動的捻転ポーズ【捻曲のヨガ・アサナ1】

動的捻転ポーズ

スポンサーリンク

リラクゼーションのアサナをご紹介します《動的捻転ポーズ》

捻曲のヨガ・アサナ Spinal Twisting Asanas 捻曲のヨガ・アサナ Spinal Twisting Asanas

 

メル・ヴェカラサナ MERU WAKRASANA मेरु वक्रासन

《動的捻転ポーズ》

 
動的捻転ポーズ
 

両足を前に出して床に座る。
体幹を少し右に捻り、右手を真後ろに回し掌を床につける。
指先が後ろを指すようにする。左手は右手の隣で、同じように床につける。
左膝を曲げ、左足首を右膝の外側におく。
頭と体幹を苦痛を感じない程度にできるだけ右に捻る。
背筋は真っ直ぐにしておく。
この最終ポジションで背部をリラックスさせること。
目線は右肩越しでできるだけ遠くに。
ゆっくり正面に戻る。数秒休んで落ち着いたら、同じ動作を繰り返す。
5回リピートし、反対側で同様に。

Breathing:体幹を捻る前に吸気。捻っている間は呼吸を止める。正面に戻りながら呼気。

Awareness: Physical- 脊椎を捻ることと弛めることに。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Sequenceアーダ・マツイェンドラサナ に取り組む前に。前曲のアサナ反曲のアサナ の後に、そして 逆転のアサナ の前に行うとよい。

Contra-indications:背中に問題がある人、潰瘍やヘルニアがある人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:脊椎をストレッチさせ、脊椎神経を整える。頸の痛み腰痛、背部痛、軽い 坐骨神経痛 などを緩和させる。ビギナーにいい捻曲のアサナである。

 

弓引のポーズ
スポンサーリンク

弓引のポーズ【反曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 反曲のアサナ » 弓引のポーズ スポンサーリンク 反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓引のポーズ》   プールナ・ダヌラサナ POORNA DHANURASANA पूर्ण धनुरासन 《弓引のポーズ》     うつ伏せになり、両膝を曲げる。人差し指と中指で足の親指をつかむ。これがスタートポジション。頭、胸、腿を上げ、足先がなるべく頭の近くにくるようにする。両肘は上を向いていること。この最終ポジションでは全身が弓矢を引いているときの弓のようにストレッチされていること。このポーズで苦痛を感じない程度でできるだけ時間をとる。ゆっくりと指を足から放し、スタートポジションに戻る。うつ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。 Breathing:スタートポジションで深く吸気。体を上げながら呼吸を止める。最終ポジションでは呼吸を止めるか、もしくは深い呼吸を。体を下げながら呼気。 Awareness:Physical-腹部もしくは背部に。 Spiritual- マニプラ・チャクラ に。 Contra-indications:このアサナは上級者、柔軟性の高い人のみ行うこと。 Benefits:ダヌラサナ とほぼ同じだが、より高い効果が得られる。  

速スクワットポーズ

速スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ9】

速スクワットポーズやり方説明。このアサナで背中と足の筋肉が鍛えられる。定期的にこのエクササイズを行うことで、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの腰痛予防になる。普段、座っている時間が長い人は、毎日行うといい。

ハムササナ

白鳥のポーズ(ハムササナ)【均衡のアサナのヨガ18】

白鳥のポーズーハムササナやり方説明。腹筋と内臓のマッサージ効果がある。便秘やガスに効果的である。さらに肝臓・腎臓の働きが鈍いのを助け、胃腸の寄生虫を排出しやすくする。赤痢にもよい。食欲がないときも効果的である。

両手挙上ポーズ

両手挙上ポーズ【立位のアサナのヨガ1】

両手挙上ポーズやり方説明。このシンクロザイズされた深い呼吸で体内により多くの酸素を送り込むことができる。心臓が強化され全身の血行がよくなる。腕と肩のストレッチと肺の拡張に

パダ・アングシュタサナ

つま先立ちのポーズ【均衡のアサナのヨガ13】

つま先立ちのポーズやり方説明。このアサナはブラマチャリヤを行うのに大変役立つ。生殖器官を調節し精液漏を予防する。そして、扁平足にとても良く、爪先と踵を鍛えるのにもいい。