純弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ9】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《純弓のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas
 

 

サラル・ダヌラサナ SARAL DHANURASANA  सरल धनुरासन

《純弓のポーズ》

 
純弓のポーズ
 

うつ伏せになり両足は揃え、両手は横におく。
両膝を曲げ踵を臀部に近づけるようにする。
足首を手でつかむ。肘は曲げす真っ直ぐにしておく。
顎を床につける。これがスタートポジション。
頭と胸を床から離しなるべく高く上げ、足に力を入れ押し上げるようにする。
背中は力を抜いて、両足の動きで上体が上がるようにする。
このポジションで苦痛を感じない程度に時間をとる。
ゆっくりと胸、頭を下げ、両足を下ろす。
うつ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。これで1ラウンド。

Breathing:スタートポジションで吸気。体を上げながら呼吸を止める。
最終ポジションでゆっくり深い呼吸。体を下ろしながら呼気。

Awareness:Physical-腹部に、または背部に。最終ポジションでの深い呼吸に。
Spiritual:ヴィシュッダ・チャクラ または アナハタ・チャクラ に。

Sequence:初心者や、背中の硬い人には ダヌラサナ の前、もしくは代わりにいいエクササイズである。
Benefits:ほぼダヌラサナと同じだが、やや効果は劣る。腰痛にはとてもいいエクササイズである。呼吸器に問題がある人にもよい。

 


 
首のポーズ

首のポーズ【反曲のヨガ・アサナ16】

首のポーズやり方説明。仰向けになる。両足は少し開いて、膝を曲げて立てておく。両手は横に伏せておく。手足で踏ん張り体幹を持ち上げる。
百会を床に付け、頭と足でバランスを取る。バランスが取れたら、両腕を上げ胸の前で組む。

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

コブラのポーズ

コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ2】

コブラのポーズやり方説明。産婦人科系の問題や月経異常などによいエクササイズである。便秘を解消し、食欲を整える。特に腎臓・肝臓によい。副腎のマッサージ効果もあり、ホルモンの働きを正常にさせる。

弓のポーズ

弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ10】

弓のポーズやり方説明。生殖器官の機能を高め、膵臓、副腎の調子を整え、それらの分泌物の量を調節できる。また全身の血行を良くする。腹部の余計な脂肪を取り除くことができる。

反曲のアサナ

反曲のアサナ【ヨガ・セラピー】

反曲のアサナは身体を反対向きにさせるポーズである。胸を開き呼吸しやすくさせ、それは生命力を吹き込み、全身に活力を与えてくれる。身体を反曲させることが特に難しいという人は、人生に向き合うことを恐れているとか、自らを愛することを躊躇していることが多い