ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

両手コブラのポーズ【均衡のアサナのヨガ16】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《両手コブラのポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

 

ドヴィ・ハスタ・ブジャンガサナ DWI HASTA BHUJANGASANA

《両手コブラのポーズ》

 
両手コブラのポーズ
 

両足を45㎝開いて立つ。膝を曲げスクワットのポジションをとる。
両足の間に両手をもってきて、手掌を床につける。
目の高さで視線を定め、凝視する。両足を床から離していき、左足を<右腕の外側から包むようにして上腕にもたれかける。
ここでバランスを整える。
体重を両腕にゆっくり移しつつ、右足を上げていく。右足を右腕、肘より上にゆっくり休ませる。
ここまでをバランスが崩れないように注意しながら行う。最終ポジションでは全体重が腕と手で支えれていること。
無理を感じない程度にできるだけ長くこのポジショを保つ。
ゆっくりとスタートポジションに逆順で戻していく。

 

動的捻転ポーズ

動的捻転ポーズ【捻曲のヨガ・アサナ1】

動的捻転ポーズやり方説明。ビギナーにいい捻曲のアサナである。脊椎をストレッチさせ、脊椎神経を整える。数秒休んで落ち着いたら、同じ動作を繰り返す。マニプラ・チャクラに。

純弓のポーズ

純弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ9】

純弓のポーズやり方説明。腰痛にはとてもいいエクササイズである。呼吸器に問題がある人にもよい。このポジションで苦痛を感じない程度に時間をとる。つ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。

結び蓮のポーズ

結び蓮のポーズ【パドマサナのヨガ4】

結び蓮のポーズやり方。メディテーションの前に用いるとよい。息を吐きながら、体を少し前に傾け右手で右足親指をつかみ、左手で左足親指をつかむ。

両手挙上ポーズ

両手挙上ポーズ【立位のアサナのヨガ1】

両手挙上ポーズやり方説明。このシンクロザイズされた深い呼吸で体内により多くの酸素を送り込むことができる。心臓が強化され全身の血行がよくなる。腕と肩のストレッチと肺の拡張に

スクワットポーズ

スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ8】

スクワットポーズ-ウッタナサナ-UTTHANASANA-उत्तानासन このアサナで背中の筋肉、骨盤、子宮が強化できる。腿、膝、足首にもいい。体内のプラナの流れを活性化させることができる。腰をおろしながら呼気。腰をあげながら吸気。