ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

メルダンダサナ【均衡のアサナのヨガ8】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《メルダンダサナ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

 

メルダンダサナ MERUDANDASANA मेरुदण्डासन

 
メルダンダサナ1

メルダンダサナ2

メルダンダサナ最終
 

両足を前に出し床に座る。両膝を立てて足裏を床につける。
両足は1mくらい開いていること。
手で足親指をつかみ(各両側とも)やや体幹を後ろに傾け尾てい骨でバランスをとる。
両手両足をまっすぐ伸ばし上げる。
背筋を伸ばし、しっかり安定させる。両足はできるだけ開く。
目線は目の高さで前の一点を決め凝視する。これが最終ポジション。
力まないこと。上げた両足を前に持ってきて閉じる。
両膝を曲げ足を床に下ろす。

Breathing:座った状態で吸気。両足を伸ばしながらと最終ポジションで呼吸を止める。最終ポジションを長くとる場合は自然呼吸。両足を下ろしながら呼気。

Duration:5回まで。最終ポジションをできるだけ長く取っていく。

Awareness:Physical-尾てい骨に。凝視してバランスをとることに。

Contra-indications:このアサナは高血圧症や心臓の弱い人、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアのある人は行わないこと。

Benefits:このアサナは内臓、特に肝臓の調子を整え腹筋を鍛える。腸内寄生虫を除去し腸内細菌を活性化させる。便秘にはとてもよい。自律神経を調節し、背筋を強化させるため脊椎調節にもなる。

Variation 1:ウッティタ・ハスタ・メルダンダサナ Utthita Hasta Merudandasana

基本のウッティタサナと同じだが、両足を開かず閉じたままで前に伸ばして上げるもの。

 
メルダンダサナ準備
メルダンダサナ横
 

Variation 2:ムクタ・ハスタ・メルダンダサナ Mukta Hasta Merudandasana

両足を前に出して床に座る。両膝を曲げ足裏を床につける。
両腕で足を抱え込むようにし、手先は握拳をつくる。
体幹やや後ろ倒しながら両手両足を伸ばしていく。
尾てい骨でバランスをとる。握拳は膝の上。背筋はまっすぐ伸ばすこと。
両手、両足ともできるだけ高い位置にもってくる。
この最終ポジションでしばらくバランスを保ち、逆の順序でスタートポジションに戻る。
落ち着いたら同じ動作を繰り返す。

 

アップ・ダウン目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ5】ヨガ・セラピー

目のヨガ・エクササイズ-アップ・ダウン・ビューイングやり方説明。眼筋のバランスを整え、眼球の動きをスムーズにする。親指と視線が上方に向かう時に吸気。下方に向かう時に呼気。

準鋤のポーズ

準鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ6】

準鋤のポーズやり方説明。骨盤部のストレッチとなる。腎臓、腸を整える。肥満改善にもなる。床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は体にそえて、掌を下にして床に伏せておくか、握り拳をつくり臀の下におく。

トラのポーズ

トラのポーズ Tiger Pose【ヴァジラサナのヨガ8】

トラのポーズ-ヴャグラサナ-Vyaghrasana-व्याघ्रासन; 女性生殖器官にいいエクササイズでもあり、産後、とくに多産の女性にはおすすめできる。腹部をストレッチするため消化を助け血行をよくする。腰から下腿の脂肪燃焼させる。

瞑想パドマサナ

【メディテーションのヨガ】瞑想のポーズ

瞑想のポーズ一覧。メディテーション・アサナはヨガ実践者が、長時間なんの不快も感じずに動かずにいられることを目的としている。身体がしっかり安定した静止の状態を続けることが瞑想(メディテーション)を行う必須条件となる。

魚の遊泳のポーズ

魚の遊泳のポーズ【リラクゼーションのヨガ4】

マツヤクリダサナ(魚の遊泳のポーズ)やり方説明。消化管の蠕動運動を活発にするため便秘が解消できる。下腿の神経をリラックスさせるので座骨神経痛の痛みをやわらげることになる。妊婦さんのリラクゼーションや睡眠のポーズ