ヨガ, 反曲のアサナ

満バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ8】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《満バッタのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

プールナ・シャラバサナ POORNA SHALABHASANA पूर्ण शलभासन

《満バッタのポーズ》

 
満バッタのポーズ
 

シャラバサナ をとる。
できるだけ両足を高く上げる。両腕に力を入れ、両手、両肩で強く床を支える。
両足が床と垂直になるようし、両肩、顎、両腕でバランスをとる。
うまくバランスが取れたところで除々に膝を曲げていき、足先が頭に触れるようにする。
これが最終ポジション。
しっかりバランスが取れるまで少し小刻みにスイングを入れると最終ポジションが取りやすい。
ここで苦痛を感じない程度まで時間をおく。
足を頭から離し、またバランスがとれてからゆっくりと足を下ろしてスタートのポジションに戻る。

Breathing:うつ伏せで吸気。足を上げながら呼吸を止める。
最終ポジションで自然呼吸。元のポジションに戻りながら呼吸を止める。

Duration:1~2ラウンド。最終ポジションでの時間を少しづつ延ばしていく。

Awareness:Physical-腹部に。背部をリラックスさせることとバランスをとることに。

Contra-indications:このアサナは上級者、柔軟性のある人のみ行うこと。

Benefits:シャラバサナと同等の効果。さらに 逆転のアサナ と同様の効果が得られる。

 

半脊柱捻曲のポーズ

アーダ・マツイェンドラサナ【捻曲のヨガ・アサナ3】

半脊柱捻曲のポーズやり方説明。このアサナは腰痛にはとてもいい。腹部のマッサージ効果もあり消化器管を調節できる。アドレナリンや胆汁などの内分泌を調整させ、糖尿病の管理にも用いることができる。

ハーフヘッドスタンド

半頭立ポーズ【逆転のヨガ・アサナ1】

半頭立ポーズやり方説明。低血圧の人にはいいエクササイズである。神経系統のバランスを整え、首や頭部の筋肉を鍛える。脳への血流をよくする。ヘッドスタンドなど頭部で体重を支えるポーズの初歩的な練習となる。

蛇のポーズ

蛇のポーズ【反曲のヨガ・アサナ5】

蛇のポーズ-サルパサナ-SARPASANA-सर्पासन このアサナは感情を吐き出すのにとてもいい作用を及ぼすことができる。特に喘息の人にはいいエクササイズである。上体を上げる時と最終ポジションで呼吸を止める。

魚のポーズ

魚のポーズ【パドマサナのヨガ2】

マツヤサナ(魚のポーズ)やり方。このアサナは内蔵のストレッチとなる。背部の血行をよくするため脊椎炎や背部の凝りにもとてもよい。甲状腺と胸腺にも働きかけることができ、免疫力アップにつながる。

魚の遊泳のポーズ

魚の遊泳のポーズ【リラクゼーションのヨガ4】

マツヤクリダサナ(魚の遊泳のポーズ)やり方説明。消化管の蠕動運動を活発にするため便秘が解消できる。下腿の神経をリラックスさせるので座骨神経痛の痛みをやわらげることになる。妊婦さんのリラクゼーションや睡眠のポーズ