポジションに戻す。
うつ伏せになり、全身リラックスさせ呼吸が落ち着くまで休む。
これが1ラウンド。

Breathing:スタートポジションで深い吸気。体を上げながら呼吸を止める。
最終ポジションでは呼吸を止めるか、体を揺らしながら、ゆっくり深い呼吸をとる。
スタートポジションに戻りながら呼気。

Duration:3~5ラウンド。

Awareness:Physical-腹部に。背部、もしくは複式呼吸に。
Spiritual- ヴィシュッダ・チャクラアナハタ・チャクラ、または マニプラ に。

Sequence:このアサナは ブジャンガサナシャラバサナ の後に行うととてもよい。
そして、このアサナの次に 前曲のアサナ を持ってくること。
食後は行わず、3~4時間は空けること。

Cotra-indications:心臓の弱い人、また高血圧、ヘルニア、大腸炎、十二指腸潰瘍がある人はこのアサナは行わないこと。
このアサナは副腎を刺激し、交感神経優位にさせるため、夜、睡眠前には行わないこと。

Benefits:腹部のマッサージ効果が得られるため、肝臓、腎臓など内蔵にはとてもよい。消化を良くし、便秘にもよい。
生殖器官の機能を高め、膵臓、副腎の調子を整え、それらの分泌物の量を調節できる。
また全身の血行を良くする。腹部の余計な脂肪を取り除くことができる。
糖尿病月経異常 のヨガセラピーとしてとてもいいアサナである。
背部の柔軟性を養い、脊椎、脊椎神経の調節ができる。
喘息など胸部に問題がある場合にもとてもいいエクササイズで呼吸が楽に出来るようになる。

 

三角のポーズ

三角のポーズ【立位のアサナのヨガ12】

三角のポーズやり方説明。両足を1mくらい開いて直立する。右足の足先を右に向ける。両腕を真横に広げ、肩の高さにもってくる。両腕が一直線になっていること。腰から上を右にたおす。前にひねらないこと、真横に。右の膝は少し曲げてもよい。

反曲のアサナ

反曲のアサナ【ヨガ・セラピー】

反曲のアサナは身体を反対向きにさせるポーズである。胸を開き呼吸しやすくさせ、それは生命力を吹き込み、全身に活力を与えてくれる。身体を反曲させることが特に難しいという人は、人生に向き合うことを恐れているとか、自らを愛することを躊躇していることが多い

鶴の瞑想ポーズ

鶴の瞑想ポーズ(バカ・ディヤナサナ)【均衡のアサナのヨガ14】

鶴の瞑想ポーズやり方説明。両足を開きスクワットをする。足先の前で両手を床につけ、爪先立ちになりバランスをとる。両肘は少し曲げておく。両膝を安定させながら上半身を前に倒していく。膝の内側が腕の外側についていて、なるべく脇の近くにもっていく。

立位頭部膝間ポーズ

立位頭部膝間ポーズ【前曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 前曲のアサナ » 立位頭部膝間ポーズ 前曲のアサナをご紹介します《立位頭部膝間ポーズ》   ウッティタ・ジャヌ・シルシャサナ UTTHITA JANU SIRSHASANAउत्थित जानु शीर्षसन 《立位頭部膝間ポーズ》     両足を肩幅に開いて立つ。両腕は横におき、目線は正面。これがスタートポジション。両腕を前に伸ばし、肩の高さで止める。上半身を腰から前に倒していく。両手をふくらはぎに回し、片方の手で反対側の手首をつかむ。肘を曲げるようにして両腕で上半身を引き、頭を両膝の間にもってくる。両膝が曲がらないようにし、無理をしないこと。このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。手をほどき、ゆっくり上半身を起こしながら、両腕を肩の高さまで前に伸ばす。両手を脇におろし、スタートポジションに戻る。5ラウンドまで。 Breathing:腕を前に伸ばしながら吸気。身体を前に倒す前に呼気。身体を前に倒しながらと、最終ポジションで呼吸を止める。身体を起こしながら吸気。腕をおろしながら呼気。 Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに、背部を弛めることと膝を曲げないようにすることに。 Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。 Sequence: このアサナの後に サルパサナ、セトゥアサナ、ダヌラサナ などの 反曲のアサナ を続けて行うとよい。 Benefits:このアサナは膵臓を強化させる。腰部、ハムストリングを弛め、脊髄神経にマッサージ効果をもたらす。頭部への血行を良くし、脳を活性化させることができる。     両足を肩幅に開いて立つ。上半身を腰から倒していき、両腕を膝に回す、膝を少し曲げる。両肘を横に出し、腕が床と平行になるようにする。上半身を引き寄せ、両手を首の後ろに持っていき、指を組み合わせる。背部をリラックスさせる。無理せず、やや膝を伸ばす。目線は真後ろ。これが最終ポジション、数秒で十分である。戻る時は、まず膝を曲げ、手をほどき、ゆっくり上体を起こす。 Breathing:上半身を前に倒す前に呼気。首の後ろで指を組む前に吸気。膝を伸ばしながら呼気。最終ポジションで呼吸を止めるか、自然呼吸。上体を起こしながら吸気。  

エカ・パダサナ

片足のポーズ – エカ・パダサナ【均衡のアサナのヨガ5】

片足のポーズやり方説明。両足を閉じて直立し、全身リラックスさせる。両手を頭上に伸ばし、掌を下向きにし、両手指を組み合わせる。ゆっくりと上半身を前に倒す。同時に左足を後ろに伸ばす。