揺れるヤシの木のポーズ【立位のアサナのヨガ4】

立位のアサナをご紹介します《揺れるヤシの木のポーズ》

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 立位のヨガ・アサナ Standing Asanas
 

 

ティルヤカ・タダサナ TIRYAKA TADASANA तिर्यक ताड़ासन

《揺れるヤシの木のポーズ》

 
揺れるヤシの木のポーズ
 

両足を肩幅より広く開いて立つ。目の前の一点を決め、凝視する。
両手指を交差させ手掌を外側に向けておく。
息を吸いながら両手を頭上にのばす。
息を吐きながら、ウエストから上の体幹を左に傾ける。
ここで呼吸を止め数秒間おく。
息を吸いながら、ゆっくり元のポジションにもどす。
右側も同じように行い、息を吐きながら元の位置にもどり、両腕を両脇にそえる。
これで1ラウンド。5~10ラウンド行う。

Awareness:Pysical-呼吸と動作をシンクロナイズさせ、バランスをとることに。
 体の脇をストレッチさせ、顔、体幹が正面を向いたままで捻らないようにすることに。
 Spiritul-ムーラダラチャクラまたはマニプラチャクラに。

Variation:つま先立ちでバランスを取りながら行う。

 


 
スクワットポーズ

スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ8】

スクワットポーズ-ウッタナサナ-UTTHANASANA-उत्तानासन このアサナで背中の筋肉、骨盤、子宮が強化できる。腿、膝、足首にもいい。体内のプラナの流れを活性化させることができる。腰をおろしながら呼気。腰をあげながら吸気。

弓矢のポーズ

弓矢のポーズ【立位のアサナのヨガ2】

弓矢のポーズ-アーカルナ・ダヌラサナ-AKARNA DHANURASANA-आकर्ण धनुरासन このアサナは肩関節の、また頚部、肩甲骨に働きかけるエクササイズとなる。これらの深い内部の筋肉は普段の姿勢に大きくかかわっている。意識的に緊張させたりリラックスさせたりすることで気の流れをよくする。

三角のポーズ

三角のポーズ【立位のアサナのヨガ12】

三角のポーズやり方説明。両足を1mくらい開いて直立する。右足の足先を右に向ける。両腕を真横に広げ、肩の高さにもってくる。両腕が一直線になっていること。腰から上を右にたおす。前にひねらないこと、真横に。右の膝は少し曲げてもよい。

ヤシの木のポーズ

ヤシの木のポーズ【立位のアサナのヨガ3】

ヤシの木のポーズータダサナーTADASANAーताड़ासन このアサナにより肉体と精神のバランスをとることができるようになる。全脊髄がストレッチされることにより、脊髄神経の脊柱による圧迫が解消される。妊婦にはとてもよいエクササイズとなる。

メル・プリシュタサナ

メル・プリシュタサナ【立位のアサナのヨガ7】

メル・プリシュタサナ