ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

片足立位合掌ポーズ【均衡のアサナのヨガ1】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《片足立位合掌ポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

エカ・パダ・プラナマサナ EKA PADA PRANAMASANA
एक पाद प्रणामासन

《片足立位合掌ポーズ》

 
片足立位合掌ポーズ
 

まっすぐ足を閉じて立つ、両手は横。
目線は前面、自分の目の高さで一点に集中する。
右の膝を曲げ、右足首をつかんで引き寄せ、右足裏を左足腿の内側につける。
右踵がなるべく上の位置に来るようにし、左膝は外側へ突き出す。
バランスが取れたら、両手を胸の前に持っていき合掌をつくる。
これが最終ポジション。
ポーズをほどき、左右を入れ替え同じ動作を繰り返す。

Breathing:最初から最後まで常に自然呼吸。

Duration:3ラウンドづつまで行ってもよい。最終ポジションは最長2分まで。

Awareness:Physical-目線を目の高さで一点に。
Spiritual- アジナ・チャクラ または アナハタ・チャクラ に。

Benefits:このアサナは神経バランスを向上させる。足、足首を鍛える。

Variation:最終ポジションで、合掌した手を頭上に上げる(息を吸いながら)。
このポジションで呼吸を止め、息を吐きながら両手を胸の高さに戻す。
足を左右入れ替えて繰り返す。

 

振り子のポーズ

振り子のポーズ【立位のアサナのヨガ14】

振り子のポーズやり方説明。このアサナでハムストリングと背部の筋肉を鍛えることができる。自律神経を整え、頭部の血行をよくする。背部に。膝がまっすぐになっていてバランスがとれていることに。

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

蛇のポーズ

蛇のポーズ【反曲のヨガ・アサナ5】

蛇のポーズ-サルパサナ-SARPASANA-सर्पासन このアサナは感情を吐き出すのにとてもいい作用を及ぼすことができる。特に喘息の人にはいいエクササイズである。上体を上げる時と最終ポジションで呼吸を止める。

inverted

ニラーランバ・シルシャサナ【逆転のヨガ・アサナ13】

ニラーランバ・シルシャサナ

ワニのポーズ

ワニのポーズ【リラクゼーションのヨガ5】

ワニのポーズ-マカラサナ-Makarasana-मकरासन 椎間板ヘルニア、腰痛、脊椎に問題ある人に。喘息の人は呼吸に集中して行うことで吸気量が増える。呼吸ごとに広がっては弛むというイメージを繰り返す。