ヨガ, 反曲のアサナ

満バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ8】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《満バッタのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

プールナ・シャラバサナ POORNA SHALABHASANA पूर्ण शलभासन

《満バッタのポーズ》

 
満バッタのポーズ
 

シャラバサナ をとる。
できるだけ両足を高く上げる。両腕に力を入れ、両手、両肩で強く床を支える。
両足が床と垂直になるようし、両肩、顎、両腕でバランスをとる。
うまくバランスが取れたところで除々に膝を曲げていき、足先が頭に触れるようにする。
これが最終ポジション。
しっかりバランスが取れるまで少し小刻みにスイングを入れると最終ポジションが取りやすい。
ここで苦痛を感じない程度まで時間をおく。
足を頭から離し、またバランスがとれてからゆっくりと足を下ろしてスタートのポジションに戻る。

Breathing:うつ伏せで吸気。足を上げながら呼吸を止める。
最終ポジションで自然呼吸。元のポジションに戻りながら呼吸を止める。

Duration:1~2ラウンド。最終ポジションでの時間を少しづつ延ばしていく。

Awareness:Physical-腹部に。背部をリラックスさせることとバランスをとることに。

Contra-indications:このアサナは上級者、柔軟性のある人のみ行うこと。

Benefits:シャラバサナと同等の効果。さらに 逆転のアサナ と同様の効果が得られる。

 

両手コブラのポーズ

両手コブラのポーズ【均衡のアサナのヨガ16】

両手コブラのポーズやり方説明。両足を45㎝開いて立つ。膝を曲げスクワットのポジションをとる。両足の間に両手をもってきて、手掌を床につける。目の高さで視線を定め、凝視する。

スタンバン・アサナ

柱のポーズ【逆転のヨガ・アサナ10】

柱のポーズやり方説明。このアサナは似たような体格を持ったもの同士ペアで行う。お互いの百会が触れ合うようにして床に仰向けになる。両足は閉じておき、両手は身体の横にそえておく。2人の身体が一直線になっていること。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。

メヌ・アカルシャナサナ

メヌ・アカルシャナサナ【前曲のヨガ・アサナ7】

メヌ・アカルシャナサナやり方説明。このアサナはハムストリング、腿のインナーマッスルを鍛える。体のサイドを鍛え、柔軟性をつくる。足腰の肥満性には引き締め効果がある。

速スクワットポーズ

速スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ9】

速スクワットポーズやり方説明。このアサナで背中と足の筋肉が鍛えられる。定期的にこのエクササイズを行うことで、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの腰痛予防になる。普段、座っている時間が長い人は、毎日行うといい。