ムールダサナ【逆転のヨガ・アサナ2】

逆転のアサナをご紹介します《ムールダサナ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas
 

 

ムールダサナ MOORDHASANA

両足を1mくらい開いて立つ。
上半身を前に倒していき、両手を両足の内側で床につける。
両手、両足の4点で体重を平等に支える。

 
ムールダサナ
 

Stage1:両手を付いている間に頭(百会)を床につける。
両手を床から離し、背部に持っていき、片手で反対の手首をつかむ。

 
ムールダサナ腕
 

Stage2:踵を上げ、頭とつま先でバランスをとる。
この最終ポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
両手を床に付け、ゆっくり上半身を起こし、しばらく感覚が戻るまでリラックスさせる。

Breathing:立っている時に吸気。前に倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上体を起こしながら吸気。

Duration:3ラウンドまで行うことができる。最終ポジションを初めは数秒にして、少しづつ延ばしていく。何週間かかけて1分くらいにする。

Awareness:Physical- 呼吸とバランスをとることに。
Spiritual- サハスララ・チャクラに。

Sequenceシルシャサナ の前に行い、続けて タダサナ を行うとよい。

Contra-indicationsブミ・パダ・マツタカサナ と同様。

Benefits:ブミ・パダ・マツタカサナ と同様。

 


 
鋤のポーズ

鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ7】

鋤のポーズやり方説明。脊髄神経を調節し、交感・副交感神経の働きを整える。全身の血行をよくする。甲状腺へ働きかけ、全身の新陳代謝をよくする。同様に、胸腺へ働きかけ、免疫力を高める。

準鋤のポーズ

準鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ6】

準鋤のポーズやり方説明。骨盤部のストレッチとなる。腎臓、腸を整える。肥満改善にもなる。床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は体にそえて、掌を下にして床に伏せておくか、握り拳をつくり臀の下におく。

ムールダサナ【逆転のヨガ・アサナ2】

ムールダサナやり方説明。立っている時に吸気。前に倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上体を起こしながら吸気。最終ポジションを初めは数秒にして、少しづつ延ばしていく

逆転のポーズ

逆転のポーズ【逆転のヨガ・アサナ3】

逆転のポーズやり方説明。身体を床に仰向けにする。両足を閉じ、全身まっすぐに。両手は身体の横で、掌を床に伏せておく。全身リラックスさせる。両足を閉じてまっすぐにしたままで、上にあげていき、頭の方へ持っていく。

ショルダースタンド

肩立のポーズ【逆転のヨガ・アサナ4】

肩立のポーズ-ショルダースタンドやり方説明。甲状腺に関する問題、インポテンス、子宮脱、陰嚢腫、更年期障害、月経異常などのヨガセラピーとして。胸腺への刺激にもなり、免疫を高めてくれる。