ヨガ, 反曲のアサナ

満コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ4】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《満コブラのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

プールナ・ブジャンガサナ POORNA BHUJANGASANA
पूर्ण भुजङ्गासन

《満コブラのポーズ》

 
満コブラのポーズ
 

ブジャンガサナ をとる。このポーズを保ちながら数回深く呼吸する。
両膝を曲げ、足先を上げる。
頭、首、肩をさらに後ろにストレッチさせ、頭部が足指か足裏につくようにする。
このポジションで苦痛を感じない程度にできるだけ時間をおく。
足を下ろし、元のブジャンガサナに戻り数秒間リラックスする。
ブジャンガサナをほどき、うつ伏せになる。
顔はどちらか横にし、腕は体の横に置き全身リラックスさせる。

Breathing:ブジャンガサナをとりながら吸気。
足を上げ頭に触れながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。
ブジャンガサナに戻りながら呼気。
ブジャンガサナからうつ伏せになりながら呼気。

Duration:3ラウンドまで。徐々にポーズの時間を長くしていく。

Awareness:Physical-呼吸と動作がシンクロナイズされていることに。
脊椎がリラックスされ腹部・胸部がストレッチされていることに。
1ラウンドごとに鼓動が自然になるまで呼吸することに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Sequence:前曲のアサナを順次行うことで、より高い効果が得られる。

Practice note:このアサナは大人、もしくは12歳以上の年齢に達していることが望ましい。

Benefits:ブジャンガアサナと同様だが、もっと効果が高い。

 

アーダ・チャンドラサナ

半月のポーズ【反曲のヨガ・アサナ13】

半月のポーズやり方説明。このアサナは身体全体を弛め、活気づける。特に女性の卵巣、子宮、尿路の問題に対してとてもいいアサナである。首、胸にストレッチを与えるため呼吸器官の問題(風邪、咽頭炎などを含む)にとてもいいエクササイズとなる。

首のポーズ

首のポーズ【反曲のヨガ・アサナ16】

首のポーズやり方説明。仰向けになる。両足は少し開いて、膝を曲げて立てておく。両手は横に伏せておく。手足で踏ん張り体幹を持ち上げる。
百会を床に付け、頭と足でバランスを取る。バランスが取れたら、両腕を上げ胸の前で組む。

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

満バッタのポーズ

満バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ8】

満バッタのポーズやり方説明。うつ伏せで吸気。足を上げながら呼吸を止める。最終ポジションで自然呼吸。元のポジションに戻りながら呼吸を止める。このアサナは上級者、柔軟性のある人のみ行うこと。

頭と爪先立ちポーズ

頭と爪先立ちポーズ【反曲のヨガ・アサナ17】

頭と爪先立ちポーズやり方説明。このアサナは上級者のみ。背部を強化し柔軟性を養う。腹筋、腿、首の筋肉も同様に鍛える。指導者がいる場合は甲状腺のヨガセラピーとして用いることができる。