踊るシバ神のポーズ【均衡のアサナのヨガ4】

踊るシバ神のポーズ

スポンサーリンク

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《踊るシヴァ神のポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

 

ナトラジアサナ NATARAJASANA नतरजसन

《踊るシヴァ神のポーズ》

 
踊るシヴァ神のポーズ
 

両足を少し開いて直立する。
左膝を曲げ、腿が床と平行になるところまで上げる。
左足を身体のやや右に持っていき、両足先とも右に向ける。右膝は軽く曲げ弛める。
左腕を右側にクロスさせ左足と同じラインに持ってくる。
左掌は下に向けておく。右肘を曲げ、右掌を前に向ける。右前腕は床と垂直になる。
右肘が左手首のすぐ後ろに来ていること。
右手でニャーナムドラをつくり、目線は水平線の一点に集中させる。
これが最終ポジション。

Breathing:常に自然呼吸を保つ。

Duration:苦痛を感じない程度にできるだけ長い時間を、各側3回つづまで。

Awareness:Physical- ニャーナムドラで集中、バランスを保つことに。
Spiritual- アジナ・チャクラ に。

Benefits:このアサナは神経系統の、身体のコントロールをバランスよくさせ、集中力を高め、足の柔軟性をつくる。

 
ナトラジアサナ
 

Variation 1:Preparatory

両足を閉じて直立し、目線は目の高さで前面の一点に集中させる。
右膝を曲げ、膝から下を後方に持ち上げ、足首を右手でつかむ。
まず両膝がついている状態で十分バランスをとる。
ゆっくりと右足を後方上にできるだけ高いところまで持っていく。
右足は真後ろに上げていき、右の骨盤を捻らないよう注意すること。
左手は前に出し上に伸ばして、人差し指と親指の先をつけてニャーニャムドラをつくる。
目線は左指先に集中させる。これが最終ポジション。
ここでできるだけ長い時間をとる。
左手を下ろし、右足を下げて両膝を揃える。右手を下ろす。
落ち着いたら、左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

Other details:基本のポーズに準ずる。

 
シヴァ神ヨガ
 

Variation 2:Full form

Variation 1 とほぼ同じだが、足首をつかむ替わりに足親指をつかむもの。
足をつかんでいる手の肘は真上を向いていること。
後ろに上げている足の足先は頭の後ろに近づけるようにする。
上級者で柔軟性の高い人は両手で上げている足を引き寄せ、足親指が頭につくようにする。

Other details:基本のナトラジアサナと同様。

Practice note:この Varitation 2 は Variation 1 が十分にできるようになってからとりかかること。

 

コブラの襲撃ポーズ
スポンサーリンク

コブラの襲撃ポーズ (シャシャンカ・ブジャンガサナ)【ヴァジラサナのヨガ10】

コブラの襲撃ポーズやり方説明。このアサナで骨盤部、腹部に働きかけ 月経異常など女性生殖器系の不調にとてもいい。内臓器管、とくに肝臓、腎臓などの調節に役立つ。背部の柔軟性をやしなうのにとてもいい。

動的背部伸展ポーズ

動的背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ3】

GATYATMAK PASCHIMOTTANASANA गत्यात्मक पश्चिमोत्तानासन 動的背部伸展ポーズやり方説明。この動的アサナにより血行を促進、代謝を高める。さらに身体の柔軟性を高め、生命力を強化させることができる。動作と呼吸のシンクロナイズ

胴体捻りのポーズ

胴体捻りのポーズ【立位のアサナのヨガ5】

胴体捻りのポーズやり方説明。このアサナでウエスト、背部、腰部の状態を整える。特に悪姿勢による背部の緊張をほぐし弛めることができる。スウングによる動作で心と体を軽くし日々の緊張をやわらげることができる。

ハーフヘッドスタンド

半頭立ポーズ【逆転のヨガ・アサナ1】

半頭立ポーズやり方説明。低血圧の人にはいいエクササイズである。神経系統のバランスを整え、首や頭部の筋肉を鍛える。脳への血流をよくする。ヘッドスタンドなど頭部で体重を支えるポーズの初歩的な練習となる。

雄鶏のポーズ

雄鶏のポーズ【パドマサナのヨガ6】

雄鶏のポーズのやり方。このアサナはバランスと安定性を保ち、ムーラダラ・チャクラのクンダリニを目覚めさせるのに用いられる。

Copied title and URL