ヤシの木のポーズ【立位のアサナのヨガ3】

立位のアサナをご紹介します《ヤシの木のポーズ》

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 立位のヨガ・アサナ Standing Asanas
 

 

タダサナ TADASANA ताड़ासन

《ヤシの木のポーズ》

両足を閉じて、または10cmくらい開いて直立する。両手は自然に横にそえる。
左右の足に体重が同量ずつかかるようにし安定させる。
両手の指を交差させ、手掌を天井にむけ頭上にもってくる。
目線を天井の1点に定め凝視する。
息を吸いながら、つま先立ちになり、胸を広げ、両肩、両腕を上にストレッチさせる。
足元がふらつかないようにバランスを保ちながら全身ストレッチさせる。
呼吸を止め、このポーズを数秒間たもつ。
息を吐きながら、かかとをおろし、両手を頭の上まで下げる。
これで1ラウンド。
次のラウンドに入る前に少しおき、リラックスする。
5~10ラウンドくりかえす。

 
ヤシの木のポーズ
 

Breathing:呼吸が両腕を上げたり下ろしたりする動作とシンクロナイズしていること。

Awareness:Physical-呼吸に。上から下まで全身ストレッチさせることとバランスを取ることに。
Spiritual-始めはムーラダラチャクラに、バランスが取れたらアジナチャクラに。

Sequence:タダサナの後には逆転のアサナを行うといい。

Benefits:このアサナにより肉体と精神のバランスをとることができるようになる。
また全脊髄がストレッチされることにより、脊髄神経の脊柱による圧迫が解消される。
腹直筋と腸のストレッチにもなり、妊娠6ヶ月までの妊婦にはとてもよいエクササイズとなる。

Variation 1:天井の1点を凝視するかわりに、交差した指を凝視する。
これによりバランスをとることが少し難しくなる。

Variation2:つま先たちで伸びをしたときに片足を床からはなし前に延ばす。後ろに延ばしてもよい。
反対の足でもい同じようにして10回づつくりかえす。

 


 
三角のポーズ

三角のポーズ【立位のアサナのヨガ12】

三角のポーズやり方説明。両足を1mくらい開いて直立する。右足の足先を右に向ける。両腕を真横に広げ、肩の高さにもってくる。両腕が一直線になっていること。腰から上を右にたおす。前にひねらないこと、真横に。右の膝は少し曲げてもよい。

速スクワットポーズ

速スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ9】

速スクワットポーズやり方説明。このアサナで背中と足の筋肉が鍛えられる。定期的にこのエクササイズを行うことで、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの腰痛予防になる。普段、座っている時間が長い人は、毎日行うといい。

振り子のポーズ

振り子のポーズ【立位のアサナのヨガ14】

振り子のポーズやり方説明。このアサナでハムストリングと背部の筋肉を鍛えることができる。自律神経を整え、頭部の血行をよくする。背部に。膝がまっすぐになっていてバランスがとれていることに。

胴体捻りのポーズ

胴体捻りのポーズ【立位のアサナのヨガ5】

胴体捻りのポーズやり方説明。このアサナでウエスト、背部、腰部の状態を整える。特に悪姿勢による背部の緊張をほぐし弛めることができる。スウングによる動作で心と体を軽くし日々の緊張をやわらげることができる。

直角のポーズ

直角のポーズ【立位のアサナのヨガ10】

直角のポーズやり方説明。初心者には最終ポジションをキープするのが難しいかもしれない。イスなど使って腕をサポートするといい。アナハタ・チャクラに。最終ポジションで呼吸を止める。上半身をおこしながら吸気。