ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

片足立位合掌ポーズ【均衡のアサナのヨガ1】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《片足立位合掌ポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

エカ・パダ・プラナマサナ EKA PADA PRANAMASANA
एक पाद प्रणामासन

《片足立位合掌ポーズ》

 
片足立位合掌ポーズ
 

まっすぐ足を閉じて立つ、両手は横。
目線は前面、自分の目の高さで一点に集中する。
右の膝を曲げ、右足首をつかんで引き寄せ、右足裏を左足腿の内側につける。
右踵がなるべく上の位置に来るようにし、左膝は外側へ突き出す。
バランスが取れたら、両手を胸の前に持っていき合掌をつくる。
これが最終ポジション。
ポーズをほどき、左右を入れ替え同じ動作を繰り返す。

Breathing:最初から最後まで常に自然呼吸。

Duration:3ラウンドづつまで行ってもよい。最終ポジションは最長2分まで。

Awareness:Physical-目線を目の高さで一点に。
Spiritual- アジナ・チャクラ または アナハタ・チャクラ に。

Benefits:このアサナは神経バランスを向上させる。足、足首を鍛える。

Variation:最終ポジションで、合掌した手を頭上に上げる(息を吸いながら)。
このポジションで呼吸を止め、息を吐きながら両手を胸の高さに戻す。
足を左右入れ替えて繰り返す。

 

トラのポーズ

トラのポーズ Tiger Pose【ヴァジラサナのヨガ8】

トラのポーズ-ヴャグラサナ-Vyaghrasana-व्याघ्रासन; 女性生殖器官にいいエクササイズでもあり、産後、とくに多産の女性にはおすすめできる。腹部をストレッチするため消化を助け血行をよくする。腰から下腿の脂肪燃焼させる。

メルダンダサナ

メルダンダサナ【均衡のアサナのヨガ8】

メルダンダサナーこのアサナは内臓、特に肝臓の調子を整え腹筋を鍛える。腸内寄生虫を除去し腸内細菌を活性化させる。便秘にはとてもよい。自律神経を調節し、背筋を強化させるため脊椎調節にもなる。

蓮肩立ポーズ

蓮肩立ポーズ【逆転のヨガ・アサナ5】

蓮肩立ポーズやり方説明。このアサナは、特に骨盤部と内臓にストレッチとマッサージ効果を与えることができる。サルヴァンガサナをとる。最終ポジションで両足をパドマサナにする。

準鋤のポーズ

準鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ6】

準鋤のポーズやり方説明。骨盤部のストレッチとなる。腎臓、腸を整える。肥満改善にもなる。床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は体にそえて、掌を下にして床に伏せておくか、握り拳をつくり臀の下におく。

陶酔のポーズ

陶酔のポーズ アナンダ・マディラサナ【ヴァジラサナのヨガ2】

アナンダ・マディラサナ-陶酔のポーズやり方説明。このポーズは心を落ち着かせ、神経系をリラックスさせる。アジナ・チャクラを覚醒させる。深くゆっくりした呼吸で。