ヨガ, 反曲のアサナ

蛇のポーズ【反曲のヨガ・アサナ5】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《蛇のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

サルパサナ SARPASANA सर्पासन

《蛇のポーズ》

 
蛇のポーズ
 

うつ伏せになる。両足は閉じて真っ直ぐに。
両腕を背部に持っていき、指を交差させる。
顎を床につけておく。これがスタートポジション。
背筋を使い、胸を上そらす。
両手をできるだけ上にあげる。
後ろから手が引っ張られているようなイメージで。
力まない程度に上半身を上にそらす。
両肩を広げ、肩甲骨どうしが近づくようにし、目線は正面。
このポーズで苦痛を感じない程度にできるだけ時間をおく。
ゆっくりとスタートポジションに戻り、全身リラックスさせる。
両指をほどき、腕を体の横におき、顔を横にして休む。
これで1ラウンド。

Breathing:スタートポジションでゆっくり深い呼吸を。上体を上げる時と最終ポジションで呼吸を止める。スタートポジションに戻りながら呼気。

Duration:5回まで。

Awareness:Physical- 背筋と腕が左右均等の力が加わっていることに。
Spiritual- アナハタ・チャクラ に。

Sequenceブジャンガサナ の前にやるとよい。

Contra-indications:心臓になんらかの問題がある人、高血圧の人は、
このアサナは適度に行い最大限までやらないこと。

Benefits:ブジャンガサナと同じような効果が得られるが、胸部にはさらなる効果が期待できる。特に喘息の人にはいいエクササイズである。
さらにこのアサナは感情を吐き出すのにとてもいい作用を及ぼすことができる。

 

弓引のポーズ

弓引のポーズ【反曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 反曲のアサナ » 弓引のポーズ 反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓引のポーズ》   プールナ・ダヌラサナ POORNA DHANURASANA पूर्ण धनुरासन 《弓引のポーズ》     うつ伏せになり、両膝を曲げる。人差し指と中指で足の親指をつかむ。これがスタートポジション。頭、胸、腿を上げ、足先がなるべく頭の近くにくるようにする。両肘は上を向いていること。この最終ポジションでは全身が弓矢を引いているときの弓のようにストレッチされていること。このポーズで苦痛を感じない程度でできるだけ時間をとる。ゆっくりと指を足から放し、スタートポジションに戻る。うつ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。 Breathing:スタートポジションで深く吸気。体を上げながら呼吸を止める。最終ポジションでは呼吸を止めるか、もしくは深い呼吸を。体を下げながら呼気。 Awareness:Physical-腹部もしくは背部に。 Spiritual- マニプラ・チャクラ に。 Contra-indications:このアサナは上級者、柔軟性の高い人のみ行うこと。 Benefits:ダヌラサナ とほぼ同じだが、より高い効果が得られる。  

純弓のポーズ

純弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ9】

純弓のポーズやり方説明。腰痛にはとてもいいエクササイズである。呼吸器に問題がある人にもよい。このポジションで苦痛を感じない程度に時間をとる。つ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。

スフィンクスのポーズ

スフィンクスのポーズ【反曲のヨガ・アサナ1】

スフィンクスのポーズやり方説明。うつ伏せで腹ばいになる。おでこは床につけ、両足は閉じてまっすぐに。両腕を曲げ掌を下向きにし、頭の横にもってくる。肘は体にそえておく。全身リラックスさせる。頭を上げ、両腕の肘から下は床につけたまま体を支える。

牛顔のポーズ

牛顔のポーズ【反曲のヨガ・アサナ19】

牛顔のポーズやり方説明。このアサナはリラクゼーションにとてもいい。疲れをほぐし、緊張、不安を和らげるのに10分以上行ってもよい。背部痛、腰痛、座骨神経痛、リウマチや肩、首の凝りにもよい。

コブラのポーズ

コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ2】

コブラのポーズやり方説明。産婦人科系の問題や月経異常などによいエクササイズである。便秘を解消し、食欲を整える。特に腎臓・肝臓によい。副腎のマッサージ効果もあり、ホルモンの働きを正常にさせる。