バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのヨガ・アサナをご紹介します《バッタのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

シャラバサナ SHALABHASANA शलभासन

《バッタのポーズ》

 バッタのポーズ

うつ伏せになる。足は閉じて、両踵が接するようにする。
両手は身体の下で握拳を作るか、床に手掌を伏せておく。
顎をやや前に突き出し、床につけておく。
目を閉じリラックス、これがスタートポジションとなる。
ゆっくり両足を真っ直ぐに伸ばしたまま出来るだけ高く上げる。
背筋を使い、両腕で床を押すことで足を高く上げることができる。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
ゆっくりと両足を床に戻す。これで1ラウンド。
うつ伏せに戻り、頭を横に向け全身リラックスさせる。
呼吸と鼓動が落ち着くまで待つ。

Breathing:スタートポジションで吸気。足を上げながらと最終ポジションで呼吸を止める。
足を下げながら呼気。初心者は足を上げながら吸気で。

Duration:動的に5ラウンド。静的に3ラウンド。

Awareness:Physical-呼吸と動作がシンクロナイズされていることに。
もしくは腰部、腹部、胸部に。
Spiritual- ヴィシュッダ・チャクラ に。

Sequenceブジャンガサナ の後、そして ダヌラサナ の前に行うとよい。

Contra-indications:このアサナは心臓の弱い人、高血圧胃潰瘍、ヘルニア、腸結核の人は行わないこと。

Benefits:このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。
腰部を鍛え、坐骨神経痛腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。
肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる。