踊るシバ神のポーズ【均衡のアサナのヨガ4】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《踊るシバ神のポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas


ナトラジアサナ NATARAJASANA नतरजसन

《踊るシバ神のポーズ》

  踊るシバ神のポーズ1

両足を少し開いて直立する。
左膝を曲げ、腿が床と平行になるところまで上げる。
左足を身体のやや右に持っていき、両足先とも右に向ける。右膝は軽く曲げ弛める。
左腕を右側にクロスさせ左足と同じラインに持ってくる。
左掌は下に向けておく。右肘を曲げ、右掌を前に向ける。右前腕は床と垂直になる。
右肘が左手首のすぐ後ろに来ていること。
右手でニャーナムドラをつくり、目線は水平線の一点に集中させる。
これが最終ポジション。

Breathing:常に自然呼吸を保つ。

Duration:苦痛を感じない程度にできるだけ長い時間を、各側3回つづまで。

Awareness:Physical- ニャーナムドラで集中、バランスを保つことに。
Spiritual- アジナ・チャクラ に。

Benefits:このアサナは神経系統の、身体のコントロールをバランスよくさせ、集中力を高め、足の柔軟性をつくる。

  踊るシバ神のポーズ2

Variation 1:Preparatory

両足を閉じて直立し、目線は目の高さで前面の一点に集中させる。
右膝を曲げ、膝から下を後方に持ち上げ、足首を右手でつかむ。
まず両膝がついている状態で十分バランスをとる。
ゆっくりと右足を後方上にできるだけ高いところまで持っていく。
右足は真後ろに上げていき、右の骨盤を捻らないよう注意すること。
左手は前に出し上に伸ばして、人差し指と親指の先をつけてニャーニャムドラをつくる。
目線は左指先に集中させる。これが最終ポジション。
ここでできるだけ長い時間をとる。
左手を下ろし、右足を下げて両膝を揃える。右手を下ろす。
落ち着いたら、左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

Other details:基本のポーズに準ずる。

  ナトラジアサナ1

Variation 2:Full form

Variation 1 とほぼ同じだが、足首をつかむ替わりに足親指をつかむもの。
足をつかんでいる手の肘は真上を向いていること。
後ろに上げている足の足先は頭の後ろに近づけるようにする。
上級者で柔軟性の高い人は両手で上げている足を引き寄せ、足親指が頭につくようにする。

Other details:基本のナトラジアサナと同様。

Practice note:このVaritation 2 は Variation 1 が十分にできるようになってからとりかかること。