馬のポーズ【均衡のアサナのヨガ12】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《馬のポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas


ヴァタヤナサナ VATAYANASANA वातायनासन

《馬のポーズ》

 
馬のポーズ準備
馬のポーズ最終
 

両足を閉じて直立する。目の高さで前面の一点を決め凝視する。
左足の膝を曲げ、足首を右足の前におく。
左足首はできるだけ高い位置におき、ハーフルータスをつくる。
バランスが安定するまで両手で左足首をつかんでおく。
バランスがとれたら両手を胸の前で合掌させる。
ゆっくりと右膝を曲げながら上体を下げていく。
右膝が床につくまでバランスを保っていく。
膝が床に着きしばらくしたら、ゆっくり右膝を伸ばし上体を上げていきスタートポジションに戻る。
左足をほどき足裏を床につける。立位で目を閉じリラックスさせる。
足を左右入れ替え同じ動作をくりかえす。

Breathing:片足で立位の状態で吸気。上体を下ろしながらと上げながら呼吸を止める。最終ポジションで自然呼吸。片足立位に戻ったとき呼気。

Duration:各側3回まで。

Awareness:Physical-バランスを保つことに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Benefits:このアサナは膝と足の筋肉を鍛える。腎臓の過剰な働きを調節し、排尿過多に働きかける。精子の生産をおさえるため、ブラマチャリヤを続けるのに役立つ。

 


 
バカサナ

鶴のポーズ / バカサナ【均衡のアサナのヨガ6】

鶴のポーズ-バカサナやり方説明。腕を前に伸ばしながら吸気。上半身を倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上半身を起こしながら吸気。腕を下げながら呼気。

鶴の片足瞑想ポーズ

鶴の片足瞑想ポーズ【均衡のアサナのヨガ15】

鶴の片足瞑想ポーズやり方説明。バカ・ディヤナサナの最終ポジションをとる。目線を鼻尖に集中させる。バランスを取りながら、ゆっくり右足を真後ろに伸ばしていく。真っ直ぐ伸ばしたところで出来るだけ長い時間をおく。

メルダンダサナ

メルダンダサナ【均衡のアサナのヨガ8】

メルダンダサナーこのアサナは内臓、特に肝臓の調子を整え腹筋を鍛える。腸内寄生虫を除去し腸内細菌を活性化させる。便秘にはとてもよい。自律神経を調節し、背筋を強化させるため脊椎調節にもなる。

ハムササナ

白鳥のポーズ(ハムササナ)【均衡のアサナのヨガ18】

白鳥のポーズーハムササナやり方説明。腹筋と内臓のマッサージ効果がある。便秘やガスに効果的である。さらに肝臓・腎臓の働きが鈍いのを助け、胃腸の寄生虫を排出しやすくする。赤痢にもよい。食欲がないときも効果的である。

パダ・アングシュタサナ

つま先立ちのポーズ【均衡のアサナのヨガ13】

つま先立ちのポーズやり方説明。このアサナはブラマチャリヤを行うのに大変役立つ。生殖器官を調節し精液漏を予防する。そして、扁平足にとても良く、爪先と踵を鍛えるのにもいい。