メルダンダサナ【均衡のアサナのヨガ8】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《メルダンダサナ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas
 

 

メルダンダサナ MERUDANDASANA मेरुदण्डासन

 
メルダンダサナ1

メルダンダサナ2

メルダンダサナ最終
 

両足を前に出し床に座る。両膝を立てて足裏を床につける。
両足は1mくらい開いていること。
手で足親指をつかみ(各両側とも)やや体幹を後ろに傾け尾てい骨でバランスをとる。
両手両足をまっすぐ伸ばし上げる。
背筋を伸ばし、しっかり安定させる。両足はできるだけ開く。
目線は目の高さで前の一点を決め凝視する。これが最終ポジション。
力まないこと。上げた両足を前に持ってきて閉じる。
両膝を曲げ足を床に下ろす。

Breathing:座った状態で吸気。両足を伸ばしながらと最終ポジションで呼吸を止める。最終ポジションを長くとる場合は自然呼吸。両足を下ろしながら呼気。

Duration:5回まで。最終ポジションをできるだけ長く取っていく。

Awareness:Physical-尾てい骨に。凝視してバランスをとることに。

Contra-indications:このアサナは高血圧症や心臓の弱い人、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアのある人は行わないこと。

Benefits:このアサナは内臓、特に肝臓の調子を整え腹筋を鍛える。腸内寄生虫を除去し腸内細菌を活性化させる。便秘にはとてもよい。自律神経を調節し、背筋を強化させるため脊椎調節にもなる。

Variation 1:ウッティタ・ハスタ・メルダンダサナ Utthita Hasta Merudandasana

基本のウッティタサナと同じだが、両足を開かず閉じたままで前に伸ばして上げるもの。

 
メルダンダサナ準備
メルダンダサナ横
 

Variation 2:ムクタ・ハスタ・メルダンダサナ Mukta Hasta Merudandasana

両足を前に出して床に座る。両膝を曲げ足裏を床につける。
両腕で足を抱え込むようにし、手先は握拳をつくる。
体幹やや後ろ倒しながら両手両足を伸ばしていく。
尾てい骨でバランスをとる。握拳は膝の上。背筋はまっすぐ伸ばすこと。
両手、両足ともできるだけ高い位置にもってくる。
この最終ポジションでしばらくバランスを保ち、逆の順序でスタートポジションに戻る。
落ち着いたら同じ動作を繰り返す。

 


 
パダ・アングシュタサナ

つま先立ちのポーズ【均衡のアサナのヨガ13】

つま先立ちのポーズやり方説明。このアサナはブラマチャリヤを行うのに大変役立つ。生殖器官を調節し精液漏を予防する。そして、扁平足にとても良く、爪先と踵を鍛えるのにもいい。

鶴の片足瞑想ポーズ

鶴の片足瞑想ポーズ【均衡のアサナのヨガ15】

鶴の片足瞑想ポーズやり方説明。バカ・ディヤナサナの最終ポジションをとる。目線を鼻尖に集中させる。バランスを取りながら、ゆっくり右足を真後ろに伸ばしていく。真っ直ぐ伸ばしたところで出来るだけ長い時間をおく。

バランシングヨガ

【均衡のアサナのヨガ】ヨガ・セラピー

均衡のヨガ・アサナ一覧。

ナタヴァラサナ

クリシュナ神のポーズ【均衡のアサナのヨガ2】

クリシュナ神の-ナタヴァラサナ-NATAVARASANA このアサナでは最初から最後まで自然呼吸。集中力を養い、精神統一に役立つ。左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

ハムササナ

白鳥のポーズ(ハムササナ)【均衡のアサナのヨガ18】

白鳥のポーズーハムササナやり方説明。腹筋と内臓のマッサージ効果がある。便秘やガスに効果的である。さらに肝臓・腎臓の働きが鈍いのを助け、胃腸の寄生虫を排出しやすくする。赤痢にもよい。食欲がないときも効果的である。