ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

馬のポーズ【均衡のアサナのヨガ12】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《馬のポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

ヴァタヤナサナ VATAYANASANA वातायनासन

《馬のポーズ》

 
馬のポーズ準備
馬のポーズ最終
 

両足を閉じて直立する。目の高さで前面の一点を決め凝視する。
左足の膝を曲げ、足首を右足の前におく。
左足首はできるだけ高い位置におき、ハーフルータスをつくる。
バランスが安定するまで両手で左足首をつかんでおく。
バランスがとれたら両手を胸の前で合掌させる。
ゆっくりと右膝を曲げながら上体を下げていく。
右膝が床につくまでバランスを保っていく。
膝が床に着きしばらくしたら、ゆっくり右膝を伸ばし上体を上げていきスタートポジションに戻る。
左足をほどき足裏を床につける。立位で目を閉じリラックスさせる。
足を左右入れ替え同じ動作をくりかえす。

Breathing:片足で立位の状態で吸気。上体を下ろしながらと上げながら呼吸を止める。最終ポジションで自然呼吸。片足立位に戻ったとき呼気。

Duration:各側3回まで。

Awareness:Physical-バランスを保つことに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Benefits:このアサナは膝と足の筋肉を鍛える。腎臓の過剰な働きを調節し、排尿過多に働きかける。精子の生産をおさえるため、ブラマチャリヤを続けるのに役立つ。

 

逆転のヨガ・アサナ

頭立蓮のポーズ【逆転のヨガ・アサナ14】

頭立蓮のポーズやり方説明。シルシャサナをとる。バランスがしっかり取れたところで、ゆっくりと両足でパドマサナを組む。ここで苦痛を感じない程度の時間をおく。骨盤部の血行を良くするため生殖器の問題にはとてもいい。

パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナ

パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナ【捻曲のヨガ・アサナ4】

パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナやり方説明。胸部、腹部の側面のストレッチとマッサージ効果が得られる。長時間のメディテーションポーズの準備練習として用いることができる。

逆転のポーズ

逆転のポーズ【逆転のヨガ・アサナ3】

逆転のポーズやり方説明。身体を床に仰向けにする。両足を閉じ、全身まっすぐに。両手は身体の横で、掌を床に伏せておく。全身リラックスさせる。両足を閉じてまっすぐにしたままで、上にあげていき、頭の方へ持っていく。

ヴァジラサナ

金剛杵のポーズ ヴァジラサナ【ヴァジラサナのヨガ1】

ヴァジラサナ-金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで腰部の血行をよくし、筋肉を鍛え、神経を刺激することができる。消化機能を整え、とくに胃酸過多や胃潰瘍には効果的である。このポーズは努力しなくても背筋がまっすぐになるため瞑想にとてもいいアサナのひとつである。

ナタヴァラサナ

クリシュナ神のポーズ【均衡のアサナのヨガ2】

クリシュナ神の-ナタヴァラサナ-NATAVARASANA このアサナでは最初から最後まで自然呼吸。集中力を養い、精神統一に役立つ。左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。