ハスタ・パダングシタサナ【前曲のヨガ・アサナ8】

前曲のアサナをご紹介します《ヨガ・セラピー》

前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas 前曲のヨガ・アサナ Forward Bending Asanas

ハスタ・パダングシタサナ HASTA PADANGUSHTHASANA
हस्त पादांगुष्टासन

  ハスタ・パダングシタサナ

右側を下にして床に横になる。
両腕は頭の上に真っ直ぐ伸ばして合掌。左足は右足の上にそえておく。
これがスタートポジション。
左手と左足を床から45度の角度に上げる。
ここで少し時間をおき、バランスをとる。
手足を下ろしスタートポジションに戻る。
今度は左手と左足をできるだけ広げ、手で足指をつかむ。
両膝と両肘が曲がらないようにすること。
足指まで手が届かない場合は届くところで支えておく。
この最終ポジションで少し時間をおく。
手足を下ろしスタートポジションに戻る。
5回まで行ってもよい。反対側で同じ動作を繰り返す。

Breathing:手足を上げながら吸気。手足を下げながら呼気。

Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに。足腰のストレッチとポーズをとりながらのバランス保持に。
Spiritual- ムーラダラ・チャクラスヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indications坐骨神経痛 の人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナは股関節の柔軟性を養う。足腰のバランス力をつけ、姿勢を安定させ、しなやかさを身につける。肥満 には足腰の引き締めになる。

Practice note:このアサナは練習中、肘膝同様に、腰が曲がらないようにし、体が一直線になっていること。