手足親指ストレッチポーズ – ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ【均衡のアサナのヨガ7】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《手足親指ストレッチポーズ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas
 

 

ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ 
UTTHITA HASTA PADANGUSTHASANA उत्थित हस्त पादाङ्गुष्ठासन

《手足親指ストレッチポーズ》

 
手足親指ストレッチポーズ
 

両足を閉じて直立し、全身リラックスさせる。
目の高さで前面の一点を決め凝視する。
右足の膝を曲げ、右の腿を胸にできるだけ近づける。
右手で右足の親指をつかみ、右足を前に伸ばす。
ゆっくりと左足を引っ張り上に持ち上げる。
バランスをとるため左手を横に伸ばし、チンムードラかニャーニャムードラをつくる。
このポジションでできるだけ長い時間をとる。
右膝を曲げ胸にもってくる。右手から足親指をはなす。
右足を床にもどし、両手を下げる。
足を左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

Breathing:足親指をつかみながら吸気。片足を前に伸ばしながら呼気と吸気。足を前から上に持ち上げながら呼気。最終ポジションでは深い呼吸を続ける。足を下ろしながら呼気。

Duration:最終ポジションで60秒。できない場合は各側で5回まで。

Awareness:Physical-前面の一点に集中しバランスを保つことに。
Spiritual- ムーラダラ・チャクラ に、または スヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indications:足に無理に負担をかけないようにすること。このアサナは坐骨神経痛や股関節、膝関節に問題がある人は行わないこと。

Benefits:集中力を養い、筋を鍛え神経のバランスを整える。特に腰部、下肢。

 

Variation 1
基本のウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナと同じだが、両手で足をつかむもの。
両手指を組み合わせて踵を抱え込む。
両腕でバランスを取りながら、静かに足を上に引っ張っる。
柔軟性の高い人は上げた足が顎につくまで引いてみる

 
手足親指ストレッチポーズ準備
手足親指ストレッチポーズ最終
 

Variation 2
基本のウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナと同じだが、足を前に伸ばしてから横に開いていくもの。

 


 
アーダ・バッダ・パスチモッタナサナ

アーダ・バッダ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ11】

アーダ・バッダ・パドモッタナサナ-ARDHA BADDHA PADMOTTANASANA-अर्ध बद्ध पद्मोत्तानासन このアサナは消化を良くし、便秘解消を助ける。血行を良くし、脚を鍛える。スヴァディスタナ・チャクラに

ガルダサナ

ガルダサナ・鷲のポーズ【均衡のアサナのヨガ3】

鷲のポーズ-ガルダサナ-GARUDASANA-गारुदासन このアサナは手足の筋力強化と関節を弛める。坐骨神経痛やリウマチ、陰嚢水腫などに効果的である。常に自然呼吸をとる。

メルダンダサナ

メルダンダサナ【均衡のアサナのヨガ8】

メルダンダサナーこのアサナは内臓、特に肝臓の調子を整え腹筋を鍛える。腸内寄生虫を除去し腸内細菌を活性化させる。便秘にはとてもよい。自律神経を調節し、背筋を強化させるため脊椎調節にもなる。

アーダ・パドマ・パドモッタナサナ

アーダ・パドマ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ10】

アーダ・パドマ・パドモッタナサナARDHA PADMA PADMOTTANASANA अर्ध पद्म पद्मोत्तानासन 右膝を曲げ、右足裏を床につける。両前腕を右腿の後ろにまわす。前面の一点を決め凝視する。体幹をやや後ろに倒し、尾てい骨で支える。ゆっくりと右足を上げ膝が真っ直ぐになるまで伸ばしていく

両手コブラのポーズ

両手コブラのポーズ【均衡のアサナのヨガ16】

両手コブラのポーズやり方説明。両足を45㎝開いて立つ。膝を曲げスクワットのポジションをとる。両足の間に両手をもってきて、手掌を床につける。目の高さで視線を定め、凝視する。