ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

アーダ・パドマ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ10】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《アーダ・パドマ・パスチモッタナサナ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

 

アーダ・パドマ・パドモッタナサナ
ARDHA PADMA PADMOTTANASANA अर्ध पद्म पद्मोत्तानासन

 
アーダ・パドマ・パドモッタナサナ
 

両足を前に出して座る。
左膝を曲げ、左足首を右腿も上におき ハーフルータス(半蓮ポーズ)をつくる。
右膝を曲げ、右足裏を床につける。
両前腕を右腿の後ろにまわす。前面の一点を決め凝視する。
体幹をやや後ろに倒し、尾てい骨で支える。
ゆっくりと右足を上げ膝が真っ直ぐになるまで伸ばしていく。
しっかりバランスをとり、腕を引き寄せ、上げた足をなるべく身体に近づける。
右足を下ろし、膝を曲げ足裏を床につける。
スタートポジションに戻り、足を左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

Breathing:座った状態で吸気。足を上げてから下げるまで呼吸を止める。足を下げてから呼気。

Duration:各側5回まで。

Awareness:Physical- 一点に集中しながらバランスを保つことに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラに。

 

鶴の瞑想ポーズ

鶴の瞑想ポーズ(バカ・ディヤナサナ)【均衡のアサナのヨガ14】

鶴の瞑想ポーズやり方説明。両足を開きスクワットをする。足先の前で両手を床につけ、爪先立ちになりバランスをとる。両肘は少し曲げておく。両膝を安定させながら上半身を前に倒していく。膝の内側が腕の外側についていて、なるべく脇の近くにもっていく。

動的鋤のポーズ

動的鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ8】

動的鋤のポーズやり方説明。すべての動きが流れるように、速度も一定で行う。消化管の蠕動運動を促進させ、消化機能向上、便秘解消、肝臓および胆嚢の働きを助け、腰部のストレッチとなる。

首のポーズ

首のポーズ【反曲のヨガ・アサナ16】

首のポーズやり方説明。仰向けになる。両足は少し開いて、膝を曲げて立てておく。両手は横に伏せておく。手足で踏ん張り体幹を持ち上げる。
百会を床に付け、頭と足でバランスを取る。バランスが取れたら、両腕を上げ胸の前で組む。

反曲のアサナ

反曲のアサナ【ヨガ・セラピー】

反曲のアサナは身体を反対向きにさせるポーズである。胸を開き呼吸しやすくさせ、それは生命力を吹き込み、全身に活力を与えてくれる。身体を反曲させることが特に難しいという人は、人生に向き合うことを恐れているとか、自らを愛することを躊躇していることが多い

背部伸展ポーズ

背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ2】

背部伸展ポーズやり方説明。このアサナはハムストリングをストレッチさせ、また股関節の柔軟性を養う。腹部のマッサージ効果があり、肝臓、脾臓、腎臓、副腎など内蔵を正常な状態に保つ。