ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ2】

前曲のアサナをご紹介します《背部伸展ポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

パスチモッタナサナ PASCHIMOTTANASANA पश्चिमोतनसन

《背部伸展ポーズ》

 
背部伸展ポーズ
 

両足を前に出して床に座る。両足は閉じ、両手は膝に添えておく。
これがスタートポジション。
ゆっくりと上半身、腰から上を前に伏せるようにる。
手はスライドさせて足の親指をつかむ。
足の指に手が届かない場合は踵または、足首など苦痛を感じない位置を押さえる。
ここで全身リラックスさせ数秒間おく。
この位置から足をつかんでいる手を引っ張ることでさらに上半身を前に倒す。
膝が曲がらないよう注意し、額が足につくとよい。全身の力を抜くこと。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をおく。
ゆっくいりとスタートのポジションに戻る。
これで1ラウンド。

Breathing:スタートポジションで吸気。前かがみになりながら呼気。静止ポジションで吸気。さらに前かがみになりながら呼気。最終ポジションでゆっくり深い呼吸、または短時間なら呼吸を止める。スタートポジションに戻りながら吸気。

Duration:初心者は最終ポジションでの時間を短くとり、5ラウンドまでとする。慣れてきたら、最終ポジションで5分まで伸ばしていく。

Awareness:Physical- 腹部に、背筋をリラックスさせることに、ゆっくり呼吸をとることに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Sequence:このアサナは セトゥ・アサナチャクラサナブジャンガサナマツヤサナ など 反曲のアサナ の前に行うとよい。

Contra-indications:椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の人はこのアサナを行ってはいけない。

Benefits:このアサナはハムストリングをストレッチさせ、また股関節の柔軟性を養う。腹部のマッサージ効果があり、肝臓、脾臓、腎臓、副腎など内蔵を正常な状態に保つ。

 

頭と爪先立ちポーズ

頭と爪先立ちポーズ【反曲のヨガ・アサナ17】

頭と爪先立ちポーズやり方説明。このアサナは上級者のみ。背部を強化し柔軟性を養う。腹筋、腿、首の筋肉も同様に鍛える。指導者がいる場合は甲状腺のヨガセラピーとして用いることができる。

逆転のポーズ

逆転のポーズ【逆転のヨガ・アサナ3】

逆転のポーズやり方説明。身体を床に仰向けにする。両足を閉じ、全身まっすぐに。両手は身体の横で、掌を床に伏せておく。全身リラックスさせる。両足を閉じてまっすぐにしたままで、上にあげていき、頭の方へ持っていく。

鶴の瞑想ポーズ

鶴の瞑想ポーズ(バカ・ディヤナサナ)【均衡のアサナのヨガ14】

鶴の瞑想ポーズやり方説明。両足を開きスクワットをする。足先の前で両手を床につけ、爪先立ちになりバランスをとる。両肘は少し曲げておく。両膝を安定させながら上半身を前に倒していく。膝の内側が腕の外側についていて、なるべく脇の近くにもっていく。

パダ・アングシュタサナ

つま先立ちのポーズ【均衡のアサナのヨガ13】

つま先立ちのポーズやり方説明。このアサナはブラマチャリヤを行うのに大変役立つ。生殖器官を調節し精液漏を予防する。そして、扁平足にとても良く、爪先と踵を鍛えるのにもいい。

鶴の片足瞑想ポーズ

鶴の片足瞑想ポーズ【均衡のアサナのヨガ15】

鶴の片足瞑想ポーズやり方説明。バカ・ディヤナサナの最終ポジションをとる。目線を鼻尖に集中させる。バランスを取りながら、ゆっくり右足を真後ろに伸ばしていく。真っ直ぐ伸ばしたところで出来るだけ長い時間をおく。