ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

頭部足先ポーズ【前曲のヨガ・アサナ10】

前曲のアサナをご紹介します《ヨガ・セラピー》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas
 

シルシャ・アングシュタ・ヨガサナ SIRSHA ANGUSTHA YOGASANA
शीर्ष अङ्गुष्ठ योगासन

《頭部足先ポーズ》

 
頭部足先ポーズ
 

両足を1mくらい開いて立つ。
両腕を体の後ろに持っていき、左右の指を組み合わせる。
肘は曲げずにまっすぐにしておくこと。
これがスタートポジション。
体幹を右に捻り、右足先を右外に向け開く。
腰から上を前に倒し、両腕を高く上にそらせストレッチさせる。
頭を床上の右足親指に近づける。右の膝を少し曲げてもよい。
肩をリラックスさせ、腕をできるだけ反らすこと。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をおく。
体幹を起こし、正面に向き直し、両腕を下げる。
反対側で同じ動作を繰り返す。
これで1ラウンド。5ラウンドまで。

Breathing:スタートポジションと体幹を捻りながら吸気。前に倒しながら呼気。最終ポジションで呼吸を止める。体を起こしながらと正面を向きながら吸気。

Awareness:Physaical- 呼吸と動作のシンクロナイズに。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Contra-indications:このアサナは心臓の弱い人、高血圧症坐骨神経痛 や脊髄に問題がある人は行ってはいけない。

 

倍角のポーズ

倍角のポーズ【立位のアサナのヨガ11】

倍角のポーズやり方説明。DWIKONASANA द्विकोणासन このアサナは胸部と頚部を鍛える。とくに成長期の若年者にとてもいいエクササイズである。直立した時に吸気。上半身を前にたおしながら呼気。上半身を起こしながら吸気。

ショルダースタンド

肩立のポーズ【逆転のヨガ・アサナ4】

肩立のポーズ-ショルダースタンドやり方説明。甲状腺に関する問題、インポテンス、子宮脱、陰嚢腫、更年期障害、月経異常などのヨガセラピーとして。胸腺への刺激にもなり、免疫を高めてくれる。

両手コブラのポーズ

両手コブラのポーズ【均衡のアサナのヨガ16】

両手コブラのポーズやり方説明。両足を45㎝開いて立つ。膝を曲げスクワットのポジションをとる。両足の間に両手をもってきて、手掌を床につける。目の高さで視線を定め、凝視する。

胴体捻りのポーズ

胴体捻りのポーズ【立位のアサナのヨガ5】

胴体捻りのポーズやり方説明。このアサナでウエスト、背部、腰部の状態を整える。特に悪姿勢による背部の緊張をほぐし弛めることができる。スウングによる動作で心と体を軽くし日々の緊張をやわらげることができる。

直角のポーズ

直角のポーズ【立位のアサナのヨガ10】

直角のポーズやり方説明。初心者には最終ポジションをキープするのが難しいかもしれない。イスなど使って腕をサポートするといい。アナハタ・チャクラに。最終ポジションで呼吸を止める。上半身をおこしながら吸気。