ガルダサナ・鷲のポーズ【均衡のアサナのヨガ3】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《鷲のポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas
 

 

ガルダサナ GARUDASANA गारुदासन

《鷲のポーズ》

 
鷲のポーズ
 

直立し、床上の一点を決め凝視する。
右足を前から左足にからめる。右足のすねが左足のふくらはぎに付くようにする。
両手を前で左右からめる。右腕が上で左腕が下になるようにする。
両掌を合わせ鷲のくちばしをつくる。
ゆっくりと左膝を曲げていき右足親指が床に付くまで身体を下ろしていく。
目線は床の一点からそらさないこと。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
ゆっくりと両手足をほどき、身体を上げて立位に戻る。
目を閉じリラックス。
両手足を左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

Breathing:常に自然呼吸をとる。

Duration:各側で3ラウンドづつまで行ってもよい。

Awareness:Physical-一点に集中しバランスを保つことに。
Spiritual-ムーラダラ・チャクラ に。

Benefits:このアサナは手足の筋力強化と関節を弛める。坐骨神経痛リウマチ、陰嚢水腫などに効果的である。

 


 
ハムササナ

白鳥のポーズ(ハムササナ)【均衡のアサナのヨガ18】

白鳥のポーズーハムササナやり方説明。腹筋と内臓のマッサージ効果がある。便秘やガスに効果的である。さらに肝臓・腎臓の働きが鈍いのを助け、胃腸の寄生虫を排出しやすくする。赤痢にもよい。食欲がないときも効果的である。

踊るシバ神のポーズ

踊るシバ神のポーズ【均衡のアサナのヨガ4】

踊るシヴァ神のポーズ-ナトラジアサナ-NATARAJASANA-नतरजसन このアサナは神経系統の、身体のコントロールをバランスよくさせ、集中力を高め、足の柔軟性をつくる。ニャーナムドラで集中、バランスを保つことに。

鶴の瞑想ポーズ

鶴の瞑想ポーズ(バカ・ディヤナサナ)【均衡のアサナのヨガ14】

鶴の瞑想ポーズやり方説明。両足を開きスクワットをする。足先の前で両手を床につけ、爪先立ちになりバランスをとる。両肘は少し曲げておく。両膝を安定させながら上半身を前に倒していく。膝の内側が腕の外側についていて、なるべく脇の近くにもっていく。

ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ

手足親指ストレッチポーズ – ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ【均衡のアサナのヨガ7】

手足親指ストレッチポーズやり方説明。集中力を養い、筋を鍛え神経のバランスを整える。特に腰部、下肢。足親指をつかみながら吸気。片足を前に伸ばしながら呼気と吸気。足を前から上に持ち上げながら呼気。

馬のポーズ

馬のポーズ【均衡のアサナのヨガ12】

馬のポーズ-ヴァタヤナサナ-VATAYANASANA-वातायनासन このアサナは膝と足の筋肉を鍛える。腎臓の過剰な働きを調節し、排尿過多に働きかける。精子の生産をおさえるため、ブラマチャリヤを続けるのに役立つ。