ヨガ, 立位のヨガ・アサナ

振り子のポーズ【立位のアサナのヨガ14】

立位のアサナをご紹介します《振り子のポーズ》

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 立位のヨガ・アサナ Standing Asanas

 

ドラサナ DOLASANA लोलासन

《振り子のポーズ》

 
振り子のポーズ
 

両足を1mくらい広げ直立する。
首の後ろで両手指をくみ、肘は横につきだすように。
深く息を吸い、上半身は少し右に向ける。
息を吐きながら上半身え前にたおす。
両足はしっかり地につけて、膝はまっすぐなままにしておく。
頭をできるだけ右膝に近づける。
息を止め、頭を右膝から左膝に、左膝から右膝にスウィングさせる。
これを3回くりかえす (息は止めたまま)。
息を吸いながら、頭を中心に持ってきて上体をおこし、元のポジションにもどる。

Awareness:Physical- 背部に。膝がまっすぐになっていてバランスがとれていることに。

Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indicationめまい高血圧椎間板ヘルニア の人は行わないこと。

Benefits:このアサナでハムストリングと背部の筋肉を鍛えることができる。
自律神経を整え、頭部の血行をよくする。

 

肩のポーズ

肩のポーズ【反曲のヨガ・アサナ12】

肩のポーズやり方説明。脊椎を調整するのにいい。猫背など。腰痛、背部痛。さらに、腹部のストレッチ作用で内蔵のマッサージ効果が得られる。女性の生殖器官を調整でき、特に、流産しやすい人にはいいエクササイズである。

勇士の瞑想ポーズ

勇士の瞑想ポーズ Hero’s Meditation Pose【メディテーションのヨガ7】

瞑想のヨガ-勇士の瞑想ポーズやり方説明。このポーズは足腰が外向きではなく両膝が中心にある。このため、骨盤と生殖器系など内部への働きかけが可能になる。

陶酔のポーズ

陶酔のポーズ アナンダ・マディラサナ【ヴァジラサナのヨガ2】

アナンダ・マディラサナ-陶酔のポーズやり方説明。このポーズは心を落ち着かせ、神経系をリラックスさせる。アジナ・チャクラを覚醒させる。深くゆっくりした呼吸で。

鶴の片足瞑想ポーズ

鶴の片足瞑想ポーズ【均衡のアサナのヨガ15】

鶴の片足瞑想ポーズやり方説明。バカ・ディヤナサナの最終ポジションをとる。目線を鼻尖に集中させる。バランスを取りながら、ゆっくり右足を真後ろに伸ばしていく。真っ直ぐ伸ばしたところで出来るだけ長い時間をおく。

パダ・プラサール

開脚背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ4】

開脚背部伸展ポーズやり方説明。スタートポジションで吸気。体幹を前に倒しながら呼気。前屈している間は深くゆっくりと呼吸、もしくは静止の時間が短ければ呼吸を止めて。体幹を起こしながら吸気。