トカゲのポーズ【反曲のヨガ・アサナ14】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《トカゲのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas
 

 

ウッタン・プリスタサナ UTTHAN PRISTHASANA

《トカゲのポーズ》

 
ウッタン・プリスタサナ
トカゲのポーズ
 

うつ伏せになり、胸元で両腕を組んでおく。
両足は肩幅に自然に開いており、顔は正面を向いていること。
これがスタートポジション。
体幹を持ち上げ、両膝、両肘で体重を支える。
腕の下で顎を床につけ、そのまま胸も床につける。
始めから終わりまで肘の位置は動かさないこと。
ゆっくりと顎、胸を上げ、膝・肘立ちをとり、スタートポジションに戻る。
これで1ラウンド。

Breathing:体幹を持ち上げながら吸気。体幹を下げながら呼気。

Duration:10ラウンドまで。

Awareness:Physical-動作と呼吸がシンクロナイズされていることに。背部、および両肩に。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラマニプラ・チャクラアナハタ・チャクラ に。

Sequenceパスチモッタナサナ などの 前曲のアサナ の後に行うとよい。

Benefits:横隔膜の強化に。肩こり腰痛、背部痛などにいいエクササイズである。

 


 
半バッタのポーズ

半バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ6】

半バッタのポーズやり方説明。このアサナは、背部・腰部の弱い人、ビギナー向けにとてもいいエクササイズとなる。うつ伏せになり、額を床につけておく。呼吸と動作がシンクロナイズしていることに。足の先から手先まで全身が対角ストレッチされて

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

牛顔のポーズ

牛顔のポーズ【反曲のヨガ・アサナ19】

牛顔のポーズやり方説明。このアサナはリラクゼーションにとてもいい。疲れをほぐし、緊張、不安を和らげるのに10分以上行ってもよい。背部痛、腰痛、座骨神経痛、リウマチや肩、首の凝りにもよい。

スフィンクスのポーズ

スフィンクスのポーズ【反曲のヨガ・アサナ1】

スフィンクスのポーズやり方説明。うつ伏せで腹ばいになる。おでこは床につけ、両足は閉じてまっすぐに。両腕を曲げ掌を下向きにし、頭の横にもってくる。肘は体にそえておく。全身リラックスさせる。頭を上げ、両腕の肘から下は床につけたまま体を支える。

首のポーズ

首のポーズ【反曲のヨガ・アサナ16】

首のポーズやり方説明。仰向けになる。両足は少し開いて、膝を曲げて立てておく。両手は横に伏せておく。手足で踏ん張り体幹を持ち上げる。
百会を床に付け、頭と足でバランスを取る。バランスが取れたら、両腕を上げ胸の前で組む。