半バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ6】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《半バッタのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas
 

 

アーダ・シャラバサナ ARDHA SHALABHASANA अर्ध शलभासन

《半バッタのポーズ》

 
アーダ・シャラバサナ
 

うつ伏せになり、両手は身体の下で握り拳をつくるか、手掌を床に伏せておく。
両足は真っ直ぐ伸ばし、顎はやや前に出し床に着けてておく。
背筋を使って左足を出来るだけ高く上げる。
膝は曲げないこと。
右足は床に着けたままリラックスさせておく。
骨盤は捻ったり、傾いたりしないようにする。
このポジションで疲れを感じない程度で出来るだけ時間をとる。
左足をゆっくり床に下ろす。
同じ動作を右足で行う。両方で1ラウンドとする。

Breathing:スタートポジションで吸気。
足を上げながらと、最終ポジションで呼吸を止める。
足を下ろしながら呼気。

Duration:動的に連続して行うなら5ラウンドまで。静的に行うなら3ラウンドまで。

Benefits:坐骨神経痛、椎間板ヘルニアに対してヨガ・セラピーとして用いることができる。
便秘にもよい。

Practice note:左足を先に上げることで、まず上行結腸に刺激を与え、次に下行結腸腸と、腸の流れにそって蠕動運動を促進していくこととなる。

 
半バッタのポーズ
 

Variation:うつ伏せになり、額を床につけておく。
両手を頭上に伸ばし床に伏せて アドヴァサナ をとる。
顎を床につけ、両手足は真っ直ぐ伸ばしておく。
左足、頭、右腕を同時に上げる。
左足は上に、右手は前にストレッチさせるようにする。
このポジションで疲れを感じない程度に出来るだけ時間をおく。
ゆっくりを左足、頭、右腕を床に下げて元のポジションに戻す。
アドヴァサナで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。
同じ動作を手足、左右を入れ替えて行う。これで1ラウンド。

Breathing:手足、頭を上げながら吸気。最終ポジションで呼吸を止める。
手足、頭を下げながら呼気。

Duration:5ラウンドまで。

Awareness:Physical- 呼吸と動作がシンクロナイズしていることに。足の先から手先まで全身が対角ストレッチされていることに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Benefits:このアサナは、背部・腰部の弱い人、ビギナー向けにとてもいいエクササイズとなる。

 


 
バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

捻コブラのポーズ

捻コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ3】

捻コブラのポーズやり方説明。このアサナでは特に腸に働きかけることができる。顔と体幹を左にひねる。目線は左肩越しに右踵を見つめる。顔と体幹を正面に向け直し、反対側に同様にひねっていく。

トカゲのポーズ

トカゲのポーズ【反曲のヨガ・アサナ14】

トカゲのポーズやり方説明。横隔膜の強化に。肩こり、腰痛、背部痛などにいいエクササイズである。体幹を持ち上げながら吸気。体幹を下げながら呼気。動作と呼吸がシンクロナイズされていることに。

首のポーズ

首のポーズ【反曲のヨガ・アサナ16】

首のポーズやり方説明。仰向けになる。両足は少し開いて、膝を曲げて立てておく。両手は横に伏せておく。手足で踏ん張り体幹を持ち上げる。
百会を床に付け、頭と足でバランスを取る。バランスが取れたら、両腕を上げ胸の前で組む。

アーダ・チャンドラサナ

半月のポーズ【反曲のヨガ・アサナ13】

半月のポーズやり方説明。このアサナは身体全体を弛め、活気づける。特に女性の卵巣、子宮、尿路の問題に対してとてもいいアサナである。首、胸にストレッチを与えるため呼吸器官の問題(風邪、咽頭炎などを含む)にとてもいいエクササイズとなる。