ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ2】

前曲のアサナをご紹介します《背部伸展ポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

パスチモッタナサナ PASCHIMOTTANASANA पश्चिमोतनसन

《背部伸展ポーズ》

 
背部伸展ポーズ
 

両足を前に出して床に座る。両足は閉じ、両手は膝に添えておく。
これがスタートポジション。
ゆっくりと上半身、腰から上を前に伏せるようにる。
手はスライドさせて足の親指をつかむ。
足の指に手が届かない場合は踵または、足首など苦痛を感じない位置を押さえる。
ここで全身リラックスさせ数秒間おく。
この位置から足をつかんでいる手を引っ張ることでさらに上半身を前に倒す。
膝が曲がらないよう注意し、額が足につくとよい。全身の力を抜くこと。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をおく。
ゆっくいりとスタートのポジションに戻る。
これで1ラウンド。

Breathing:スタートポジションで吸気。前かがみになりながら呼気。静止ポジションで吸気。さらに前かがみになりながら呼気。最終ポジションでゆっくり深い呼吸、または短時間なら呼吸を止める。スタートポジションに戻りながら吸気。

Duration:初心者は最終ポジションでの時間を短くとり、5ラウンドまでとする。慣れてきたら、最終ポジションで5分まで伸ばしていく。

Awareness:Physical- 腹部に、背筋をリラックスさせることに、ゆっくり呼吸をとることに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Sequence:このアサナは セトゥ・アサナチャクラサナブジャンガサナマツヤサナ など 反曲のアサナ の前に行うとよい。

Contra-indications:椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の人はこのアサナを行ってはいけない。

Benefits:このアサナはハムストリングをストレッチさせ、また股関節の柔軟性を養う。腹部のマッサージ効果があり、肝臓、脾臓、腎臓、副腎など内蔵を正常な状態に保つ。

 

カパリ・アサナ

前額立のポーズ【逆転のヨガ・アサナ15】

前額立のポーズやり方説明。シルシャサナをとる。少しの間、バランスを十分整える。ゆっくりと頭の角度を変え、前額を床につける。ここで再びしっかりバランスをとる。

頭部足先ポーズ

頭部足先ポーズ【前曲のヨガ・アサナ10】

頭部足先ポーズやり方説明。体幹を右に捻り、右足先を右外に向け開く。腰から上を前に倒し、両腕を高く上にそらせストレッチさせる。頭を床上の右足親指に近づける。右の膝を少し曲げてもよい。

純弓のポーズ

純弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ9】

純弓のポーズやり方説明。腰痛にはとてもいいエクササイズである。呼吸器に問題がある人にもよい。このポジションで苦痛を感じない程度に時間をとる。つ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。

肩のポーズ

肩のポーズ【反曲のヨガ・アサナ12】

肩のポーズやり方説明。脊椎を調整するのにいい。猫背など。腰痛、背部痛。さらに、腹部のストレッチ作用で内蔵のマッサージ効果が得られる。女性の生殖器官を調整でき、特に、流産しやすい人にはいいエクササイズである。

鋤のポーズ

【逆転のヨガ・アサナ】ヨガ・セラピー

逆転のアサナは重力に反して行う動作で、いつも足元に向かって引っ張られているものが、頭部に向かうものである。精神的感情のレベルでも全て上下が逆さまになり、それまでの人格や行動パターンに新しい光を注ぎ込む。