ガルダサナ・鷲のポーズ【均衡のアサナのヨガ3】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《鷲のポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas
 

 

ガルダサナ GARUDASANA गारुदासन

《鷲のポーズ》

 
鷲のポーズ
 

直立し、床上の一点を決め凝視する。
右足を前から左足にからめる。右足のすねが左足のふくらはぎに付くようにする。
両手を前で左右からめる。右腕が上で左腕が下になるようにする。
両掌を合わせ鷲のくちばしをつくる。
ゆっくりと左膝を曲げていき右足親指が床に付くまで身体を下ろしていく。
目線は床の一点からそらさないこと。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
ゆっくりと両手足をほどき、身体を上げて立位に戻る。
目を閉じリラックス。
両手足を左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

Breathing:常に自然呼吸をとる。

Duration:各側で3ラウンドづつまで行ってもよい。

Awareness:Physical-一点に集中しバランスを保つことに。
Spiritual-ムーラダラ・チャクラ に。

Benefits:このアサナは手足の筋力強化と関節を弛める。坐骨神経痛リウマチ、陰嚢水腫などに効果的である。

 


 
鶴の片足瞑想ポーズ

鶴の片足瞑想ポーズ【均衡のアサナのヨガ15】

鶴の片足瞑想ポーズやり方説明。バカ・ディヤナサナの最終ポジションをとる。目線を鼻尖に集中させる。バランスを取りながら、ゆっくり右足を真後ろに伸ばしていく。真っ直ぐ伸ばしたところで出来るだけ長い時間をおく。

アーダ・パドマ・パドモッタナサナ

アーダ・パドマ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ10】

アーダ・パドマ・パドモッタナサナARDHA PADMA PADMOTTANASANA अर्ध पद्म पद्मोत्तानासन 右膝を曲げ、右足裏を床につける。両前腕を右腿の後ろにまわす。前面の一点を決め凝視する。体幹をやや後ろに倒し、尾てい骨で支える。ゆっくりと右足を上げ膝が真っ直ぐになるまで伸ばしていく

ガルダサナ・鷲のポーズ【均衡のアサナのヨガ3】

鷲のポーズ-ガルダサナ-GARUDASANA-गारुदासन このアサナは手足の筋力強化と関節を弛める。坐骨神経痛やリウマチ、陰嚢水腫などに効果的である。常に自然呼吸をとる。

バランシングヨガ

【均衡のアサナのヨガ】ヨガ・セラピー

均衡のヨガ・アサナ一覧。

ハムササナ

白鳥のポーズ(ハムササナ)【均衡のアサナのヨガ18】

白鳥のポーズーハムササナやり方説明。腹筋と内臓のマッサージ効果がある。便秘やガスに効果的である。さらに肝臓・腎臓の働きが鈍いのを助け、胃腸の寄生虫を排出しやすくする。赤痢にもよい。食欲がないときも効果的である。