ハスタ・パダングシタサナ【前曲のヨガ・アサナ8】

前曲のアサナをご紹介します《ハスタ・パダングシタサナ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas
 

 

ハスタ・パダングシタサナ HASTA PADANGUSHTHASANA
हस्त पादांगुष्टासन

 
ハスタ・パダングシタサナ
 

右側を下にして床に横になる。
両腕は頭の上に真っ直ぐ伸ばして合掌。左足は右足の上にそえておく。
これがスタートポジション。
左手と左足を床から45度の角度に上げる。
ここで少し時間をおき、バランスをとる。
手足を下ろしスタートポジションに戻る。
今度は左手と左足をできるだけ広げ、手で足指をつかむ。
両膝と両肘が曲がらないようにすること。
足指まで手が届かない場合は届くところで支えておく。
この最終ポジションで少し時間をおく。
手足を下ろしスタートポジションに戻る。
5回まで行ってもよい。反対側で同じ動作を繰り返す。

Breathing:手足を上げながら吸気。手足を下げながら呼気。

Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに。足腰のストレッチとポーズをとりながらのバランス保持に。
Spiritual- ムーラダラ・チャクラスヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indications坐骨神経痛 の人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナは股関節の柔軟性を養う。足腰のバランス力をつけ、姿勢を安定させ、しなやかさを身につける。肥満 には足腰の引き締めになる。

Practice note:このアサナは練習中、肘膝同様に、腰が曲がらないようにし、体が一直線になっていること。

 


 
動的前曲アサナ

【前曲のヨガ・アサナ】ヨガ・セラピー

前曲のアサナは受動的なエクササイズと言える。緊張や痛みを解き放すのを自然の引力が手助けをしてくれる。また肺の圧縮、そして呼気と関連しており、その結果深いリラクゼーションを招いてくれる。

サイタルヤサナ

サイタルヤサナ【前曲のヨガ・アサナ1】

サイタルヤサナやり方説明。背部、骨盤部、内腿、股関節のストレッチ。腹部を腿に押しつけて行うと内蔵のマッサージとなる。メディテーションポーズの下準備として最適なエクササイズである。

メヌ・アカルシャナサナ

メヌ・アカルシャナサナ【前曲のヨガ・アサナ7】

メヌ・アカルシャナサナやり方説明。このアサナはハムストリング、腿のインナーマッスルを鍛える。体のサイドを鍛え、柔軟性をつくる。足腰の肥満性には引き締め効果がある。

立位頭部膝間ポーズ

立位頭部膝間ポーズ【前曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 前曲のアサナ » 立位頭部膝間ポーズ 前曲のアサナをご紹介します《立位頭部膝間ポーズ》     ウッテ… 立位頭部膝間ポーズ【前曲のヨガ・アサナ11】 の続きを読む

背部伸展ポーズ

背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ2】

背部伸展ポーズやり方説明。このアサナはハムストリングをストレッチさせ、また股関節の柔軟性を養う。腹部のマッサージ効果があり、肝臓、脾臓、腎臓、副腎など内蔵を正常な状態に保つ。