ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

鶴の瞑想ポーズ(バカ・ディヤナサナ)【均衡のアサナのヨガ14】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《鶴の瞑想ポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

バカ・ディヤナサナ BAKA DHYANASANA

《鶴の瞑想ポーズ》

 
鶴の瞑想ポーズ
 

両足を開きスクワットをする。
足先の前で両手を床につけ、爪先立ちになりバランスをとる。
両肘は少し曲げておく。
両膝を安定させながら上半身を前に倒していく。
膝の内側が腕の外側についていて、なるべく脇の近くにもっていく。
足先を床から浮かし、さらに前かがみにする。
手掌で体重を支え、膝を上腕にしっかり乗せバランスをとる。
鼻尖を凝視し集中する。
このポジションで苦痛を感じない程度にできるだけ長い時間をとる。
ゆっくり足先を床に戻す。

Breathing:最終ポジションで時間が短い場合は呼吸をなかに止め、長い場合は自然呼吸。

Duration:最終ポジションを2~3分とる。または、最終ポジションの時間を置かずに足を上げ下げの動作を何回か行う。

Awareness:Physical- バランスを保つことに。
Spiritual- 鼻尖に。

Sequence:このアサナの後は アドヴァサナ でリラックスする。

Contra-indications:このアサナは 高血圧脳血栓、心臓に問題がある人は行ってはいけない。

Benefits:このアサナは神経系統を整える。腕、手首を鍛え、バランス感覚を養う。

 

 

メル・プリシュタサナ

メル・プリシュタサナ【立位のアサナのヨガ7】

メル・プリシュタサナ

ラクダのポーズ

ラクダのポーズ(ウシュトラサナ)【ヴァジラサナのヨガ13】

ラクダのポーズやり方説明。このポーズは消化器系と生殖器系に働きかけることができる。背部痛、腰痛、猫背にとてもいいエクササイズとなる。咽喉部が大きくストレッチされるため甲状腺の働きを調節する。

メルダンダサナ

メルダンダサナ【均衡のアサナのヨガ8】

メルダンダサナーこのアサナは内臓、特に肝臓の調子を整え腹筋を鍛える。腸内寄生虫を除去し腸内細菌を活性化させる。便秘にはとてもよい。自律神経を調節し、背筋を強化させるため脊椎調節にもなる。

弓引のポーズ

弓引のポーズ【反曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 反曲のアサナ » 弓引のポーズ 反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓引のポーズ》   プールナ・ダヌラサナ POORNA DHANURASANA पूर्ण धनुरासन 《弓引のポーズ》     うつ伏せになり、両膝を曲げる。人差し指と中指で足の親指をつかむ。これがスタートポジション。頭、胸、腿を上げ、足先がなるべく頭の近くにくるようにする。両肘は上を向いていること。この最終ポジションでは全身が弓矢を引いているときの弓のようにストレッチされていること。このポーズで苦痛を感じない程度でできるだけ時間をとる。ゆっくりと指を足から放し、スタートポジションに戻る。うつ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。 Breathing:スタートポジションで深く吸気。体を上げながら呼吸を止める。最終ポジションでは呼吸を止めるか、もしくは深い呼吸を。体を下げながら呼気。 Awareness:Physical-腹部もしくは背部に。 Spiritual- マニプラ・チャクラ に。 Contra-indications:このアサナは上級者、柔軟性の高い人のみ行うこと。 Benefits:ダヌラサナ とほぼ同じだが、より高い効果が得られる。  

精神統一のポーズ

精神統一のポーズ【パドマサナのヨガ1】

精神統一のポーズ-ヨガムドラサナ-YOGAMUDRASANA-योगमुद्रासन 目を閉じ全身リラックスさせる。ゆっくり深く呼吸させる。苦痛を感じない程度に時間をおく。