ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

手足親指ストレッチポーズ – ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ【均衡のアサナのヨガ7】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《手足親指ストレッチポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

 

ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ 
UTTHITA HASTA PADANGUSTHASANA उत्थित हस्त पादाङ्गुष्ठासन

《手足親指ストレッチポーズ》

 
手足親指ストレッチポーズ
 

両足を閉じて直立し、全身リラックスさせる。
目の高さで前面の一点を決め凝視する。
右足の膝を曲げ、右の腿を胸にできるだけ近づける。
右手で右足の親指をつかみ、右足を前に伸ばす。
ゆっくりと左足を引っ張り上に持ち上げる。
バランスをとるため左手を横に伸ばし、チンムードラかニャーニャムードラをつくる。
このポジションでできるだけ長い時間をとる。
右膝を曲げ胸にもってくる。右手から足親指をはなす。
右足を床にもどし、両手を下げる。
足を左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

Breathing:足親指をつかみながら吸気。片足を前に伸ばしながら呼気と吸気。足を前から上に持ち上げながら呼気。最終ポジションでは深い呼吸を続ける。足を下ろしながら呼気。

Duration:最終ポジションで60秒。できない場合は各側で5回まで。

Awareness:Physical-前面の一点に集中しバランスを保つことに。
Spiritual- ムーラダラ・チャクラ に、または スヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indications:足に無理に負担をかけないようにすること。このアサナは坐骨神経痛や股関節、膝関節に問題がある人は行わないこと。

Benefits:集中力を養い、筋を鍛え神経のバランスを整える。特に腰部、下肢。

 

Variation 1
基本のウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナと同じだが、両手で足をつかむもの。
両手指を組み合わせて踵を抱え込む。
両腕でバランスを取りながら、静かに足を上に引っ張っる。
柔軟性の高い人は上げた足が顎につくまで引いてみる

 
手足親指ストレッチポーズ準備
手足親指ストレッチポーズ最終
 

Variation 2
基本のウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナと同じだが、足を前に伸ばしてから横に開いていくもの。

 

ショルダースタンド

肩立のポーズ【逆転のヨガ・アサナ4】

肩立のポーズ-ショルダースタンドやり方説明。甲状腺に関する問題、インポテンス、子宮脱、陰嚢腫、更年期障害、月経異常などのヨガセラピーとして。胸腺への刺激にもなり、免疫を高めてくれる。

肩のポーズ

肩のポーズ【反曲のヨガ・アサナ12】

肩のポーズやり方説明。脊椎を調整するのにいい。猫背など。腰痛、背部痛。さらに、腹部のストレッチ作用で内蔵のマッサージ効果が得られる。女性の生殖器官を調整でき、特に、流産しやすい人にはいいエクササイズである。

フロント目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ3】ヨガ・セラピー

目のヨガ・エクササイズ-フロント・サイドウェイズビューイングやり方説明。外眼筋の協調性を保つ。目線を上に向けながら吸気。

ヤシの木のポーズ

ヤシの木のポーズ【立位のアサナのヨガ3】

ヤシの木のポーズータダサナーTADASANAーताड़ासन このアサナにより肉体と精神のバランスをとることができるようになる。全脊髄がストレッチされることにより、脊髄神経の脊柱による圧迫が解消される。妊婦にはとてもよいエクササイズとなる。

勇士のポーズ

勇士のポーズ ヴィーラサナ【ヴァジラサナのヨガ6】

勇士のポーズやり方説明。このアサナで心のバランスをとる。集中力を養い、思考がはっきり明確になってくる。いつも考え事が止まらずコントロールできないような人に。腎臓、肝臓、生殖器系、消化器系の臓器に働きかけることができる。