弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ10】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas
 

 

ダヌラサナ DHANURASANA धनुरासन

《弓のポーズ》

 
弓のポーズ
 

うつ伏せになり、両足は閉じて伸ばし、両手は体に添えておく。
両膝を曲げ、踵を体幹に近づける。
両手で足首をつかむ。顎を床に立てる。
これがスタートポジション。
足全体に力を込め、体幹から足を離すようにする。
腿は床から浮かせて、上体は後屈させる。
腕は曲げずに伸ばしたままにする。
頭は後ろに傾け、腹部で体全体を支えていること。
足の筋肉だけを使い、背中や腕は力を抜いておくこと。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
ゆっくりと足の力をゆるめ、スタートポジションに戻す。
うつ伏せになり、全身リラックスさせ呼吸が落ち着くまで休む。
これが1ラウンド。

Breathing:スタートポジションで深い吸気。体を上げながら呼吸を止める。
最終ポジションでは呼吸を止めるか、体を揺らしながら、ゆっくり深い呼吸をとる。
スタートポジションに戻りながら呼気。

Duration:3~5ラウンド。

Awareness:Physical-腹部に。背部、もしくは複式呼吸に。
Spiritual- ヴィシュッダ・チャクラアナハタ・チャクラ、または マニプラ に。

Sequence:このアサナは ブジャンガサナシャラバサナ の後に行うととてもよい。
そして、このアサナの次に 前曲のアサナ を持ってくること。
食後は行わず、3~4時間は空けること。

Cotra-indications:心臓の弱い人、また高血圧、ヘルニア、大腸炎、十二指腸潰瘍がある人はこのアサナは行わないこと。
このアサナは副腎を刺激し、交感神経優位にさせるため、夜、睡眠前には行わないこと。

Benefits:腹部のマッサージ効果が得られるため、肝臓、腎臓など内蔵にはとてもよい。消化を良くし、便秘にもよい。
生殖器官の機能を高め、膵臓、副腎の調子を整え、それらの分泌物の量を調節できる。
また全身の血行を良くする。腹部の余計な脂肪を取り除くことができる。
糖尿病月経異常 のヨガセラピーとしてとてもいいアサナである。
背部の柔軟性を養い、脊椎、脊椎神経の調節ができる。
喘息など胸部に問題がある場合にもとてもいいエクササイズで呼吸が楽に出来るようになる。

 


 
首のポーズ

首のポーズ【反曲のヨガ・アサナ16】

首のポーズやり方説明。仰向けになる。両足は少し開いて、膝を曲げて立てておく。両手は横に伏せておく。手足で踏ん張り体幹を持ち上げる。
百会を床に付け、頭と足でバランスを取る。バランスが取れたら、両腕を上げ胸の前で組む。

弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ10】

弓のポーズやり方説明。生殖器官の機能を高め、膵臓、副腎の調子を整え、それらの分泌物の量を調節できる。また全身の血行を良くする。腹部の余計な脂肪を取り除くことができる。

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

コブラのポーズ

コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ2】

コブラのポーズやり方説明。産婦人科系の問題や月経異常などによいエクササイズである。便秘を解消し、食欲を整える。特に腎臓・肝臓によい。副腎のマッサージ効果もあり、ホルモンの働きを正常にさせる。

頭と爪先立ちポーズ

頭と爪先立ちポーズ【反曲のヨガ・アサナ17】

頭と爪先立ちポーズやり方説明。このアサナは上級者のみ。背部を強化し柔軟性を養う。腹筋、腿、首の筋肉も同様に鍛える。指導者がいる場合は甲状腺のヨガセラピーとして用いることができる。