ヨガ, 捻曲のヨガアサナ

パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナ【捻曲のヨガ・アサナ4】

リラクゼーションのアサナをご紹介します《ヨガ・セラピー》

捻曲のヨガ・アサナ Spinal Twisting Asanas 捻曲のヨガ・アサナ Spinal Twisting Asanas

 

パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナ
PARIVRITTI JANU SIRSHASANA

 
パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナ
 

両足を1mくらい開いて床に座る。
左膝を曲げ、足先を内側にもってくる。
体幹をやや前に倒し、右に傾けていき、右手を右足先にもっていく。
右肘を右足の内側で床につける。右肩は右足につくようにする。
左手は上から右足先にもっていき、右手と一緒に左足指をつかむ。
両腕で右肩がさらに右足に付くように引く。
頭は左手の下で自然におき、背中は弛め、体幹をできるだけひねるようにする。
胸は開いて目線は天井に。このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
腕をほどき、ゆっくりと元のスタートポジションに戻り、腕を下ろす。
反対側で同じ動作を繰り返す。

Breathing:体幹を傾けながらと腕を足につけながら呼気、そして吸気。体を下に引き寄せながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。元のポジションに戻りながら吸気。

Duration:両側で1回づつ行う。不快感を感じたらすぐ止めること。

Awareness:Physical- ウエストに。体のストレッチに。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Sequence前曲のアサナ反曲のアサナ の後に行う。

Contra-indication:妊娠している人、背部に問題がある人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナは パスチモッタナアサナアーダマツイェンドラサナ と同様の効果が得られる。胸部、腹部の側面のストレッチとマッサージ効果が得られる。長時間のメディテーションポーズの準備練習として用いることができる。

 

ニラーランバ・パスチモッタナサナ

ニラーランバ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ9】

ニラーランバ・パスチモッタナサナー両足を前に伸ばして座る。両膝を曲げ、胸につけるようにする。足裏は床につける。両腕を廻し、横から足裏をつかむようにする。全身リラックスさせ、前面の一点を決め凝視する。

準鋤のポーズ

準鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ6】

準鋤のポーズやり方説明。骨盤部のストレッチとなる。腎臓、腸を整える。肥満改善にもなる。床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は体にそえて、掌を下にして床に伏せておくか、握り拳をつくり臀の下におく。

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

蛇のポーズ

蛇のポーズ【反曲のヨガ・アサナ5】

蛇のポーズ-サルパサナ-SARPASANA-सर्पासन このアサナは感情を吐き出すのにとてもいい作用を及ぼすことができる。特に喘息の人にはいいエクササイズである。上体を上げる時と最終ポジションで呼吸を止める。

ヤシの木のポーズ

ヤシの木のポーズ【立位のアサナのヨガ3】

ヤシの木のポーズータダサナーTADASANAーताड़ासन このアサナにより肉体と精神のバランスをとることができるようになる。全脊髄がストレッチされることにより、脊髄神経の脊柱による圧迫が解消される。妊婦にはとてもよいエクササイズとなる。