ヨガ, 反曲のアサナ

捻コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ3】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《捻コブラのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

ティルヤカ・ブジャンガサナ
TIRYAKA BHUJANGASANA तिर्यक भुजङ्गासन

《捻コブラのポーズ》

 
捻コブラのポーズ
 

両足を50cmくらい開いて ブジャンガアサナ をとる。足の指を立て踵を上げる。
ブジャンガサナでは頭を後ろに傾けるが、ここでは正面を向いたままにしておく。
顔と体幹を左にひねる。目線は左肩越しに右踵を見つめる。
この最終ポジションでは腕はまっすぐに伸ばしておくか、体幹のひねりにそって曲げてもよい。
腹部が斜めにストレッチされるのを感じる。
臍は床になるべく近づけておき、背部はリラックスさせる。
ここで数秒間おく。
顔と体幹を正面に向け直し、反対側に同様にひねっていく。
正面に戻り、上体を床におろしていく。
これで1ラウンド。

Breathing:体を上げながら吸気。ひねっている間は呼吸を止める。体を下げながら呼気。

Duration:3~5回。

Awarness:Physical-背筋と腸のストレッチに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Benefitsブジャンガサナ と同様の効果が得られるが、このアサナでは特に腸に働きかけることができる。

 

肩のポーズ

肩のポーズ【反曲のヨガ・アサナ12】

肩のポーズやり方説明。脊椎を調整するのにいい。猫背など。腰痛、背部痛。さらに、腹部のストレッチ作用で内蔵のマッサージ効果が得られる。女性の生殖器官を調整でき、特に、流産しやすい人にはいいエクササイズである。

反曲のアサナ

反曲のアサナ【ヨガ・セラピー】

反曲のアサナは身体を反対向きにさせるポーズである。胸を開き呼吸しやすくさせ、それは生命力を吹き込み、全身に活力を与えてくれる。身体を反曲させることが特に難しいという人は、人生に向き合うことを恐れているとか、自らを愛することを躊躇していることが多い

コブラのポーズ

コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ2】

コブラのポーズやり方説明。産婦人科系の問題や月経異常などによいエクササイズである。便秘を解消し、食欲を整える。特に腎臓・肝臓によい。副腎のマッサージ効果もあり、ホルモンの働きを正常にさせる。

トカゲのポーズ

トカゲのポーズ【反曲のヨガ・アサナ14】

トカゲのポーズやり方説明。横隔膜の強化に。肩こり、腰痛、背部痛などにいいエクササイズである。体幹を持ち上げながら吸気。体幹を下げながら呼気。動作と呼吸がシンクロナイズされていることに。

頭と爪先立ちポーズ

頭と爪先立ちポーズ【反曲のヨガ・アサナ17】

頭と爪先立ちポーズやり方説明。このアサナは上級者のみ。背部を強化し柔軟性を養う。腹筋、腿、首の筋肉も同様に鍛える。指導者がいる場合は甲状腺のヨガセラピーとして用いることができる。