ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

半背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ5】

前曲のアサナをご紹介します《半背部伸展ポーズ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

ジャヌ・シルシャサナ JANU SIRSHASANA

《半背部伸展ポーズ》

 
半背部伸展ポーズ
 

両足を前に出して座る。左膝を曲げ、左足裏を右股内側につける。
左膝は浮かないよう床につけること。
両手を右膝の上におき、背すじを伸ばしリラックスさせる。
これがスタートポジション。
ゆっくり上半身を前に倒しながら、両手は右足の上をスライドさせていく。
可能であれば左手の人差し指、中指、親指の3本で左足親指をつかみ、右手で他の指をつかむ。
おでこが膝につくようにする。
これが最終ポジション、力を抜いてリラックスさせる。
ここで、苦痛を感じない程度の時間をとる。
ゆっくりと上体を起こし、スタートポジションに戻る。
今度は右足を曲げ、左足を前に伸ばす。
同じ動作を繰り返す。左右5回づつまで。

Breathing:スタートポジションで吸気。上体を前に倒しながら呼気。最終ポジションで時間が短ければ呼吸を止めて、長ければ自然呼吸を。スタートポジションに戻りながら吸気。

Other detailsパスチモッタナサナ と同様。

Benefits:基本的にはパスチモッタナサナと同じ。

Practice note:このアサナはアーダ・パスチモッタナサナとも呼ばれる。

 

純弓のポーズ

純弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ9】

純弓のポーズやり方説明。腰痛にはとてもいいエクササイズである。呼吸器に問題がある人にもよい。このポジションで苦痛を感じない程度に時間をとる。つ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。

胴体捻りのポーズ

胴体捻りのポーズ【立位のアサナのヨガ5】

胴体捻りのポーズやり方説明。このアサナでウエスト、背部、腰部の状態を整える。特に悪姿勢による背部の緊張をほぐし弛めることができる。スウングによる動作で心と体を軽くし日々の緊張をやわらげることができる。

魚のポーズ

魚のポーズ【パドマサナのヨガ2】

マツヤサナ(魚のポーズ)やり方。このアサナは内蔵のストレッチとなる。背部の血行をよくするため脊椎炎や背部の凝りにもとてもよい。甲状腺と胸腺にも働きかけることができ、免疫力アップにつながる。

車輪のポーズ

車輪のポーズ【反曲のヨガ・アサナ18】

車輪のポーズ-チャクラサナ-CHAKRASANA-चक्रासन このアサナは神経系統、消化器系統、心臓血管系統など調節し、腺からの分泌物の調節を行うことができる。百会で上半身の体重を支え、ゆっくり全身を持ち上げる。

準鋤のポーズ

準鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ6】

準鋤のポーズやり方説明。骨盤部のストレッチとなる。腎臓、腸を整える。肥満改善にもなる。床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は体にそえて、掌を下にして床に伏せておくか、握り拳をつくり臀の下におく。