アーダ・バッダ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ11】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《アーダ・バッダ・パスチモッタナサナ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas
 

 

アーダ・バッダ・パドモッタナサナ
ARDHA BADDHA PADMOTTANASANA
अर्ध बद्ध पद्मोत्तानासन

 
アーダ・バッダ・パスチモッタナサナ
 

両足を閉じて立つ。目の高さで前面の一点を決め凝視する。
体重を左足に移動させていく。同時に右足の膝を曲げ、足首を右腿の前におく。
右足首はなるべく高い位置におき、ハーフルータス(半蓮ポーズ) をつくる。
両手を真上に伸ばし、左右の両指を組み合わせる。
肘が曲がらないように真っ直ぐ上に伸ばす。
全身リラックスさせ、ぐらつかないよう安定させる。これがスタートポジション。
ゆっくりと上半身を前に倒していく。
組み合わせた指を裏返しにし、手掌が床につくようにする。
前額が左膝につくようにする。
このポジションで苦痛を感じない程度になるべく長い時間をとる。
ゆっくりと上半身を上げていき、スタートポジションに戻る。
両手を下ろし、右足をほどき床につける。
立位で目を閉じリラックスさせる。足を左右替えて同じ動作を繰り返す。

Breathing:スタートポジションで吸気。上体を前に倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上体を上げながら吸気。両腕を下ろしながら呼気。

Duration:各側1ラウンドづつ。最終ポジションを2分まで。

Awareness:Physical-バランスを保つことに、または呼吸に。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indications坐骨神経痛椎間板ヘルニア、足の弱っている人や 高血圧 の人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナは消化を良くし、便秘解消を助ける。血行を良くし、脚を鍛える。

 


 
メルダンダサナ

メルダンダサナ【均衡のアサナのヨガ8】

メルダンダサナーこのアサナは内臓、特に肝臓の調子を整え腹筋を鍛える。腸内寄生虫を除去し腸内細菌を活性化させる。便秘にはとてもよい。自律神経を調節し、背筋を強化させるため脊椎調節にもなる。

ニラーランバ・パスチモッタナサナ

ニラーランバ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ9】

ニラーランバ・パスチモッタナサナー両足を前に伸ばして座る。両膝を曲げ、胸につけるようにする。足裏は床につける。両腕を廻し、横から足裏をつかむようにする。全身リラックスさせ、前面の一点を決め凝視する。

エカ・パダ・プラナマサナ

片足立位合掌ポーズ【均衡のアサナのヨガ1】

片足立位合掌ポーズーエカ・パダ・プラナマサナやり方説明。このアサナは神経バランスを向上させる。足、足首を鍛える。最初から最後まで常に自然呼吸。アジナ・チャクラまたはアナハタ・チャクラに。

エカ・ハスタ・ブジャンガサナ

片手コブラのポーズ【均衡のアサナのヨガ17】

片手コブラのポーズーエカ・ハスタ・ブジャンガサナやり方説明。目の高さで前面の一点を決め凝視する。全身を床から上げていく。このとき、右足は膝が曲がらないようにし、両腕とは垂直になるようにする。

バカサナ

鶴のポーズ / バカサナ【均衡のアサナのヨガ6】

鶴のポーズ-バカサナやり方説明。腕を前に伸ばしながら吸気。上半身を倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上半身を起こしながら吸気。腕を下げながら呼気。