ヨガ, 立位のヨガ・アサナ

揺れるヤシの木のポーズ【立位のアサナのヨガ4】

立位のアサナをご紹介します《揺れるヤシの木のポーズ》

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 立位のヨガ・アサナ Standing Asanas

 

ティルヤカ・タダサナ TIRYAKA TADASANA तिर्यक ताड़ासन

《揺れるヤシの木のポーズ》

 
揺れるヤシの木のポーズ
 

両足を肩幅より広く開いて立つ。目の前の一点を決め、凝視する。
両手指を交差させ手掌を外側に向けておく。
息を吸いながら両手を頭上にのばす。
息を吐きながら、ウエストから上の体幹を左に傾ける。
ここで呼吸を止め数秒間おく。
息を吸いながら、ゆっくり元のポジションにもどす。
右側も同じように行い、息を吐きながら元の位置にもどり、両腕を両脇にそえる。
これで1ラウンド。5~10ラウンド行う。

Awareness:Pysical-呼吸と動作をシンクロナイズさせ、バランスをとることに。
 体の脇をストレッチさせ、顔、体幹が正面を向いたままで捻らないようにすることに。
 Spiritul-ムーラダラチャクラまたはマニプラチャクラに。

Variation:つま先立ちでバランスを取りながら行う。

 

純弓のポーズ

純弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ9】

純弓のポーズやり方説明。腰痛にはとてもいいエクササイズである。呼吸器に問題がある人にもよい。このポジションで苦痛を感じない程度に時間をとる。つ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。

弓のポーズ

弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ10】

弓のポーズやり方説明。生殖器官の機能を高め、膵臓、副腎の調子を整え、それらの分泌物の量を調節できる。また全身の血行を良くする。腹部の余計な脂肪を取り除くことができる。

弓引のポーズ

弓引のポーズ【反曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 反曲のアサナ » 弓引のポーズ 反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓引のポーズ》   プールナ・ダヌラサナ POORNA DHANURASANA पूर्ण धनुरासन 《弓引のポーズ》     うつ伏せになり、両膝を曲げる。人差し指と中指で足の親指をつかむ。これがスタートポジション。頭、胸、腿を上げ、足先がなるべく頭の近くにくるようにする。両肘は上を向いていること。この最終ポジションでは全身が弓矢を引いているときの弓のようにストレッチされていること。このポーズで苦痛を感じない程度でできるだけ時間をとる。ゆっくりと指を足から放し、スタートポジションに戻る。うつ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。 Breathing:スタートポジションで深く吸気。体を上げながら呼吸を止める。最終ポジションでは呼吸を止めるか、もしくは深い呼吸を。体を下げながら呼気。 Awareness:Physical-腹部もしくは背部に。 Spiritual- マニプラ・チャクラ に。 Contra-indications:このアサナは上級者、柔軟性の高い人のみ行うこと。 Benefits:ダヌラサナ とほぼ同じだが、より高い効果が得られる。  

フロント目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ3】ヨガ・セラピー

目のヨガ・エクササイズ-フロント・サイドウェイズビューイングやり方説明。外眼筋の協調性を保つ。目線を上に向けながら吸気。

胴体捻りのポーズ

胴体捻りのポーズ【立位のアサナのヨガ5】

胴体捻りのポーズやり方説明。このアサナでウエスト、背部、腰部の状態を整える。特に悪姿勢による背部の緊張をほぐし弛めることができる。スウングによる動作で心と体を軽くし日々の緊張をやわらげることができる。