片足のポーズ – エカ・パダサナ【均衡のアサナのヨガ5】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《片足のポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas
 

 

エカ・パダサナ EKA PADASANA एक पादासन

《片足のポーズ》

 
片足のポーズ
 

両足を閉じて直立し、全身リラックスさせる。
両手を頭上に伸ばし、掌を下向きにし、両手指を組み合わせる。
ゆっくりと上半身を前に倒す。同時に左足を後ろに伸ばす。
両腕、頭、体幹そして左足が一直線になっており、床と平行になっていること。
右の股関節が軸になる。
右足は真っ直ぐ伸びて床と垂直になるようにする。
目線は組み合わせた両指先に集中する。
このポジションで苦痛を感じない程度にできるだけ長い時間をとる。
ゆっくりスタートポジションに戻る。
足を左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

Breathing:両腕を上に伸ばしながら吸気。
上半身を前に倒し、最終ポジションに持っていくまで呼気。
最終ポジションで自然呼吸。
スタートポジションに戻りながら吸気。
両腕を下げながら呼気。

Duration:各側3回づつまで。

Awareness:Physical-バランスを保つことに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に、または マニプラ・チャクラ に。

Sequence:このアサナの後には マカラサナ反曲のアサナ を行うとよい。
また、バカサナ の予備練習として用いるとよい。

Contra-indications高血圧症 の人はこのアサナは行わないこと。

Benefit:このアサナは腕、ウエスト、ヒップ、足などの筋肉を鍛える。背部を弛め、自律神経を調節する。

 


 
鶴の片足瞑想ポーズ

鶴の片足瞑想ポーズ【均衡のアサナのヨガ15】

鶴の片足瞑想ポーズやり方説明。バカ・ディヤナサナの最終ポジションをとる。目線を鼻尖に集中させる。バランスを取りながら、ゆっくり右足を真後ろに伸ばしていく。真っ直ぐ伸ばしたところで出来るだけ長い時間をおく。

メルダンダサナ

メルダンダサナ【均衡のアサナのヨガ8】

メルダンダサナーこのアサナは内臓、特に肝臓の調子を整え腹筋を鍛える。腸内寄生虫を除去し腸内細菌を活性化させる。便秘にはとてもよい。自律神経を調節し、背筋を強化させるため脊椎調節にもなる。

ガルダサナ

ガルダサナ・鷲のポーズ【均衡のアサナのヨガ3】

鷲のポーズ-ガルダサナ-GARUDASANA-गारुदासन このアサナは手足の筋力強化と関節を弛める。坐骨神経痛やリウマチ、陰嚢水腫などに効果的である。常に自然呼吸をとる。

鶴の瞑想ポーズ

鶴の瞑想ポーズ(バカ・ディヤナサナ)【均衡のアサナのヨガ14】

鶴の瞑想ポーズやり方説明。両足を開きスクワットをする。足先の前で両手を床につけ、爪先立ちになりバランスをとる。両肘は少し曲げておく。両膝を安定させながら上半身を前に倒していく。膝の内側が腕の外側についていて、なるべく脇の近くにもっていく。

エカ・パダ・プラナマサナ

片足立位合掌ポーズ【均衡のアサナのヨガ1】

片足立位合掌ポーズーエカ・パダ・プラナマサナやり方説明。このアサナは神経バランスを向上させる。足、足首を鍛える。最初から最後まで常に自然呼吸。アジナ・チャクラまたはアナハタ・チャクラに。