ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

鶴の瞑想ポーズ(バカ・ディヤナサナ)【均衡のアサナのヨガ14】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《鶴の瞑想ポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

バカ・ディヤナサナ BAKA DHYANASANA

《鶴の瞑想ポーズ》

 
鶴の瞑想ポーズ
 

両足を開きスクワットをする。
足先の前で両手を床につけ、爪先立ちになりバランスをとる。
両肘は少し曲げておく。
両膝を安定させながら上半身を前に倒していく。
膝の内側が腕の外側についていて、なるべく脇の近くにもっていく。
足先を床から浮かし、さらに前かがみにする。
手掌で体重を支え、膝を上腕にしっかり乗せバランスをとる。
鼻尖を凝視し集中する。
このポジションで苦痛を感じない程度にできるだけ長い時間をとる。
ゆっくり足先を床に戻す。

Breathing:最終ポジションで時間が短い場合は呼吸をなかに止め、長い場合は自然呼吸。

Duration:最終ポジションを2~3分とる。または、最終ポジションの時間を置かずに足を上げ下げの動作を何回か行う。

Awareness:Physical- バランスを保つことに。
Spiritual- 鼻尖に。

Sequence:このアサナの後は アドヴァサナ でリラックスする。

Contra-indications:このアサナは 高血圧脳血栓、心臓に問題がある人は行ってはいけない。

Benefits:このアサナは神経系統を整える。腕、手首を鍛え、バランス感覚を養う。

 

 

バカサナ

鶴のポーズ / バカサナ【均衡のアサナのヨガ6】

鶴のポーズ-バカサナやり方説明。腕を前に伸ばしながら吸気。上半身を倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上半身を起こしながら吸気。腕を下げながら呼気。

コブラのポーズ

コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ2】

コブラのポーズやり方説明。産婦人科系の問題や月経異常などによいエクササイズである。便秘を解消し、食欲を整える。特に腎臓・肝臓によい。副腎のマッサージ効果もあり、ホルモンの働きを正常にさせる。

鋤のポーズ

【逆転のヨガ・アサナ】ヨガ・セラピー

逆転のアサナは重力に反して行う動作で、いつも足元に向かって引っ張られているものが、頭部に向かうものである。精神的感情のレベルでも全て上下が逆さまになり、それまでの人格や行動パターンに新しい光を注ぎ込む。

半蓮背部伸展ポーズ

半蓮背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ6】

ホーム » ヨガ・セラピー » 前曲のアサナ » 半蓮背部伸展ポーズ 前曲のアサナをご紹介します《半蓮背部伸展ポーズ》   アーダ・パドマ・パスチモッタナサナ ARDHA PADMA PASCHIMOTTANASANA 《半蓮背部伸展ポーズ》   両足を前に出して座る。左膝を曲げ、左足を右腿の上にのせる。左足裏が上を向くようにし、踵はお腹につくようにする。上半身を少し前かがみにし、左手を体の後ろに回して左足をつかむ。真っ直ぐに座り、全身リラックス(特に背中)させる。上体を前に倒していき、右手で右足親指をつかむ。背部の筋肉には力を入れず、腕で引っ張るようにして体幹を倒すこと。おでこは膝につくようにするとよい。これが最終ポジション。このポーズで苦痛を感じない程度の時間をとる。手をほどき、ゆっくりと起きあがる。左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。各3回まで行ってもよい。少しづつ最終ポジションの時間を延ばしていくようにすること。 Breathing:スタートポジションで吸気。前かがみになりながら呼気。最終ポジションでゆっくり深い呼吸、時間が短ければ呼吸を止める。上体を起こしながら吸気。 Other details:パスチモッタナサナ に準ずる。 Benefits:ほぼパスチモッタナサナ と同様の効果が得られる。このアサナでは、さらに腹部へのマッサージ効果が得られるため便秘解消の効果が高い。  

捻コブラのポーズ

捻コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ3】

捻コブラのポーズやり方説明。このアサナでは特に腸に働きかけることができる。顔と体幹を左にひねる。目線は左肩越しに右踵を見つめる。顔と体幹を正面に向け直し、反対側に同様にひねっていく。