ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

ハスタ・パダングシタサナ【前曲のヨガ・アサナ8】

前曲のアサナをご紹介します《ハスタ・パダングシタサナ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

ハスタ・パダングシタサナ HASTA PADANGUSHTHASANA
हस्त पादांगुष्टासन

 
ハスタ・パダングシタサナ
 

右側を下にして床に横になる。
両腕は頭の上に真っ直ぐ伸ばして合掌。左足は右足の上にそえておく。
これがスタートポジション。
左手と左足を床から45度の角度に上げる。
ここで少し時間をおき、バランスをとる。
手足を下ろしスタートポジションに戻る。
今度は左手と左足をできるだけ広げ、手で足指をつかむ。
両膝と両肘が曲がらないようにすること。
足指まで手が届かない場合は届くところで支えておく。
この最終ポジションで少し時間をおく。
手足を下ろしスタートポジションに戻る。
5回まで行ってもよい。反対側で同じ動作を繰り返す。

Breathing:手足を上げながら吸気。手足を下げながら呼気。

Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに。足腰のストレッチとポーズをとりながらのバランス保持に。
Spiritual- ムーラダラ・チャクラスヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indications坐骨神経痛 の人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナは股関節の柔軟性を養う。足腰のバランス力をつけ、姿勢を安定させ、しなやかさを身につける。肥満 には足腰の引き締めになる。

Practice note:このアサナは練習中、肘膝同様に、腰が曲がらないようにし、体が一直線になっていること。

 

反曲のアサナ

反曲のアサナ【ヨガ・セラピー】

反曲のアサナは身体を反対向きにさせるポーズである。胸を開き呼吸しやすくさせ、それは生命力を吹き込み、全身に活力を与えてくれる。身体を反曲させることが特に難しいという人は、人生に向き合うことを恐れているとか、自らを愛することを躊躇していることが多い

満バッタのポーズ

満バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ8】

満バッタのポーズやり方説明。うつ伏せで吸気。足を上げながら呼吸を止める。最終ポジションで自然呼吸。元のポジションに戻りながら呼吸を止める。このアサナは上級者、柔軟性のある人のみ行うこと。

瞑想パドマサナ

【メディテーションのヨガ】瞑想のポーズ

瞑想のポーズ一覧。メディテーション・アサナはヨガ実践者が、長時間なんの不快も感じずに動かずにいられることを目的としている。身体がしっかり安定した静止の状態を続けることが瞑想(メディテーション)を行う必須条件となる。

逆転のポーズ

逆転のポーズ【逆転のヨガ・アサナ3】

逆転のポーズやり方説明。身体を床に仰向けにする。両足を閉じ、全身まっすぐに。両手は身体の横で、掌を床に伏せておく。全身リラックスさせる。両足を閉じてまっすぐにしたままで、上にあげていき、頭の方へ持っていく。

魚の遊泳のポーズ

魚の遊泳のポーズ【リラクゼーションのヨガ4】

マツヤクリダサナ(魚の遊泳のポーズ)やり方説明。消化管の蠕動運動を活発にするため便秘が解消できる。下腿の神経をリラックスさせるので座骨神経痛の痛みをやわらげることになる。妊婦さんのリラクゼーションや睡眠のポーズ