ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

開脚背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ4】

前曲のアサナをご紹介します《開脚背部伸展ポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas
 

パダ・プラサール・パスチモッタナサナ
PADA PRASAR PASCHIMOTTANASANA

《開脚背部伸展ポーズ》

 
開脚背部伸展ポーズ
 

両足を大きく開いて座る。
両手を身体の後ろに持っていき両指を組み合わせる。
これがスタートポジション。
体幹を右に向け、右足に倒していく。
鼻先を膝に着けるようにする。
同時に組み合わせた両手を上に伸ばす。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
上体を起こし、両手を下ろす。
体幹を左に向け、左側も同じ動作を繰り返す。

 
パダ・プラサール
 

体幹を中央に持ってくる。
同じように上体を前に倒し、両手を上に反らす。前額が床に着くようにする。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をおく。
上体を起こし、両腕を下げる。
これで1ラウンド。

Breathing:スタートポジションで吸気。体幹を前に倒しながら呼気。前屈している間は深くゆっくりと呼吸、もしくは静止の時間が短ければ呼吸を止めて。体幹を起こしながら吸気。

Duration:3~5ラウンド。

Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに。
Spirutual- ムーラダラ・チャクラ、または スヴァディスタナ・チャクラ
に。

Sequence:このアサナは、ティルヤカブジャンガサナチャクラサナマツヤサナ などの 反曲のアサナ の前に行うとよい。

Contra-indicationsパスチモタナアサナ に準ずる。このアサナはパスチモタナサナをマスターしてから取りかかること。

Benefits:基本的に パスチモタナアサナ と同様の効果がある。さらにパスチモタナサナよりも足の内側と、肩甲骨まわりの十分なストレッチとなり、胸もよく開き、上半身、下半身ともに効果を与えていくことができる。

Variation:基本と同じスタートポジションをとるが、両手は後ろに回さず、前で床に伏せておく。体幹を前に倒していき、両手指で足の親指をつかむ。少しづつ胸、腹を床につけていく。顔は前を向け、顎、咽が床につくようにする。これが最終ポジション。ここで苦痛を感じない程度の時間をとる。手から足指をはなし、元のスタートポジションに戻る。

 

牛顔のポーズ

牛顔のポーズ【反曲のヨガ・アサナ19】

牛顔のポーズやり方説明。このアサナはリラクゼーションにとてもいい。疲れをほぐし、緊張、不安を和らげるのに10分以上行ってもよい。背部痛、腰痛、座骨神経痛、リウマチや肩、首の凝りにもよい。

動的鋤のポーズ

動的鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ8】

動的鋤のポーズやり方説明。すべての動きが流れるように、速度も一定で行う。消化管の蠕動運動を促進させ、消化機能向上、便秘解消、肝臓および胆嚢の働きを助け、腰部のストレッチとなる。

ヴァジラサナ

【ヴァジラサナのヨガ】ヨガ・セラピー

ヴァジラは、神インドラのもつ武器で、金剛杵のこと。雷を操ることを意味する。またヴァジラとは重要なナディの一つの名前である。ヴァジラ・ナディは生殖器泌尿器系と密接なつながりをもっており、性的エネルギーを司っている。

逆転のヨガ・アサナ

頭立蓮のポーズ【逆転のヨガ・アサナ14】

頭立蓮のポーズやり方説明。シルシャサナをとる。バランスがしっかり取れたところで、ゆっくりと両足でパドマサナを組む。ここで苦痛を感じない程度の時間をおく。骨盤部の血行を良くするため生殖器の問題にはとてもいい。

満コブラのポーズ

満コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ4】

満コブラのポーズやり方説明。このアサナは大人、もしくは12歳以上の年齢に達していることが望ましい。両膝を曲げ、足先を上げる。頭、首、肩をさらに後ろにストレッチさせ、頭部が足指か足裏につくようにする