直角のポーズ【立位のアサナのヨガ10】

立位のアサナをご紹介します《直角のポーズ》

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 立位のヨガ・アサナ Standing Asanas
 

 

サマコナサナ SAMAKONASANA समकोणासन

《直角のポーズ》

 
直角のポーズ
 
<

両足をそろえて直立し、両腕は横におく。
両手を頭上にまっすぐ伸ばし、指先が正面を向くように手首を曲げておく。
少し背中を反らせ、ややお尻をつき出すようにする。
ゆっくり上半身を前にたおしていき、背中と床が平行になるところまでもってくる。
目線は正面で、背中、首、頭が一直線になるように。
このポジションで5秒間。
一直線を保ちながら元のポジションにゆっくり戻す。
両腕を横に戻す。
これを3~5回繰り返す。

Breathing:両腕を上に挙げながら吸気。上半身を前にたおしながら呼気。
最終ポジションで呼吸を止める。上半身をおこしながら吸気。両腕を横に下げながら呼気。

Awareness:Physical- 動きと背筋をまっすぐにしバランスをとることに。
Spiritual- アナハタ・チャクラに。

Contra-indications:このアサナは急性の坐骨神経痛の人は行ってはいけない。
背部痛・腰痛がある人も注意して行うこと。

Benefits:このアサナは背部、とくに背中の上部、胸の裏あたりに効かせる事ができる。
側湾症、姿勢が悪い人、背中の凝りが強い人などにいい。

Practice note:初心者には最終ポジションをキープするのが難しいかもしれない。イスなど使って腕をサポートするといい。

 


 
胴体捻りのポーズ

胴体捻りのポーズ【立位のアサナのヨガ5】

胴体捻りのポーズやり方説明。このアサナでウエスト、背部、腰部の状態を整える。特に悪姿勢による背部の緊張をほぐし弛めることができる。スウングによる動作で心と体を軽くし日々の緊張をやわらげることができる。

立位のヨガアサナ

【立位のアサナのヨガ】ヨガ・セラピー

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 座っている時間が長い人、背部のこりや痛みがある人などにはとてもいいエクササイズである。背部、肩部そして下腿のストレッチと筋力強化作用がある。瞑想中の姿勢で背筋が伸びた状態を保つのを助け、呼吸の容量を増やすことができる。

三角のポーズ

三角のポーズ【立位のアサナのヨガ12】

三角のポーズやり方説明。両足を1mくらい開いて直立する。右足の足先を右に向ける。両腕を真横に広げ、肩の高さにもってくる。両腕が一直線になっていること。腰から上を右にたおす。前にひねらないこと、真横に。右の膝は少し曲げてもよい。

立位スウィングポーズ横

立位スウィングのポーズ【立位のアサナのヨガ13】

立位スウィングポーズやり方説明。このアサナで疲労回復と血行をよくし、自律神経を調節できる。背部とハムストリングのストレッチ、腰をゆるめ、内蔵のマッサージにもなる。リンパの流れをよくし、毒出し作用にもなる。とくに脳に効く。

倍角のポーズ

倍角のポーズ【立位のアサナのヨガ11】

倍角のポーズやり方説明。DWIKONASANA द्विकोणासन このアサナは胸部と頚部を鍛える。とくに成長期の若年者にとてもいいエクササイズである。直立した時に吸気。上半身を前にたおしながら呼気。上半身を起こしながら吸気。