金剛杵のポーズ ヴァジラサナ【ヴァジラサナのヨガ1】

ヴァジラサナをご紹介します《金剛杵のポーズ》

ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas

ヴァジラサナ VAJRASANA वज्रासन

《金剛杵のポーズ》

 
ヴァジラサナ

 

正座する。
足の両親指は触れあい、両踵は開いていて腰を安定させていること。
両手は膝(大腿)の上に掌を伏せておく。
頭から背中はまっすぐ、かつ反りすぎず緊張させないように。
目を閉じ、全身リラックスさせる。
自然呼吸で呼吸の流れに集中する。

Duration:できるだけ長く行うとよい。
とくに食事のあとは消化をうながすため最低5分間は行う。
急性の消化器系の問題は食前食後にこのポーズをとり腹式呼吸を100回。

Awareness:Physical- 呼吸に。目を閉じて行うことで心を落ち着かせる。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Benefits:このポーズで腰部の血行をよくし、筋肉を鍛え、神経を刺激することができる。
消化機能を整え、とくに胃酸過多や胃潰瘍には効果的である。
このポーズは努力しなくても背筋がまっすぐになるため瞑想にとてもいいアサナのひとつである。
とくに 坐骨神経痛 を患っている人などにはいい。
ヴァジラ・ナディを刺激し、スシュムナのプラナを活性化することができる。

 

Variation1:鼻からの呼吸の流れに注目してみる。
主に左側から多く流れているようであれば、左足親指を右足親指の上にかさね、
右の方が多ければ右足親指を上にする。
これにより左右の呼吸のバランスをとることにつながり、

イダ・ナディとピンガーラ・ナディのバランスを整え、心を穏やかにすることができる。

Variation2:両膝の位置は動かさず、ふれあったまま、両足親指を25cmくらい離す。
臀部が床につくように。
これにより ムーラダラ・チャクラ を刺激することができる。

 

ヴァジラ (वज्र vajra) は、神インドラのもつ武器で、金剛杵のこと。雷を操ることを意味する。
またヴァジラとは重要なナディの一つの名前である。ヴァジラ・ナディは生殖器泌尿器系と密接なつながりをもっており、性的エネルギーを司っている。
よってヴァジラサナ・グループのアサナは生殖器系統にいい効果をもたらしてくれる。同様に消化器系統の器官にも働きかけることができる。
このグループのアサナはどれも容易に行えるもので、初心者向きでもある。

 


 
ラクダのポーズ

ラクダのポーズ(ウシュトラサナ)【ヴァジラサナのヨガ13】

ラクダのポーズやり方説明。このポーズは消化器系と生殖器系に働きかけることができる。背部痛、腰痛、猫背にとてもいいエクササイズとなる。咽喉部が大きくストレッチされるため甲状腺の働きを調節する。

陶酔のポーズ

陶酔のポーズ アナンダ・マディラサナ【ヴァジラサナのヨガ2】

アナンダ・マディラサナ-陶酔のポーズやり方説明。このポーズは心を落ち着かせ、神経系をリラックスさせる。アジナ・チャクラを覚醒させる。深くゆっくりした呼吸で。

仰臥金剛杵のポーズ

仰臥金剛杵のポーズ(スプタ・ヴァジラサナ)【ヴァジラサナのヨガ14】

仰臥金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで内蔵のマッサージ効果が得られ、消化器系の不調や便秘など軽減できる。また、創造力と思考力が高められ、性的エネルギーが促進される。

ライオンの遠吠えポーズ

ライオンの遠吠えポーズ Roaring Lion【ヴァジラサナのヨガ5】

ライオンの遠吠えポーズやり方説明。このアサナは喉頭、咽頭、目、鼻、耳においてのすべての病気・不調和を軽減させる。胸部の緊張をゆるめる。太くきれいな声をつくる。また、神経質で内向的な性格に悩む人にもとてもいい。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。