白鳥のポーズ(ハムササナ)【均衡のアサナのヨガ18】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《白鳥のポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas


ハムササナ HAMSASANA

《白鳥のポーズ》

 
白鳥のポーズ
 

両足を閉じ、両膝を開いて床につける。両手掌を床につける。
このとき左右の前腕どうし(手首から肘まで)をつけた状態で指先が後ろを向くようにすること。
上半身を前に倒していき、お腹を両肘の上にのせる。胸は上腕にかかっていること。
バランスをとりながら、ゆっくりと両足を後ろに伸ばしていく。
両膝をまっすぐ伸ばし、左右の足親指がつくようにし、鼻尖は床の上。
頭をやや上に向け、目の高さで前面の一点を決め凝視する。
この最終ポジションでは全体重が両手、両足親指にかかっていることになる。
このポジションで苦痛を感じない程度にできるだけ時間をとるが無理しないこと。
両膝を曲げ床につけ、ヴァジラサナ で座る。全身リラックスさせる。

Breathing:スタートポジションで動作を始める前に呼気。最終ポジションまでもっていく間と最終ポジションで呼吸を止める(短時間の場合)。または、長時間おく場合はゆっくり深呼吸。最終ポジションから ヴァジラサナ にもっていくまでに吸気。

Duration:上級者は最終ポジションを3分まで。初心者は数秒から始め、数週間かけて徐々に時間を延ばすようにする。3ラウンドまで。

Awareness:Physical- 呼吸に、または腹部に。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Sequence:このアサナはマユラサナの準備として、またはマユラサナができるほどの筋力が備わっていない人に代わりのアサナとして用いることができる。逆転のアサナ の前には行わないこと。

Contra-indications:このアサナは 消化性潰瘍、胃酸過多、高血圧 の人は行わないこと。また妊娠中の女性は絶対に行ってはいけない。

Benefits:このハムササナは腹筋と内臓のマッサージ効果がある。そのため、便秘 やガスに効果的である。さらに肝臓・腎臓の働きが鈍いのを助け、胃腸の寄生虫を排出しやすくする。赤痢にもよい。食欲がないときも効果的である。

Practice note:顔面の下にクッションなどをおいて、バランスを崩し倒れたときの事故予防にするとよい。

 


アーダ・パドマ・パドモッタナサナ

アーダ・パドマ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ10】

アーダ・パドマ・パドモッタナサナARDHA PADMA PADMOTTANASANA अर्ध पद्म पद्मोत्तानासन 右膝を曲げ、右足裏を床につける。両前腕を右腿の後ろにまわす。前面の一点を決め凝視する。体幹をやや後ろに倒し、尾てい骨で支える。ゆっくりと右足を上げ膝が真っ直ぐになるまで伸ばしていく

ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ

手足親指ストレッチポーズ – ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ【均衡のアサナのヨガ7】

手足親指ストレッチポーズやり方説明。集中力を養い、筋を鍛え神経のバランスを整える。特に腰部、下肢。足親指をつかみながら吸気。片足を前に伸ばしながら呼気と吸気。足を前から上に持ち上げながら呼気。

鶴の片足瞑想ポーズ

鶴の片足瞑想ポーズ【均衡のアサナのヨガ15】

鶴の片足瞑想ポーズやり方説明。バカ・ディヤナサナの最終ポジションをとる。目線を鼻尖に集中させる。バランスを取りながら、ゆっくり右足を真後ろに伸ばしていく。真っ直ぐ伸ばしたところで出来るだけ長い時間をおく。

ナタヴァラサナ

クリシュナ神のポーズ【均衡のアサナのヨガ2】

クリシュナ神の-ナタヴァラサナ-NATAVARASANA このアサナでは最初から最後まで自然呼吸。集中力を養い、精神統一に役立つ。左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

パダ・アングシュタサナ

つま先立ちのポーズ【均衡のアサナのヨガ13】

つま先立ちのポーズやり方説明。このアサナはブラマチャリヤを行うのに大変役立つ。生殖器官を調節し精液漏を予防する。そして、扁平足にとても良く、爪先と踵を鍛えるのにもいい。