白鳥のポーズ(ハムササナ)【均衡のアサナのヨガ18】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《白鳥のポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas


ハムササナ HAMSASANA

《白鳥のポーズ》

 
白鳥のポーズ
 

両足を閉じ、両膝を開いて床につける。両手掌を床につける。
このとき左右の前腕どうし(手首から肘まで)をつけた状態で指先が後ろを向くようにすること。
上半身を前に倒していき、お腹を両肘の上にのせる。胸は上腕にかかっていること。
バランスをとりながら、ゆっくりと両足を後ろに伸ばしていく。
両膝をまっすぐ伸ばし、左右の足親指がつくようにし、鼻尖は床の上。
頭をやや上に向け、目の高さで前面の一点を決め凝視する。
この最終ポジションでは全体重が両手、両足親指にかかっていることになる。
このポジションで苦痛を感じない程度にできるだけ時間をとるが無理しないこと。
両膝を曲げ床につけ、ヴァジラサナ で座る。全身リラックスさせる。

Breathing:スタートポジションで動作を始める前に呼気。最終ポジションまでもっていく間と最終ポジションで呼吸を止める(短時間の場合)。または、長時間おく場合はゆっくり深呼吸。最終ポジションから ヴァジラサナ にもっていくまでに吸気。

Duration:上級者は最終ポジションを3分まで。初心者は数秒から始め、数週間かけて徐々に時間を延ばすようにする。3ラウンドまで。

Awareness:Physical- 呼吸に、または腹部に。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Sequence:このアサナはマユラサナの準備として、またはマユラサナができるほどの筋力が備わっていない人に代わりのアサナとして用いることができる。逆転のアサナ の前には行わないこと。

Contra-indications:このアサナは 消化性潰瘍、胃酸過多、高血圧 の人は行わないこと。また妊娠中の女性は絶対に行ってはいけない。

Benefits:このハムササナは腹筋と内臓のマッサージ効果がある。そのため、便秘 やガスに効果的である。さらに肝臓・腎臓の働きが鈍いのを助け、胃腸の寄生虫を排出しやすくする。赤痢にもよい。食欲がないときも効果的である。

Practice note:顔面の下にクッションなどをおいて、バランスを崩し倒れたときの事故予防にするとよい。

 


メルダンダサナ

メルダンダサナ【均衡のアサナのヨガ8】

メルダンダサナーこのアサナは内臓、特に肝臓の調子を整え腹筋を鍛える。腸内寄生虫を除去し腸内細菌を活性化させる。便秘にはとてもよい。自律神経を調節し、背筋を強化させるため脊椎調節にもなる。

鶴の瞑想ポーズ

鶴の瞑想ポーズ(バカ・ディヤナサナ)【均衡のアサナのヨガ14】

鶴の瞑想ポーズやり方説明。両足を開きスクワットをする。足先の前で両手を床につけ、爪先立ちになりバランスをとる。両肘は少し曲げておく。両膝を安定させながら上半身を前に倒していく。膝の内側が腕の外側についていて、なるべく脇の近くにもっていく。

バランシングヨガ

【均衡のアサナのヨガ】ヨガ・セラピー

均衡のヨガ・アサナ一覧。

馬のポーズ

馬のポーズ【均衡のアサナのヨガ12】

馬のポーズ-ヴァタヤナサナ-VATAYANASANA-वातायनासन このアサナは膝と足の筋肉を鍛える。腎臓の過剰な働きを調節し、排尿過多に働きかける。精子の生産をおさえるため、ブラマチャリヤを続けるのに役立つ。

エカ・パダ・プラナマサナ

片足立位合掌ポーズ【均衡のアサナのヨガ1】

片足立位合掌ポーズーエカ・パダ・プラナマサナやり方説明。このアサナは神経バランスを向上させる。足、足首を鍛える。最初から最後まで常に自然呼吸。アジナ・チャクラまたはアナハタ・チャクラに。