ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

【前曲のヨガ・アサナ】ヨガ・セラピー

前曲のヨガ・アサナをご紹介します。

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

 

一般的に前曲のアサナは受動的なエクササイズと言える。
これらのポーズをとりながら、引力によりストレッチが促されているからだ。
反曲のアサナが引力に反して体を動かすのとは違い、前曲のアサナは緊張や痛みを解き放すのを自然の引力が手助けをしてくれる。
また前曲のアサナは肺の圧縮、そして呼気と関連しており、その結果深いリラクゼーションを招いてくれる。
多くの人が、座っている時間が多い生活スタイルを送っているため、体が硬く前屈が難しくなっている。
都会生活では精神的緊張と身体の硬直とが同時に起こってくるものだが、前曲のアサナでそれらを和らげることができる。
他にもいえることは、うぬぼれが強く、頑固な人は前屈することが不得意なものだ。
さらにこれらのアサナが苦手な人に共通することは何かしらの慢性的な恐怖感を持っているということ。
人は前を見て生きているため、後ろが見えずはっきりしていない。
そのため恐怖感を抱いていると防御的に背部が固まってしまう。
このように無意識のうちに固まったものを前曲のアサナでときほぐしていきたい。
ここで紹介している前曲のアサナのほとんどは腰から前に倒すのであって、ウエストからではない。
それにより背部にだけではなく腹部の内蔵へ働きかけることができる。
気を付けたいのは、自分の柔軟性に合わせて前曲することで、力を入れて無理にストレッチさせようとせず、ただリラックスさせること。
少しづつ練習を重ねていくことで背部の堅さがとれ、柔軟性が養われていく。
すべての前曲のアサナを順番に行わなくても、基本的なものだけをまず続けていくだけでも効果がはっきりとみえてくるはずだ。
背部に問題がある人は医師に相談してから行うこと。

 

ショルダースタンド

肩立のポーズ【逆転のヨガ・アサナ4】

肩立のポーズ-ショルダースタンドやり方説明。甲状腺に関する問題、インポテンス、子宮脱、陰嚢腫、更年期障害、月経異常などのヨガセラピーとして。胸腺への刺激にもなり、免疫を高めてくれる。

達人女性のポーズ

達人女性のポーズ(シッダ・ヨニ・アサナ)【メディテーションのヨガ5】

瞑想のヨガ-達人女性のポーズ

逆転のポーズ

逆転のポーズ【逆転のヨガ・アサナ3】

逆転のポーズやり方説明。身体を床に仰向けにする。両足を閉じ、全身まっすぐに。両手は身体の横で、掌を床に伏せておく。全身リラックスさせる。両足を閉じてまっすぐにしたままで、上にあげていき、頭の方へ持っていく。

捻コブラのポーズ

捻コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ3】

捻コブラのポーズやり方説明。このアサナでは特に腸に働きかけることができる。顔と体幹を左にひねる。目線は左肩越しに右踵を見つめる。顔と体幹を正面に向け直し、反対側に同様にひねっていく。

動的鋤のポーズ

動的鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ8】

動的鋤のポーズやり方説明。すべての動きが流れるように、速度も一定で行う。消化管の蠕動運動を促進させ、消化機能向上、便秘解消、肝臓および胆嚢の働きを助け、腰部のストレッチとなる。