ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

アーダ・バッダ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ11】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《アーダ・バッダ・パスチモッタナサナ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

 

アーダ・バッダ・パドモッタナサナ
ARDHA BADDHA PADMOTTANASANA
अर्ध बद्ध पद्मोत्तानासन

 
アーダ・バッダ・パスチモッタナサナ
 

両足を閉じて立つ。目の高さで前面の一点を決め凝視する。
体重を左足に移動させていく。同時に右足の膝を曲げ、足首を右腿の前におく。
右足首はなるべく高い位置におき、ハーフルータス(半蓮ポーズ) をつくる。
両手を真上に伸ばし、左右の両指を組み合わせる。
肘が曲がらないように真っ直ぐ上に伸ばす。
全身リラックスさせ、ぐらつかないよう安定させる。これがスタートポジション。
ゆっくりと上半身を前に倒していく。
組み合わせた指を裏返しにし、手掌が床につくようにする。
前額が左膝につくようにする。
このポジションで苦痛を感じない程度になるべく長い時間をとる。
ゆっくりと上半身を上げていき、スタートポジションに戻る。
両手を下ろし、右足をほどき床につける。
立位で目を閉じリラックスさせる。足を左右替えて同じ動作を繰り返す。

Breathing:スタートポジションで吸気。上体を前に倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上体を上げながら吸気。両腕を下ろしながら呼気。

Duration:各側1ラウンドづつ。最終ポジションを2分まで。

Awareness:Physical-バランスを保つことに、または呼吸に。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indications坐骨神経痛椎間板ヘルニア、足の弱っている人や 高血圧 の人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナは消化を良くし、便秘解消を助ける。血行を良くし、脚を鍛える。

 

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

エカ・パダ・プラナマサナ

片足立位合掌ポーズ【均衡のアサナのヨガ1】

片足立位合掌ポーズーエカ・パダ・プラナマサナやり方説明。このアサナは神経バランスを向上させる。足、足首を鍛える。最初から最後まで常に自然呼吸。アジナ・チャクラまたはアナハタ・チャクラに。

勇士の瞑想ポーズ

勇士の瞑想ポーズ Hero’s Meditation Pose【メディテーションのヨガ7】

瞑想のヨガ-勇士の瞑想ポーズやり方説明。このポーズは足腰が外向きではなく両膝が中心にある。このため、骨盤と生殖器系など内部への働きかけが可能になる。

アップ・ダウン目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ5】ヨガ・セラピー

目のヨガ・エクササイズ-アップ・ダウン・ビューイングやり方説明。眼筋のバランスを整え、眼球の動きをスムーズにする。親指と視線が上方に向かう時に吸気。下方に向かう時に呼気。

ヴァシシュタナサナ【均衡のアサナのヨガ20】

ホーム » ヨガ・セラピー » 均衡のアサナ » ヴァシシュタナサナ 均衡のヨガ・アサナをご紹介します《ヴァシシュタナサナ》   ヴァシシュタナサナ VASHISHTHASANA