ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

開脚背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ4】

前曲のアサナをご紹介します《開脚背部伸展ポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas
 

パダ・プラサール・パスチモッタナサナ
PADA PRASAR PASCHIMOTTANASANA

《開脚背部伸展ポーズ》

 
開脚背部伸展ポーズ
 

両足を大きく開いて座る。
両手を身体の後ろに持っていき両指を組み合わせる。
これがスタートポジション。
体幹を右に向け、右足に倒していく。
鼻先を膝に着けるようにする。
同時に組み合わせた両手を上に伸ばす。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
上体を起こし、両手を下ろす。
体幹を左に向け、左側も同じ動作を繰り返す。

 
パダ・プラサール
 

体幹を中央に持ってくる。
同じように上体を前に倒し、両手を上に反らす。前額が床に着くようにする。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をおく。
上体を起こし、両腕を下げる。
これで1ラウンド。

Breathing:スタートポジションで吸気。体幹を前に倒しながら呼気。前屈している間は深くゆっくりと呼吸、もしくは静止の時間が短ければ呼吸を止めて。体幹を起こしながら吸気。

Duration:3~5ラウンド。

Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに。
Spirutual- ムーラダラ・チャクラ、または スヴァディスタナ・チャクラ
に。

Sequence:このアサナは、ティルヤカブジャンガサナチャクラサナマツヤサナ などの 反曲のアサナ の前に行うとよい。

Contra-indicationsパスチモタナアサナ に準ずる。このアサナはパスチモタナサナをマスターしてから取りかかること。

Benefits:基本的に パスチモタナアサナ と同様の効果がある。さらにパスチモタナサナよりも足の内側と、肩甲骨まわりの十分なストレッチとなり、胸もよく開き、上半身、下半身ともに効果を与えていくことができる。

Variation:基本と同じスタートポジションをとるが、両手は後ろに回さず、前で床に伏せておく。体幹を前に倒していき、両手指で足の親指をつかむ。少しづつ胸、腹を床につけていく。顔は前を向け、顎、咽が床につくようにする。これが最終ポジション。ここで苦痛を感じない程度の時間をとる。手から足指をはなし、元のスタートポジションに戻る。

 

鋤のポーズ

鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ7】

鋤のポーズやり方説明。脊髄神経を調節し、交感・副交感神経の働きを整える。全身の血行をよくする。甲状腺へ働きかけ、全身の新陳代謝をよくする。同様に、胸腺へ働きかけ、免疫力を高める。

ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ

手足親指ストレッチポーズ – ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ【均衡のアサナのヨガ7】

手足親指ストレッチポーズやり方説明。集中力を養い、筋を鍛え神経のバランスを整える。特に腰部、下肢。足親指をつかみながら吸気。片足を前に伸ばしながら呼気と吸気。足を前から上に持ち上げながら呼気。

死体のポーズ

死体のポーズ【リラクゼーションのヨガ1】

死体のポーズーシャヴァサナーShavasanaー शवासन このアサナは体だけでなく精神的にもリラックスを与えてくれる。睡眠前に行うのもとてもよく、肉体的にも精神的にも疲れを感じたらいつでも行うことができる

蓮のポーズ

蓮(ルータス)のポーズ【メディテーションのヨガ3】

瞑想のヨガ-蓮のポーズやり方説明。このポーズで脊柱にやさしい刺激をあたえ、自律神経系統へのリラクゼーション効果をもたらすことができる。副交換神経優位になり、呼吸はゆっくりと、筋緊張は減少し、血圧は下がり、消化器系は活発になる。

サイタルヤサナ

サイタルヤサナ【前曲のヨガ・アサナ1】

サイタルヤサナやり方説明。背部、骨盤部、内腿、股関節のストレッチ。腹部を腿に押しつけて行うと内蔵のマッサージとなる。メディテーションポーズの下準備として最適なエクササイズである。