ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

クリシュナ神のポーズ【均衡のアサナのヨガ2】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《クリシュナ神のポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

 

ナタヴァラサナ NATAVARASANA

《クリシュナ神のポーズ》

 
クリシュナ神のポーズ
 

まっすぐ足を閉じて立つ、両手は横に。
目線は前面、自分の目の高さで一点に集中する。
右の足首を左足のふくらはぎの外側に持っていく。
右足は爪先を床につけ、踵はほぼ床と垂直になるようにする。
右ふくらはぎは左すねに添えておく。
両手を右側に上げて、横笛を吹いているようなポーズをとる。
右の掌が正面を向き、左の掌は後方を向いていること。
小指と人差し指を立て、他の指は中に折る。
頭をやや左に向け、目線は床。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
両手を下ろし、足を元の位置に戻す。
左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

Breathing:このアサナでは最初から最後まで自然呼吸。

Duration:両足3ラウンドづつまで。最終ポジションでは最長2分まで。

Awareness:Physical-目線を動かさず、バランスを取ることに。
Spiritual-アジナ・チャクラ に。

Sequence:このアサナはメディテーションの予備練習として行うことができる。

Benefits:このアサナで集中力を養い、精神統一に役立つ。

 

メル・プリシュタサナ

メル・プリシュタサナ【立位のアサナのヨガ7】

メル・プリシュタサナ

チャクラ

チャクラについて~ Chakra चक्र「7つのチャクラの意味」

チャクラとはサンスクリット語で輪を意味し、円・運命・永遠などを象徴しています。あなたの体に7つの渦、エネルギーが回転している渦が存在しています。アジナ・チャクラが閉じていると、多くの場合は内なる声に気がつかないようです。開き過ぎているような場合にはガチガチに肉…

瞑想パドマサナ

【メディテーションのヨガ】瞑想のポーズ

瞑想のポーズ一覧。メディテーション・アサナはヨガ実践者が、長時間なんの不快も感じずに動かずにいられることを目的としている。身体がしっかり安定した静止の状態を続けることが瞑想(メディテーション)を行う必須条件となる。

拝伏のポーズ

拝伏のポーズ プラナマサナ【ヴァジラサナのヨガ11】

拝伏のポーズやり方説明。このポーズで頭部への血流をよくする。胸を広げ、肺への空気の入りをよくし、喘息の管理にはとてもよいエクササイズとなる。

胎児のポーズ

胎児のポーズ【パドマサナのヨガ7】

胎児のポーズやり方。このアサナは副腎の調整。心を落ち着かせる。特に怒りの感情を押さえられない人は毎日行うとよい。腹部・内蔵のマッサージとなり、消化をよくする。バランス感覚がよくなる。