逆転のポーズ【逆転のヨガ・アサナ3】

逆転のアサナをご紹介します《逆転のポーズ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas
 

 

ヴィパリータ・カラニ・アサナ VIPARITA KARANI ASANA
विपरीतकर्णी आसन

《逆転のポーズ》

 
逆転のポーズ
 

身体を床に仰向けにする。両足を閉じ、全身まっすぐに。
両手は身体の横で、掌を床に伏せておく。全身リラックスさせる。
両足を閉じてまっすぐにしたままで、上にあげていき、頭の方へ持っていく。
両手で床を押し支え、腰を上げる。
両肘を曲げ、両掌を床から離し、腰(ウエストのくびれの位置)を支える。
肘はなるべく閉じて身体から広がらないようにする。
両足を上げ、床と垂直になるところまで持ってくる。両足をリラックスさせる。
この最終ポジションで、体重は肩、首、肘にかかっていることになる。
体幹は床と45度で、足は90度をつくる。
顎は胸につかなくてよい。
このポーズで目を閉じリラックス、苦痛を感じない程度の時間をおく。
スタートポジションに戻るには、まず、両足を頭の方へ下げてから、両掌を床につける。
ゆっくりと脊椎の1本1本づつ床につけていく。
頭は床から浮かないようにすること。
腰まで床についたら、両足をまっすぐなまま床に下ろす。
シャヴァサナ でリラックス。

Breathing:仰向けで吸気。足腰を上げて、最終ポジションにもってくるまで呼吸を止める。最終ポジションで自然呼吸かウッジャイ呼吸。足腰を下げスタートポジションに戻るまで呼吸を止める。

Duration:初心者は数秒で十分である。少しづつ長く保つようにしていき、数週間後には通常3~5分。1回のみ。

Other detailsサルヴァンガサナ と同様。

Practical note:サルヴァンガサナの予備練習となる。特に初心者や、鼻がつまってサルヴァンガサナができない人にはこのアサナが向いている。このアサナの練習中に肘が痛むような場合はタオルを入れて行うなどするとよい。はじめのうちは、足の上げ下げのとき必要であれば膝を曲げて行ってもよい。

 


 
スタンバン・アサナ

柱のポーズ【逆転のヨガ・アサナ10】

柱のポーズやり方説明。このアサナは似たような体格を持ったもの同士ペアで行う。お互いの百会が触れ合うようにして床に仰向けになる。両足は閉じておき、両手は身体の横にそえておく。2人の身体が一直線になっていること。

逆転のヨガ・アサナ

頭立蓮のポーズ【逆転のヨガ・アサナ14】

頭立蓮のポーズやり方説明。シルシャサナをとる。バランスがしっかり取れたところで、ゆっくりと両足でパドマサナを組む。ここで苦痛を感じない程度の時間をおく。骨盤部の血行を良くするため生殖器の問題にはとてもいい。

準鋤のポーズ

準鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ6】

準鋤のポーズやり方説明。骨盤部のストレッチとなる。腎臓、腸を整える。肥満改善にもなる。床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は体にそえて、掌を下にして床に伏せておくか、握り拳をつくり臀の下におく。

鋤のポーズ

【逆転のヨガ・アサナ】ヨガ・セラピー

逆転のアサナは重力に反して行う動作で、いつも足元に向かって引っ張られているものが、頭部に向かうものである。精神的感情のレベルでも全て上下が逆さまになり、それまでの人格や行動パターンに新しい光を注ぎ込む。

動的鋤のポーズ

動的鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ8】

動的鋤のポーズやり方説明。すべての動きが流れるように、速度も一定で行う。消化管の蠕動運動を促進させ、消化機能向上、便秘解消、肝臓および胆嚢の働きを助け、腰部のストレッチとなる。