頭部足先ポーズ【前曲のヨガ・アサナ10】

前曲のアサナをご紹介します《ヨガ・セラピー》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas
 

 

シルシャ・アングシュタ・ヨガサナ SIRSHA ANGUSTHA YOGASANA
शीर्ष अङ्गुष्ठ योगासन

《頭部足先ポーズ》

 
頭部足先ポーズ
 

両足を1mくらい開いて立つ。
両腕を体の後ろに持っていき、左右の指を組み合わせる。
肘は曲げずにまっすぐにしておくこと。
これがスタートポジション。
体幹を右に捻り、右足先を右外に向け開く。
腰から上を前に倒し、両腕を高く上にそらせストレッチさせる。
頭を床上の右足親指に近づける。右の膝を少し曲げてもよい。
肩をリラックスさせ、腕をできるだけ反らすこと。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をおく。
体幹を起こし、正面に向き直し、両腕を下げる。
反対側で同じ動作を繰り返す。
これで1ラウンド。5ラウンドまで。

Breathing:スタートポジションと体幹を捻りながら吸気。前に倒しながら呼気。最終ポジションで呼吸を止める。体を起こしながらと正面を向きながら吸気。

Awareness:Physaical- 呼吸と動作のシンクロナイズに。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Contra-indications:このアサナは心臓の弱い人、高血圧症坐骨神経痛 や脊髄に問題がある人は行ってはいけない。

 


 
動的前曲アサナ

【前曲のヨガ・アサナ】ヨガ・セラピー

前曲のアサナは受動的なエクササイズと言える。緊張や痛みを解き放すのを自然の引力が手助けをしてくれる。また肺の圧縮、そして呼気と関連しており、その結果深いリラクゼーションを招いてくれる。

メヌ・アカルシャナサナ

メヌ・アカルシャナサナ【前曲のヨガ・アサナ7】

メヌ・アカルシャナサナやり方説明。このアサナはハムストリング、腿のインナーマッスルを鍛える。体のサイドを鍛え、柔軟性をつくる。足腰の肥満性には引き締め効果がある。

サイタルヤサナ

サイタルヤサナ【前曲のヨガ・アサナ1】

サイタルヤサナやり方説明。背部、骨盤部、内腿、股関節のストレッチ。腹部を腿に押しつけて行うと内蔵のマッサージとなる。メディテーションポーズの下準備として最適なエクササイズである。

ハスタ・パダングシタサナ

ハスタ・パダングシタサナ【前曲のヨガ・アサナ8】

ハスタ・パダングシタサナやり方説明。このアサナは股関節の柔軟性を養う。足腰のバランス力をつけ、姿勢を安定させ、しなやかさを身につける。肥満には足腰の引き締めになる。

動的前曲アサナ

手足のポーズ(立位前屈アサナ)【前曲のヨガ・アサナ9】

手足のポーズやり方説明。頭部への血流を増やし、下垂体と甲状腺への血行を促進させる。新陳代謝を活発にさせ生命力を高める。集中力を向上させ、鼻、咽の疾患にもよい。動的に行うことで肥満解消(ダイエット)につながる。