ヨガ, 前曲のヨガ・アサナ

ハスタ・パダングシタサナ【前曲のヨガ・アサナ8】

前曲のアサナをご紹介します《ハスタ・パダングシタサナ》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

 

ハスタ・パダングシタサナ HASTA PADANGUSHTHASANA
हस्त पादांगुष्टासन

 
ハスタ・パダングシタサナ
 

右側を下にして床に横になる。
両腕は頭の上に真っ直ぐ伸ばして合掌。左足は右足の上にそえておく。
これがスタートポジション。
左手と左足を床から45度の角度に上げる。
ここで少し時間をおき、バランスをとる。
手足を下ろしスタートポジションに戻る。
今度は左手と左足をできるだけ広げ、手で足指をつかむ。
両膝と両肘が曲がらないようにすること。
足指まで手が届かない場合は届くところで支えておく。
この最終ポジションで少し時間をおく。
手足を下ろしスタートポジションに戻る。
5回まで行ってもよい。反対側で同じ動作を繰り返す。

Breathing:手足を上げながら吸気。手足を下げながら呼気。

Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに。足腰のストレッチとポーズをとりながらのバランス保持に。
Spiritual- ムーラダラ・チャクラスヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indications坐骨神経痛 の人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナは股関節の柔軟性を養う。足腰のバランス力をつけ、姿勢を安定させ、しなやかさを身につける。肥満 には足腰の引き締めになる。

Practice note:このアサナは練習中、肘膝同様に、腰が曲がらないようにし、体が一直線になっていること。

 

満バッタのポーズ

満バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ8】

満バッタのポーズやり方説明。うつ伏せで吸気。足を上げながら呼吸を止める。最終ポジションで自然呼吸。元のポジションに戻りながら呼吸を止める。このアサナは上級者、柔軟性のある人のみ行うこと。

アーダ・チャンドラサナ

半月のポーズ【反曲のヨガ・アサナ13】

半月のポーズやり方説明。このアサナは身体全体を弛め、活気づける。特に女性の卵巣、子宮、尿路の問題に対してとてもいいアサナである。首、胸にストレッチを与えるため呼吸器官の問題(風邪、咽頭炎などを含む)にとてもいいエクササイズとなる。

馬のポーズ

馬のポーズ【均衡のアサナのヨガ12】

馬のポーズ-ヴァタヤナサナ-VATAYANASANA-वातायनासन このアサナは膝と足の筋肉を鍛える。腎臓の過剰な働きを調節し、排尿過多に働きかける。精子の生産をおさえるため、ブラマチャリヤを続けるのに役立つ。

アーダ・パドマ・パドモッタナサナ

アーダ・パドマ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ10】

アーダ・パドマ・パドモッタナサナARDHA PADMA PADMOTTANASANA अर्ध पद्म पद्मोत्तानासन 右膝を曲げ、右足裏を床につける。両前腕を右腿の後ろにまわす。前面の一点を決め凝視する。体幹をやや後ろに倒し、尾てい骨で支える。ゆっくりと右足を上げ膝が真っ直ぐになるまで伸ばしていく

太陽礼拝9

スリヤナマスカ (太陽礼拝)【ヨガ・セラピー】

太陽礼拝(サンサルテーション)の詳しいやり方をご紹介。スリヤナマスカは太陽礼拝の意味。すなわちスリヤナマスカとは太陽に向かって朝のあいさつをするようなエクササイズのこと